「まんがタイムきららMAX'15年4月号」感想。
2015年 02月 25日 (水) 11:05 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max201504s


・表紙
今月の表紙は「ご注文はうさぎですか?」。まあ、アニメ二期も決まったと言うことでの表紙なのでしょうけど、今回ばかりはこの作品ではなく、今月でラストを迎える「落花流水」にすべきだったのではないでしょうか。

以前「かなめも」が最終回を迎えた時にも感じたのですが、どうもこの辺り編集は長期連載作品に対して冷たいと言うか敬意が足りないのではと言う気がしてしまいます。

確かに、アニメ化作品を推したい気持ちも分かりますし世間的に露出の高いアニメ化作品を表紙にすることで雑誌を目立たせたい、売上をアップさせたいと言うのも戦略としては当然でしょう。

だけどやっぱり、その雑誌を長期に渡って支えてきた長期連載作品の最後ならば、雑誌として全力で華々しく送り出してあげるべきだと思うんですよね…。

ましてや今回のごちうさアニメ二期に関して言えば、MAXで初告知ではなくそれ以前にどっかのアニメ雑誌にすっぱ抜かれちゃってるんですからもう今更こんな大々的にやらなくてもいいじゃんと言う。


そもそも連載誌が他誌に先を越されてどうするのだろう本当に。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ご注文はうさぎですか?
この作品にしては珍しい前後編(と言うか来月も続くのかな)、そしてもしかすると初かもしれない、街を飛び出した話ですね。

キャンプ回と言うことで魚釣りと山菜取りと分かれて食料調達をしたり…と言う感じでしたけど、個人的に一番面白かったのはやはり千夜ちゃん。

千夜ちゃんの採ってるキノコの数々がもうあからさまに毒キノコ過ぎるのが…ww

しかしこの辺りの話でハッキリ分かったのが千夜ちゃんって天然そうに見えてそうでも無かったんですねと言うこと。少なくともボケに関して言えばきちんと計算してやってる。まあせっかく計算してやっててもまともに突っ込んでくれるのシャロちゃんしかいなかったりしますがw


・いちごの入ったソーダ水
るなちゃんって元ヤンだったハズなのに本当にいい子ですよね。こひめちゃんの誕生日に何かしてあげたいと言う思いから手作りでがんもどき作って食べさせてあげるとか本当にいい子。

何気に実はこの作品で一番マトモないい子なんじゃないか…と言う気がしますよね。

あと意外に…と言ったら失礼なんですが、お手伝いの茅さんも普通にいい人。るなちゃんに手作りプレゼントをアドバイスしたのは彼女ですしね。

あの薗部姓の人だからもっとアレな人かと思いきやかなりマトモな人な気がします。まあ発言の節々はところどころアレですが。


・しょーがくせいのあたまのなか
小学生なのに彼氏がいるとかそんな子はいない…いないんです…いないと信じさせて…。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
今回はさすがに亜梨香ちゃんならずともリア充爆発と叫びたくなりますね…全く、高校生の分際で彼女と旅行とか本当にけしからんですよあのラムネは!!

でもなんだかんだで「日帰り旅行」なのがこの2人らしいと言えばそう。本当に「清い交際」をしてるっぽいですね。もっとも清くない交際しちゃったら亜梨香ちゃんがどうなってしまうことやら…w

しかしみすず&ラムネの旅先…湖の景色とか神社とか郷土博物館ってそんなに渋いラインナップですかね。僕の旅なんて大体そんなもんなんですが。もっとも高校生ってことを考えたら確かに渋すぎるのかもしれません。

あと、ほたるちゃんの提案。

kirara_max201504krdk_s

これですよやっぱりこれです。是非ともやって欲しいですね女の子だけの温泉回。百合的にも目の保養的にも美味しいです。そしてこの作品、今月に単行本3巻発売と言うことで本当に楽しみです。


・スクール・アーキテクト
前回辺りから何かのネジが外れたかの様に狂った感じで面白くなってきてますね。やっぱり妙にシリアスでダークなムードになるのよりも、こういう路線の方が器械先生らしさが出ていて個人的には良い気がします。

それにしてもクラスメートの女の子の唾液を無理矢理採取して自ら味わうお嬢様…もはや奇行とかそんなレベルじゃないです。ヤバいヤバいヤバすぎるww


・こみっくがーるず
回が進むごとにかおすちゃんの幼児化が進んでいる気がしてなりませんww今回の話のかおすちゃんなんてもう小学生どころか園児にしか見えません。これで高校生とか嘘だ!!

