「まんがタイムきららミラク'15年4月号」感想。
2015年 02月 20日 (金) 19:45 | 編集
では、16日発売のきららミラク感想、行ってみましょう!!


kirara_miracle201504s


・表紙
今月の表紙も「幸腹グラフィティ」。かまくらの中で暖まるリョウちゃんときりんちゃんと言う構図がいかにも真冬らしくて季節感があって良いですね。それに彼女たちが焼いているお餅やおにぎりの美味しそうなことと言ったら…。

2人の可愛らしい衣装にも注目。リョウちゃんはウサギ、きりんちゃんはネコでしょうか。着ぐるみ風の衣装がとてもよく似合ってて2人とも本当に可愛い。だけどリョウちゃんのおっぱい…これは反則ですね…。

前かがみの姿勢になっていることで豊かなおっぱいがより強調されて本当にヤバいことに…ああ真っ白なおモチが2つ、リョウちゃんの胸に…もちもちぷるんぷるんたぷんたぷんのおモチが…おモチが…ああ!!


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・幸腹グラフィティ
進路に悩むきりんちゃんを気分転換がてらリョウちゃんが麦美大に連れて行って、そこできりんちゃんと内木アキさんの初遭遇…なお話でした。

しかしこの2人の出会いはどうなるんだろうと思ってましたけど、まさか「小さい子同士」で共鳴共感しちゃうとは…そして周りの大学生達から、アキちゃんよりも小さい子認定されてしまったきりんちゃんが本当に哀れw

これでもう、この作品で一番ロリ幼いのはきりんちゃんだと言うことが確定してしまいましたね。

しかし進路に悩むきりんちゃんに対するアキちゃんの答えは良かったと思います。

「何を選んでもいつか絶対後悔するよ」

そうなんですよね。人生には何かと選択を迫られる場面があるけれど、でも何が正解かだなんて本当に分からないんです。あっちにしておけば良かった…そんな風に後悔することは幾らでもあるんです。

だけど、同じ後悔するのなら理屈こねて妥協で決めるのよりも一番自分の素直な気持ちで決めてしまった方が良いと言うアキちゃんの答え、本当にその通りだと思います。やっぱり人間、自分に正直に生きるのが一番なんだ、と。

それはさておき今回の食事シーンはラーメンだったのですが、しかしアキちゃん、リョウ&きりんの食べっぷりに物凄くウケてたけど、これだとお姉ちゃんのユキさんと一緒に住んでた頃は毎日爆笑モノで大変だったんじゃないかな…w


・桜Trick
今回は初詣回でした。優ちゃんがおみくじで大凶引いてしまって、本当に財布も無くしてしまって…と言う散々な目に。財布捜索に春香ちゃんは勿論、神社で偶然出会った美月さんと理奈ちゃんも加わって…。

しかしこれだけのメンツがその場に揃うと、なんと言うか人間関係が非常にややこしいことになりますよね。23ページ目2本目の4コマにその関係性のややこしさがよく表れていると思います。

美月さんを見て(春香ちゃんと一緒にいられることで喜んでいると思い)早くこの場を離れる為に財布を探そうとする理奈ちゃん。

そんな理奈ちゃんを見て自分の方が先に財布を見つけなきゃと焦る春香ちゃん。

そんな一生懸命に財布を探している春香ちゃんを見て、妹の為にここまでしてくれるなんてやっぱり素敵…と惚れ直してしまう美月さん。

うん、ややこしい。この4人って、春香&優は両想いだから良いとして、あとの人達が一方通行なんですよね。美月さんは未だに春香ちゃんへの想いをくすぶらせているし、理奈ちゃんの想いは多分美月さんには伝わってなさげだし…。

更に春香&優が両想いなのにきちんとその気持ちに自身が気付いていないのがこのややこしさに拍車をかけているんだと思います。(優ちゃんはともかく春香ちゃんはまるで恋と言うものに気付けてないですよね)

そんな4人のやり取り・特に春香ちゃんと理奈ちゃんの妙な張り合いだとかも見どころでしたけど、意外と今回の美味しいところはスミスミ会長とゴロダルマが持って行っちゃった気もします。

優ちゃんのお財布、見つけたのはなんとゴロダルマなんですよね。まあ、見つけたと言うかネズミと勘違いして持ってきただけなんですがw

そして優ちゃんからスミスミ会長へのお礼。

kirara_miracle201504strk_s

しかしスミスミ会長…「お姉ちゃん」の春香ちゃんから撫でられるのは良いとして、とりあえず撫でてもらえるのなら相手誰でも良いのか…? それも(スミスミ会長ほどじゃないにせよ)幼い雰囲気の優ちゃんに撫でられて、それで満足なのか…w

それにしても神社に大量に落ちていた抹茶ロールケーキ財布の謎。この世界ではこんな形のお財布が流行っているのでしょうか…?


