「まんがタイムきららキャラット'15年1月号」感想。
2014年 12月 04日 (木) 07:46 | 編集
では先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょう。


kirara_carat201501s


・表紙
今月の表紙は「ひだまりスケッチ」。ゆのっち・なずなちゃん・ノリスケさんの3人組の優しい笑顔と皆揃った白い冬物コーデとがとても印象的ですね。

雪模様の背景と、「ほっ。」の一言も効いています。とても冬っぽい、今の時期らしい表紙ですね。でも冬と言っても寒く厳しい冬じゃあなくって、暖かくて優しい冬の一コマ。眺めているだけで心がぽかぽかとしてきます。

そう、言ってみるのならばスケッチショウの音楽みたいな、そんな冬のイメージ。あ、「ひだまりスケッチショウ」ってことですね(って一体誰が分かるんだそんなネタ)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ひだまりスケッチ
巻頭カラーもこの作品。今回は久々に沙英さん登場だったのですが、なんと言うか色々相変わらずだなぁと感じましたwヒロさんとのラブラブ夫婦っぷりもそうですし、茉里ちゃんに対して発揮してしまったナチュラルイケメン女子っぷりとか…。

それにしても沙英さんのヒロさん大好きっぷりは相当なものですね。いやでもヒロさんと友人達の様子とが気になって10回もお茶入れに行くとかちょっとストーカー入ってて怖いです。

この2人ってどっちかって言うとヒロさんの方が依存してるのかと思ってましたがむしろ逆かも。うん、沙英さんはヒロさんが浮気でもしたらヤンデレ化しそう。


・NEW GAME!
遠山さんによる八神さん着せ替えコーデ回(違) 

kirara_carat201501ngm_s

でも照れてる八神さんが最高に可愛い…!!

そして2人のやり取り見ててやっぱりこの作品はコウ×りん百合だよなぁ…と再確認した次第。うん、だからこの作品のキモはネット上で話題になってる「ぞい」とかじゃないんだってば。世間の皆さんも流行りに乗るのもいいけどもう少しきちんと作品の本質捉えて読んでほしいなぁ(何様)


・キルミーベイベー
何今回の話なんだか怖い、怖いんですけど。

一見いつものドタバタギャグかと思いきや最後の1ページの展開が本気で怖い。いやホント何がどうなってるんですか。金庫とかオチのソーニャちゃんとか…一体誰、これは誰なの!!


・おちこぼれフルーツタルト
スペシャルゲスト作品。なんとフォワードで「ハナヤマタ」連載中の浜弓場双先生の参戦!!

売れない子役・モデル・ミュージシャンのいる落ちこぼれな芸能事務所にやって来た新人アイドル…と言う話なのですが、可愛らしいし面白いし非常に良いですね!! さすがにベテラン作家さんだけあって話に安定感があります。

これは是非とも続きを読んでみたい作品。次回も掲載とのことで楽しみです。

しかし…小さなロコちゃん(子役)の登場コマにいちいち「140」と→付きで書いてあるのはなんだかもうイジメにしか見えませんww


・ブレンド・S
お店に忘れ去られた一冊の本が巻き起こすトラブル的な話。本に対する苺香ちゃんの反応は予想通りと言えばそうですね。彼女はピュアだし、縛りとか入ったえっちな薄い本見たらぷしゅーってなってしまうのは分かります。

でもその後のお客さんに聞いて回ろうとするくだりが酷いですね。

kirara_carat201501blnd_s

「縛られるのはお好きですか?」

だからなんでキミはいつもそんなにド直球なんですかww

あと、本の持ち主さんがキレイな女性だったと言うオチ。うんあるある…いやこれ多分、多分なんですが取りに来た女の人、この本の作者さんなんじゃないかと。

えっちな薄い本を描いているのがキレイな女性作家さんだったとか、そんなの現実によくある話みたいですからね。


・まちカドまぞく
久々にご先祖様登場(シャミ子ちゃんの夢の中に)なんですが、改めてこのご先祖様ってやっぱりシャミ子ちゃんの先祖だわって感じがしますね。うん。

シャミ子ちゃんに散々ダメ出ししてますけどアナタも充分ダメでしょって言う。先月のシャミ子ちゃん同様炭酸飲料にむせて涙ぐんでるしw

それにしてもお母さんの独り言がちょっと気になりますね。なにやらちょっとワケありな気がします。ご先祖様とも面識あるっぽいですし。


・Aチャンネル
鬼頭先生のお見合いと言う回だったのですが、まさか相手が佐藤先生だったと言う展開は正直予想外でした…いや、よくよく考えてみればありそうなネタなのですが、それ故逆に考えもしなかった…。

それにしても佐藤先生のスーツ(?)のセンスは酷い。ホント酷いですね。顔だけ見れば結構いい男なのに色々と本当に残念な男です彼は…(でもそれがいい)


・社会人から始める異次元ライフ
異次元世界なのに名刺交換始めてしまうスズキさんに現実社会の厳しさと寂しさを感じました(涙)


・はるみねーしょん
文化祭でメイド喫茶なんてこの作品らしくない…と思いきや「中途半端なメイド喫茶」でやっぱり非常にこの作品らしい話でした。

しかし今回の話読んでて思ったのですが、普段ははるみのボケに隠れて気付かなかったけれど実はユキちゃんも相当にボケてますよね。

アキちゃんと言う(はるみに浸食されていない)真人間のフィルター通して見てみると、改めて周りの2人もはるみに毒されているのがよく分かります。うん、彼女らにとってはもう非常識が常識になってきている感。


・ぱわーおぶすまいる。
今回の話、これある意味キャラットの限界に迫る話だったんじゃないでしょうか。いやホントR18ギリギリの展開。だってこれ、夏海さんがやって来なかったらヤバかったですよね。宗馬クンの青春が飛び出し過ぎてまゆさんがピーになってましたよね?

