「まんがタイムきらら'14年12月号」感想。
2014年 11月 15日 (土) 00:00 | 編集
では9日発売の無印きらら感想、行ってみましょう。


kirara_201412s


・表紙
今月の表紙はなんと「箱入りドロップス」!!

しかも前月に告知無しの突然の表紙抜擢でこれは本当にビックリ。元々は今月「ゆゆ式」が表紙予定だったのが、作者さんの体調によるものなのか(?)急遽表紙が変更となった模様ですね。

てっきり元々は「クロ」か「あっちこっち」が表紙でいつもの様に落としたから表紙変わったのかと思っちゃいましたわ。

しかしこの作品、無印きららの中では根強い人気ありますし、多ページ掲載したりと誌面への貢献も大きいのでむしろ今まで表紙を飾らなかったのが不思議な位です。

それにしてもこの表紙、とても素晴らしい出来だと思います。紅葉やイチョウの葉と言う、この季節にふさわしい題材が使われて、そして雫ちゃんの髪の色合いだとかのこの透明感が本当に美しい。

いやはや…これは今回限りの表紙で終わってしまうのは勿体無いと言うもの。これを機に、今後もしばしば表紙飾ってくれると嬉しいですね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・箱入りドロップス
表紙に引き続き巻頭カラーもこの作品。初めての雪遊びにはしゃぐ雫ちゃんが可愛いですね。本当にこのコは純真過ぎるコだ…。

しかし鈴音ちゃんと雫ちゃんのやり取り、完全に鈴音ちゃん一人で空回りしちゃってますよねこれ。そしてまさかの自爆。陽一クンの反応、そして最後の大オチの雪だるま吐血に大爆笑でしたw

でもこの展開…これって確実に修羅場√一直線ですよね。自分の親友の妹に好意持たれているとか色々とフクザツ。陽一クンは一体どうするのでしょうか…。


・ゆゆ式
欄外のあのコーナー、ゆずこのやってみたい○○風呂が「シジミ風呂」って…なんかすごいジャリジャリしそうなんだけど大丈夫なんですか?


・チェリーブロッサム!
うーんまさか脇役カップルがくっついちゃうとはね…まあこの2人は思いっきりフラグ立っていたと言えばそうかもしれませんが。果たしてこれが今後、主役組達にどう影響を及ぼすのでしょうか。

しかし大咲クンの鈍感さはホントにアレですね…その一方で無意識に「俺のフランクフルト」とかやっちゃうから余計にタチが悪いです。


・〆切ごはん
今月も2本立てって…本当に湖西先生頑張り過ぎだと思うんです。作家さんの鑑だわ…。

今回は1本目2本目通して、色々なアレンジで食べる「豚汁」がとても美味しそうでした。特に2本目に出てきたラーメン。これって豚汁じゃなくって普通の味噌汁でも出来そうなので機会があればちょっとチャレンジしてみたいですね。

うん、出てくる料理に「チャレンジしたい」て読者に思わせる辺り、やっぱりこの作品って至極まっとうに料理漫画していると思います。


・オリーブ! Believe,Olive?
冒頭の超展開にビックリ。えー…この作品にそんなの望んでいないのに…と思いつつ読んでたら夢オチだったので安心しましたw

それはそうと先輩達の素性も少しずつ明らかになってきている感じがしますね。セリフの端々や、お弁当に持ってきた食材からしてどうやらこの世界の人達では無いっぽいですね。

個人的にはこの作品は「魔法」と言うキーワードこそあれど、あまりファンタジーに寄らずに日常ほのぼの系として進んで行って欲しいと思っているのですが、今後の展開が果たしてどうなっていくのかは気になるところ。

まあ、今のバランスのままでいってくれれば過度にファンタジー寄りになってしまうこともないでしょうし、今後も期待して見守っていきたい作品ですね。


・こはる日和。
前回の第1話を読んだ時にも非常にフェティッシュな香りを感じたのですが、やはりこの作品…と言うかこの作者さん、すごく凄くフェティッシュですね。

kirara_201412khr_s

この、おんなのこ達の制服濡れ透けカットに並々ならぬこだわりを感じました。濡れたブラウスから透けて見えるブラは本当に素晴らしい、良いものです。

他にも髪の濡れた感じやふとももに伝う雨のしずくなど、随所に作者さんのこだわりを感じます。それと、こはるちゃんがおっぱい載せしているコマがあったのも見逃せないですね。


・ひめかみ*ダイアリィ
kirara_201412hmkm_s

百合百合壁ドン素晴らしい。おまけに柔らかそうなおっぱいとおっぱいが…おっぱいとおっぱいが…おっぱいとおっぱいががががが(思考停止)


・三者三葉
モザイクをかけなきゃいけないほどの特殊メイクって一体どんなのなんでしょうね。本当に色々な意味で薗部さんはハイスペックで恐ろしい人です。


・スロウスタート
今月の志温ちゃん。

kirara_201412slst_s

これまではコマの下辺におっぱい載せてることが多かったのですが、まさかそう来るとは…片方を下辺に載せてもう片方を横辺に載せるとは…。

うーむ、本当に篤見先生のおっぱい芸に対するこだわりは尋常じゃないものがありますね。他にも今回はおっぱいが載っている様なコマで潰れている様な、そんな風に見えるカットもありましたし。

あと万年ちゃんのえーこちゃんに対する問いかけがいちいちいかがわしいです。「中に出すか外に出すか」ってもうどう聞いてもそういう風にしか聞こえません。いやこれ絶対篤見先生も狙ってやってるww

それにしても今回の話って扉絵の言葉にもある通り「スロウスターター」な人達の話なんですよね。言ってみれば浪人3人組と言うか…おっとりして明るい志温ちゃんも実は就職決まらなかったこと結構気にしてるっぽいですね。

ああ…志温ちゃんなら僕に永久就職してもらっても…いや是非してくださいお願いしま(ry


・コドクの中のワタシ
幼稚園なんか行ったらあんこちゃんが興奮し過ぎてショートするんじゃないか…て思ったら本当にラストで壊れてますけど大丈夫なんでしょうか…。

次回に続く様なんですが、これが思いっきりシリアス路線になってしまうのか、それともなんてこと無いギャグ落ちになるのか全く予想が付かないのでなんとも怖いところです。


・しゅばりえーる
この作品、セリーゼ×ジャスミン・サツキ×ヴィオと言う形でカップリングがきちんと成立しつつありますね。って連載開始初の本格バトル回だったのにどうしてそんな目で読んでしまうのか…ああ、僕の百合脳…。

でもしょうがないよね。だって闘いの最中なのにヴィオちゃんのサツキちゃんを想ってのあのセリフだとか、そんなの出されたら百合的視点で読むなって方が無理じゃない!!(逆ギレ)


・My Private D☆V
今回のこのコーナーは「コドクの中のワタシ」の華々つぼみ先生だったのですが、個人的には久々のヒットでした。だって華々先生の描くみつあみっ娘可愛過ぎるんだもん…ああっ、あああっ!!


今月は以上で。

なんと言うか…本当に今の無印きららって読みたい作品が少ないんですよね…まあそれでも読み飛ばしはせずに全て目を通してはいますが…。

感想書くにしても正直、ミラクやMAXの感想書く時間の半分以下で書けてしまうと言うのが何とも。ああ早くミラク読みたいです。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...