・うらら迷路帖
今回の話読んで、単行本の帯にあった「なんという痴女」をしみじみと実感しました…小梅ちゃんの発言にもありますが、千矢ちゃん幾らなんでも天然痴女過ぎるww


・リメインズ・JC
今更ですがこの作品の舞台って日本ですよね…どこからサイが出てきたんだww


・城下町のダンデライオン
今回は光ちゃん回。光ちゃんと言えばアイドル・桜庭らいととして活躍しているワケですが、彼女のアイドル活動に欠ける熱意と本心とが分かった回でした。

元々光ちゃんは選挙活動を有利に進める為に(正体を隠して)アイドル活動をしていたワケですが、いつの間にかもうそんなの抜きでアイドル活動自体にのめりこんでいたんですよね。

そんな彼女のまっすぐさ、真剣さが伝わってきたのも良いですが、彼女のライバルでパートナーのさっちゃんの、アイドル「桜庭らいと」に対する想いも良かったです。

さっちゃんは誰よりも真剣にアイドル活動に取り組んでいるからこそ、光ちゃんが本気でアイドルやってきたこともしっかりと理解しているってことなんですよね。彼女たちのアイドルとしての今後の成長も楽しみです。

しかしそれにしても哀れなのがオチの茜ちゃん…中学生になった光ちゃんに背も胸も全て追い抜かれちゃってますよね…高校3年生だと言うのに。


・ミソニノミコト
この作品、何気に神様うんちく要素が凄いですよね。トリノイワクスフネノカミとかウカノミタマとか今回名前が出てきた神様も全て、実在する神様なんですよね。

(もっとも神様に「実在」と言うのもアレな気もしますが)


・ハルソラ行進曲
年越しのお話。しかし年越しとかそんなイベント回であっても、手作り年賀状を作る若乃ちゃんとか、きちんと「ものづくり」に結び付けたエピソードを入れてくる辺り、作品のコンセプトをしっかりと確立させようと言う姿勢が見えて好感度高いですね。

それはそうとサヤ→朱莉が本当に洒落にならんほどガチになって来ている件。いや今までの行動からもサヤちゃんはガチっぽい感じではありましたけど、もう今回の話とか読むと確実ですねこれは。

朱莉ちゃんと電話で喋った時の反応のあれこれ…うん、もうガチもガチだわ。あと合鍵作ろうとかもう確実に一線越えるつもりですねこのコは…。


・アンネッタの散歩道
何気に話が一気に進展した回だと思います。これまではずっと、あちこち寄り道してぶらぶら旅している感じだったのが、一気に人間たちの大きな街までやって来たわけですからね。

そしてラスト、ダブリンを目指す人を見つけて…このまま一気にダブリンを目指すのでしょうか。となると話をまとめにかかってる様にも思えますが、でも単行本2巻が今月に出るワケですし、そうなるとまだまだ当分は続きそうですね。


・箱庭ひなたぼっこ
ホント一体全体何なのでしょうかこの作品は…毎回毎回、回が進むごとに確実に頭おかしさが増してきていると思います。この狂った感じは本当に凄過ぎる(注:思いっきり褒めてます)

今回は地植えの話だったのですが、まずそもそも地植え→「地植えのZ」から「作戦Z」と言ってしまうこの言語センスが凄いです。

言語センスと言えば今回は他にも「愛の蛇口」とか「植物悪魔」とかかなり独特の感じが色々と飛び出していました。

そして地植えの植物を猫だとかの動物から守る為に行った陽向ちゃんのぶっ飛んだ行動。ワナを仕掛けるのはいいけれど幾らなんでも物には限度があるってもんです。更にバット片手に現れる陽向ちゃん。

この時の3コマぶち抜きの陽向ちゃんのカットは絵的な見せ方として非常に良いなぁと思います。が、その後の植物に対する愛の重さだとかがいちいち病的過ぎます。陽向ちゃんって明るく見えるけど実はヤンデレ属性…?

