「けいおん!」第11話を観て。
2009年 06月 12日 (金) 23:57 | 編集
昨日の「けいおん!」11話。タイトル「ピンチ!」と言うことで、てっきり原作で言うところの唯のギターが壊れた話と唯が風邪引いちゃった話あたりやるのかと思いきや…意外な展開が。



前半は唯ちゃんのギター(通称ギー太)が壊れた話で、この辺りはまあ、ほぼ原作通り。ちょっと違ってたのが、ギター修理代を無料にさせるくだりで、原作のムギちゃんの怖いオーラと言うかある種の黒い部分がカットされてて、アニメのムギちゃんは本当にただひたすら、ほわほわふんわりな優しいお嬢さんとして描かれてるなぁ、と。

あ、でも僕は原作のちょっと二面性のあるムギちゃんも好きですよ。うん。



問題は後半。

楽器屋でのちょっとしたイザコザから律と澪の関係が少しギクシャクし出し、律は練習に身が入らずやがて部活にも顔を出さなくなってしまう…と言うなんだかシリアスなオリジナル展開に。

この時、澪と和が仲良くしているのに対して律がヤキモチ焼く姿が描かれてたりして、ああこの辺り、律×澪の描写は原作よりも一歩突っ込んでるなよぁ。

この2人って幼馴染みで昔から仲良くって、でも原作だと律が澪からかって遊んでたりと言う描写は多いんだけれど、それ以上の「何か」が無くって、そこがちょっともどかしくも感じてたのが、その辺りをスッキリ昇華してくれたと言うかなんと言うか。


で、律が部活来なくなった理由。


実は風邪引いて寝込んでた、と。
ああ…風邪引くの唯ちゃんじゃないんだw



それを知ってお見舞いへ行く澪。

この時のね、律×澪の描写がね…。


ああっやってくれたなアニメスタッフ!!!w



澪が部屋に入ろうとするなり、「澪?」と気付く律。曰く、「澪の足音なら分かるよ」。

部屋に入り、ベッドに横たわる律のそばにそっと座る澪。澪に怒っていないかと聞く律。なんかもうね、この辺りのやり取りが幼馴染みと言うよりはラブラブなカップルみたいで、観てるこっちが恥ずかしいw

話が終わり、帰ろうとする澪に「眠るまでそばにいて」と甘える律。そして律が寝付くまで澪は律の手をしっかりと握って…ってどんな百合展開だよ!!w

つか、この2人って幼馴染みの仲良しなのに今までそういう描写が本当に何も無かったんだよねぇ。さっき上にも書いたけど、その辺りのもどかしさをここに来て一気に解消してくれたアニメスタッフさん達は本当に分かっていらっしゃる!!
…まあもっとも、幼馴染み⇒百合とか考えてる俺の頭の方がむしろどうかしてるかもしれませんがw


でもこの作品のこういう描写って、なんか全然やらしくないんだよねぇ。このまさかの百合展開にしても、なんかこう、観ててどこかふんわり暖かい気持ちになれたって言うか。うん、やっぱり全体に流れている雰囲気がほのぼのしてるんだよね。癒し系ほのぼの萌えアニメって言うか。


あと、今回初めて律っちゃんカワイイって思った。澪に甘えるところとか、ヤキモチ焼くところなんかも「ああ、普段元気一杯でもやっぱ女のコなんだなぁ」って感じで。世間では澪がダントツ人気なワケなんだけれど、でも澪の魅力を引き立ててるのは律なんだよね。律がいなければ澪はあそこまで魅力的なキャラクターには見えないだろうって言う。

それと話の最後半。律が結局、文化祭の講堂の許可申請書を出してなくってあやうくライブ出来なくなりかけるんだけれど、その時に和ちゃんが律と一緒に生徒会長に頭を下げて事なきを得て…。うん、和ちゃんも原作よりもイイ子に描かれてるよね。

原作だと軽音部のお菓子で懐柔にも応じなかったクールなコなんだけれど、でもアニメだと友達思いの優しいいいコ。全体的に全員、原作よりも良い子に描かれているのを感じます。





そして最後。今回の話イチバンの衝撃(!!)の次回予告。



まさかの次週で最終回。



まあ、実際にはもう一話おまけの話を13話目としてやるみたいなんだけれどね。

となると、来週が学園祭の話で、前半は唯ちゃんの風邪エピソードで後半が演奏。最後に学園祭打ち上げのキャンプファイヤーのシーンで〆って感じかな。まあ学園祭で終わるのが作品的には綺麗だもんね。

でも個人的にはこの作品は、あえて音楽とは関係無いほのぼのゆるゆるな日常で終わった方が作品的なイメージにふさわしい気がするので、学園祭の後でおまけの話をやってくれるのはちょっと嬉しいかも。新年年越しパーティの話あたりで終わってくれたら最高だなぁ。


まあ何にしろ。楽しみに観ている「けいおん!」もあと2回。しっかり楽しんで観ようと思います。主に唯ちゃんとかムギちゃんの百合なシーンを。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...