外見そのものの幼さも勿論なんだけど、服装にも問題があるのでしょうね。クマのアップリケの付いたサロペットスカートとかそんなの着る高校生はいません!!

それに彼女の雰囲気や話し方等々もですが、周りの人間の態度が拍車をかけているのかも。電車の中のおばあちゃんとかおまわりさんとか…皆彼女のことを完全に子供だと思ってらっしゃるw

でもなんだかんだで自分の大好きな趣味を皆と共有出来てめでたしめでたし…かな。しかし見た目幼児なのに中身はしっかりオタク少女なのですね彼女は。フィギュアの下着を確認しちゃうのはこれはもうフィギュア買う人なら誰しもやることだから仕方ありません。


・きんいろモザイク
正月で初詣でおみくじ引いたらシノが大凶…なんか既視感あるなぁと思ったらそう言えば今月ミラクの桜Trickがそんなネタでしたね。しかし大凶引いちゃったシノに対する皆の反応が酷い…いくらシノでも大凶と大吉をごっちゃにしてるとかさすがにそれはありませんww


・落花流水
ああ…とうとうこの時が来てしまいました。長年続いて、もはや「きららMAXの顔」となってた感のあるこの作品もとうとう今回でラストです。

時は流れて秋穂ちゃんが3年生。下級生達も入ってきたみたいで彼女もきちんと部長らしくしているみたいですね。しかしビックリだったのは春河さん。

kirara_max201504rkrs_s

いやこれ「手懐けてる」って言うのか…?

と言うか春河さんはてっきり真冬先生とくっつくもんだと思ってたのにいつの間に後輩に手を出していたんだ。もしかして実はこの作品で一番のヤリ手(意味深)は彼女だったのか…。

それはさておき、練習試合と言うことで日工大付属の面々も登場したりそのOBもやって来たりと、オールキャスト集合でまさに最終回にふさわしい、大団円て感じでした。

もちろんそこには水夏センパイの姿も…。しかし秋穂ちゃんの思わせぶりなセリフからホントてっきりケンカでもしたのかと思いきや全くそんなことありませんでしたね。むしろラブラブ過ぎて見てるこっちが恥ずかしい位。

最後は作品タイトル「落花流水」の言葉の意味を用いて…このあたりのくだりを見ると、この作品の締め方はずっと前から真田先生は決めておられたのではないかな、とそんな風にも思います。

いい話っぽくなりそうなところで「落花」→「花びらが散る」で意味深な風に解釈しちゃったりする秋穂さんが相変わらずにアレですが、それもまたこの作品らしいところ。

長年の歴史を締めくくるにふさわしい、良いラストだったと思います。真田一輝先生、本当に長い間お疲れ様でした。3月発売の単行本も楽しみにしています!!


・ハナイロ
今回、いち子ちゃんが茉乃花ちゃん達の秘密に気付いてしまうのでは…と読んでてドキドキしてしまう回でしたけど、なんのことはありません。やっぱりいち子ちゃんはいち子ちゃんでしたw

彼女のかわいい女の子大好き病が良い方向に作用したおかげで「魔法→魔法少女」と至ってそれでオシマイ、ってなんじゃそりゃw

しかしいつの日か本当にいち子ちゃん、全員の為の魔法少女衣装とか作って来ちゃいそうな気もします。と言うか彼女と沙里ちゃんが手を組んで茉乃花ちゃんをお着替えとかいつかそんなことになってしまいそう。


・ホームメイドヒーローズ
この作品も今月でラスト。奇しくもきららMAXを支えてきたベテラン作家さんの作品が2つ同時に終了を迎えることとなってしまいました…。

しかしこの作品、これから本格的に戦隊と悪の組織の決戦となるか…と言うところで終わってしまうと言うことで、少年誌によくある「俺達の戦いはこれからだ」ラストになってしまうのではと心配もしたのですが、さすがにそれはなく綺麗な形で終わってくれて良かったです。

麻凛ちゃんの言う正義の味方論も、一見とんでもないこと言ってる様に見えてすごく納得。確かにそうなんですよね。実際正義の味方と言いつつやってることは悪側とそんなに変わらないワケで(暴力や数の力で解決等)

それに対して悪側の言うことも非常に悪側らしい、だけど最もな返し。正義と悪とそれぞれにスポットを当てて、両者の言い分のぶつかり合いが話を盛り上げる、良いラストだったと思います。

最後の、戦隊と悪の毎週日曜の戦いが日常になっていると言うラストも良いですね。このあり方こそが確かにこの作品の世界観にピッタリな気がします。鈴城芹先生、本当にお疲れ様でした!!