この、陽向ちゃんの愛の重さとか猫との一人相撲とか、そんなストーリーの流れ自体も充分に面白いのですが、やはりこの作品のキモは4人の微妙に噛み合わない会話劇にあるのかな、と。

植物同好会のハズなのに昆虫のことしか頭に無い一之瀬さんとか、謎な言語センスの橘センパイとか、それに陽向ちゃんは言うも及ばず…基本この作品のコ達って皆ボケばっかなんですよね。

唯一千堂さんがツッコミに回れると言えばそうなんだけど、彼女も彼女でやはりどこかズレてますし。そんなちょっとズレた女の子達の会話劇は当然噛み合わなかったり話がおかしな方向にも飛んじゃったりもするワケで…。

そんな「噛み合わなさ」がこの作品全体に漂う、頭おかしい感じを造り出しているんだと思います。

あとは昆虫ネタ。

kirara_miracle201504hknw_s

「きらら」で昆虫のサナギを丸々1コマ使って描く作品なんて他に存在しません!!w


・まわりの天秤
ゲスト2話目。前話ではまわりちゃんとちかちゃんの2人だけのやり取りでほぼ話が進んでましたが今回は新たに委員長さんが登場しましたね。メガネの委員長と言うのはベタと言えばベタですが可愛らしくて良かったです。

そして委員長さんも交えて法律相談部(同好会)を結成。しかしまわりちゃん→弁護士、委員長さん→検事は良いとして、そうなるとこれ、必然的にちかちゃんが裁判官目指さないといけなくなっちゃうんでしょうか。


・ビビッド・モンスターズ・クロニクル
剣士がINTにステータス極振りしてどうするんだwwそんなのゲームやらない僕だって分かるのに。ボンちゃ…夢子ちゃんはもう一度、ゲームの常識から勉強してきた方が良いのではないでしょうかw


・青春過剰Sisters
七草家と川崎家で親睦会…のハズが、お姉さん達の策略(?)によって桔梗ちゃんと芹菜ちゃんが2人きりに…な回でした。

まあ、2人っきりになったら芹菜ちゃんが色々とアレなことになるのは予想してましたけど、でも予想以上にアレ過ぎてて本当に酷いことになってましたね。

おっぱいとかぱんつとか言ったり想像したりしてるのはまだいつも通りだからいい。いいんです。でもまさか…まさかね。

kirara_miracle201504skjs_s

ぱんつ被るとは思わなかったよ!!

ぱんつだけじゃなくてブラも被ってますしね…ああ、芹菜ちゃんは一線を越えてしまいましたねこれ。今までは中身はエロいおっさんだけど表面上は完璧美少女だったのが、もうこれ美少女とか名乗っちゃいけないレベルw美少女はこんなことしないww

しかしこの後の、布団でのシーンはこのノリとは完全真逆にシリアスな百合。

「大好きだよ」そう言って芹菜ちゃんにキスしようとする桔梗ちゃん。だけど、それを芹菜ちゃんは止めます。「この先は恋人同士じゃないとだめなんでしょ」と言って。

そして逆に自分の方からキスをし、改めての告白。桔梗ちゃんの長年の想いが実った瞬間でした。

しかしここで真面目に百合展開しておきながら、その後のオチがまた酷い…この、ギャグパートとシリアスパートの使い分けとバランス感覚が本当に見事ですよね。

そしてこの作品、なんと次号でラストとのこと。でもこの調子ならきっと、素晴らしい大団円になってくれそうで期待したいですね。桔梗&芹菜もですが、他の面々の今後も色々と気になります。

特に長女同士…「実は一番関係が進んでいる」だなんて今月の人物紹介にとんでもないことがさらっと書かれていましたし…w


・ゆずりはコーポレーション
前回までの展開でいよいよ勝負本番…となったから話がまとめに入っているのかと思いきや、今回の勝負ではゆずりはちゃん達の逆転勝利。

だけどその裏にはどうも何やら刻環さんの思惑がありそうな気配ですし、まだまだ話が二転三転しそうな予感がします。


今月は以上で。

今月は旅行中にきららミラク発売と言うこともあって、少しだけ入手に苦労しました。発売日の16日は山口に滞在していたので買えず(一日遅れの発売)、翌17日に買おうとするも新山口周辺に本屋が無く…。