きらら系作品にちょっとえっちなサービスカットは別に珍しくもなんとも無いのですが、こういう展開で持ってきた作品は初めてなのでは…?

なんだか今月の展開、昔ジャ○プがもっとおおらかだった頃に載ってた様なちょっと(いやかなり)えっちな恋愛モノ漫画とかを彷彿とさせる展開でした。うん、やっぱり宗馬クンは爆発しろ。


・あまゆる。
進級直前の春休みの一コマ。寮の大掃除をしたり、この1年のことを思い出してちょっとしんみりしてみたり、クラス替えにビクビクしてみたり(結局クラス替えは無い様ですが)。

そんな中でもハル×アヤ・ユウ×マオのいちゃいちゃっぷりは相変わらず。ハルちゃんは「アヤのにおい」とか言ってますし、ユウちゃんとマオちゃんはふとしたことでぶつかって…(これは絶対に唇と唇がぶつかったハズ)。

この作品に登場する2組のカップル。全然個性の違う2組なんですけど、どちらもそれぞれに良いんですよね。それぞれならではの距離感、関係性と言うのがしっかりと描かれていて、彼女たちのやり取りを眺めて時にニヤニヤしたり時に癒されたり…それが毎月の楽しみでした。

今月で終わってしまうのは本当に寂しいけれど、でもきらら系では鬼門とも言える田舎系作品で途中打ち切りでは無くきちんと単行本2巻出せる形での完結、更に最終回がセンターカラーと、これならば充分過ぎる位に大健闘だったのではと思います。

マウンテンプクイチ先生、本当にお疲れ様でした。今月発売のコミックス2巻も楽しみにしています!!


・だいたいこんなンで?
改めて思ったのですけど代替部のメンバーって皆揃って本当にアレですね…こんなんでよく他の生徒の宿題引き受けたりとか便利屋的なことやれてると思いますよホント…。


・ののかノート
扉絵のれおちゃんがおしっこ漏らして濡らしたスカート絞ってる様にしか見えません。


・イキモノシステム
今回登場のルイちゃんの妹・メイちゃん、ちょい役的な登場ではありましたけど「虚無の令嬢」とか厨二的要素満載でエマーソンと気が合いそうw再登場にも期待したいですね。


と、今月は以上で。

「あまゆる。」が最終回と、キャラットの中で最も好きだった作品が終わってしまうのはとても悲しいのですが、それでも他に幾つか推したい作品があるので購読欲が落ちることは無さそうです。

そう考えるとホント、キャラットは自分の中では完全に持ち直した感がありますね。


Comment
この記事へのコメント
私もNEW GAME、まちカドまぞく、ブレンドSの3作がお気に入りです
浜弓場のゲスト掲載は4コマということで不安でしたが、きらららしいコミカルな内容で安心しました

キャラット自体はしばらくMAXに押されて地味でしたが、今年からの連載を見ると絵も中身も見栄えが良い連載が増えて、再び賑わいを取り戻せそうな気がします
とにかく今のベテラン組に負けない存在になれるよう新人達には頑張っていただきたいです
2014/ 12/ 04 (木) 14: 40: 39 | URL | --- # -[ 編集 ]
>---さん
NEW GAME!、まちカドまぞく、ブレンド・S…この辺りはキャラットの新世代主力作品となっていくのかな、と言う感じがしますよね。
浜弓場先生の作品、期待以上に良かったですね。

>>とにかく今のベテラン組に負けない存在になれるよう新人達には頑張っていただきたいです

本当にこれは同感です。個人的にキャラットは長らく、良くも悪くも保守的なイメージがあったのですが、それが今変わりつつある気がします。
2014/ 12/ 10 (水) 07: 33: 28 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
今月のキルミーの落ちは本気で怖い、いつもの『あぎりさんでした』じゃないのかよぉ!
ふぅ、まあ置いといて
確かにキャラットは持ち直してきしたね
個人的には最初微妙かなと思っていた「ののかのーと」が結構面白くなってきたので頑張ってほしいです
しかしその分きらら本誌のパワーダウンは目についてしまいますが…
「あまゆる」が終わってしまったのは寂しいですが最後までいちゃつきまくって納得出来る最終回でしたし、これからに期待したいです、来月には「こみっくがーるず」のゲスト掲載も来ますしね
でも一番期待したいのは「すわっぷ⇔すわっぷ」の連載昇格ですけどね!
2014/ 12/ 16 (火) 06: 26: 07 | URL | グリムロッド # dAL7rdlc[ 編集 ]
>グリムロッドさん
キルミーのオチはホント怖かったですね。一体なんなんでしょうかアレは…。

キャラットは持ち直していると感じます。それだけに「あまゆる。」が終わってしまったのは痛手ではありますが…。

>>「すわっぷ⇔すわっぷ」の連載昇格
これ、僕も心待ちにしています。きらら全誌のゲストで今一番連載化して貰いたいと思ってる作品です…!!
2014/ 12/ 17 (水) 11: 17: 27 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...