(ネットで一軒調べて行ってみたら潰れてました)

その後新幹線で京都へ出る際に途中、広島で降りて駅前の本屋を2軒ほど回ってようやくゲット。

しかしミラク、なんと次号で3つの作品が同時にフィナーレを迎えてしまうみたいですね。また誌面が色々と変わっていきそうな、そんな予感がします。


Comment
この記事へのコメント
やはりオウジーさんのレビューは読み応えがあります。
特に桜Trckは、作品への愛の強さを感じます。
美月会長はいまでも春香さんへの思いを捨てられない。でも理奈ちゃんもいる。
美月会長推しの私ですが、複雑な気分です。
ハルソラ...は、サヤちゃんが気に入りましたので、次号からちゃんと読もうと
思います。もともと製造系の私ですので共感できるところは多いと思いますし。
2015/ 02/ 21 (土) 09: 37: 59 | URL | みなみ # 22hNL7Yc[ 編集 ]
この商品、買いました。仙台駅へ撮りに行った帰りに!ブラやパンツ被るのを見て
思わずバスの中で「えっ!!!!!」と叫んでしまいました……(・◇・)/~~~
そういえば、仙石線が5月に運転再開しますよー!わーい!!(*^◯^*)
仙石線と東北本線をつなぐ「仙石東北ライン」の車両も導入されました。「HBーE210」です。
e721に類似した車両で、
蓄電池車。烏山線でキハ40を駆逐した犯人でもあるEVーE301アキュムに続いてJR東二度目の蓄電池車………しかしこいつが原因で東からキハ40や48が消えてしまったら……………
怖いい……
そういえばtomixのオユ10の車輪を紛失しましたーーーT^Tしかも、
鉄コレの箱根登山鉄道のn化や
キハ58の12両をフル編があるのにー
財布にはーーースカスカでーす(泣)

2015/ 02/ 21 (土) 21: 01: 06 | URL | 銀河鉄道管理局 # -[ 編集 ]
>みなみさん
読み応えがある、そう言って頂けると書いている甲斐があると言うものです。ありがとうございます。
桜Trickはもう、きらら全作品中で最も大好きな作品なのでどうしても思い入れは強くなってしまいますね…w
美月会長周りの人間関係は今後要注目な部分と思います。どうやって理奈ちゃんとくっつくことになるのか…。

ハルソラ、みなみさんがサヤちゃん気に入るのはなんとなく分かります。彼女は百合的にも注目キャラですので、ぜひ読まれることをオススメします。

> 銀河鉄道管理局さん
ブラやパンツ被るシーン、バスで読んじゃったのですか…まあ、僕も電車の中で読んだので人のことは言えませんが…w
2015/ 02/ 22 (日) 06: 59: 15 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
確信した、ハルソラのサヤちゃんと朱莉ちゃんはガチ
失礼、開口一番頭湧いててすいません
しかし、教えて無い筈の住所を知ってるようなあなどれなさを見せたかと思えば『サヤの事考えてた』と言われて動揺するような可愛らしさも、たまりませんな
うらら迷路帳の千矢(今うっかり千夜と打ってしまった)ちゃんはフラグ立てすぎじゃないですかね?
今回で紺ちゃんとも成立したっぽいしこの際もっともっと親密に!

それにしても三作品が一度に終了とは穏やかじゃいられないですねぇ
ミラクは一軍の層が厚いのでまだ何とかなりますけども
2015/ 03/ 01 (日) 04: 22: 26 | URL | グリムロッド # dAL7rdlc[ 編集 ]
> グリムロッドさん
いや、ハルソラのサヤちゃんと朱莉ちゃんは間違いなくガチですよ。
それも最初はサヤちゃんが一人ガチだったのが朱莉ちゃんも間違いなく毒されてきてますよね…もうこの2人は行くところまで行ってしまうことでしょう…w

三作品終了、それも1作は創刊号からの作品でもう1作品もミラクではベテランの作家…これからが雑誌としての正念場なのかもしれませんね。
2015/ 03/ 03 (火) 17: 58: 20 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...