・水瀬まりんの航海日誌
前回ラストでいきなり捕まってて大丈夫なのかと思いましたが、どうやら捕らえられた相手はむしろこちらの味方側と言っても良さそうですね。しかし艦長さん…渋いおじさんだと思いきやなかなか良いキャラしてらっしゃるw

いや説明資料の絵を自分で描いちゃうとか、体調悪そうに見えたのもその絵を徹夜で描いていたせいだとかなんかお茶目でかわいいですよこのおじさんw

しかし今回、一気に色々なことが判明しましたね。地球とこの世界を繋げているのは「謎の霧」。艦長さん達も元々はその霧を研究し、この世界へ移住しようと計画していた人達の一員だけど、その中で武力派の「御海王艦隊」と言うのが出てきて…。

まりんちゃんや舞ちゃん達の乗ってる陽炎もどうやら元々は艦長さん達の船団の船の様。となると今後の展開も段々と見えてきますね。「御海王艦隊」との戦いと、霧を操作してまりんちゃんが元の世界へ戻ること。この2つが大きな柱となるのでしょう。

しかしラスト…舞ちゃん達の姿がそこにはなく…ああ、この作品最近はもうずっとラストの引きがすごく気になる展開ばかりですね。続きを早く読みたい!!


・アリノス☆ワンダーランド
この作品、第2部と言うことでたかみん&ナカちゃん編が続いていますけど、今回は完全にルリ&みか回だったと言っても良いのではないでしょうか。

ルリちゃんとみかちゃんがケンカ(?)してみかちゃんがたかみん家にしばらく泊まりに来て…と言う話。しかし2人のケンカに対するたかみんとナカちゃんの反応が対照的で面白いですね。

普通に一般人な反応のナカちゃんに対してたかみん、「高度なプレイ」ってこのコ頭の中がある意味もう腐り過ぎてますww

しかしルリ&みかのしばらくお互いに離れたことでよりイチャイチャっぷりが増す、この感じ本当に良いですね。まあ実際はしばらくと言ってもほんの1日離れただけなんだけど、それだけでもうルリちゃんはみかちゃんに甘えまくりで…。

ルリちゃんのみかちゃんへのこの依存っぷりが本当にたまりません。また、実はみかちゃんの方もルリちゃんに依存してると言う共依存なところが本当にもう…。

そしてラストのナカちゃんのセリフ。「部屋のにおいが」と言うくだり。このオチを見ると今回の話もルリ&みか回と見せかけて実はたかみん&ナカ回だったと言えるのかもしれませんね。


・うにうにうにうに
「おまる」に大爆笑してしまいましたwwもはや乗り物ですらないwww


・○本の住人
ああ、女子玉…いいよね、女子玉。それにしてもちーちゃん一人でもとんでもない破壊力なのにせりなちゃんまでいるともうホントとんでもないことになりますね…w


今月は以上で。

「落花流水」「ホームメイドヒーローズ」と、きららMAXを支えてきたベテラン作家さんの作品が2つ一気に終了してしまいました。とりわけ「落花流水」の方はかれこれ10年も続いてきた超長期作品、きららMAXの生き字引とも言える作品なワケで…。

こうしてまた誌面が変わっていく。それはもちろん時の流れがあるから仕方の無いことなんだけど、ただ長期作品が終わってしまったことで誌面の雰囲気が一気に変わってしまうのは本当に怖いですね。

今のMAXは「ごちうさ」「きんモザ」に偏り過ぎてる感があるので、このまま一気にアニメ勢に媚びた作りになったりしなけりゃ良いなと、それだけは本当に心配です。


Comment
この記事へのコメント
HBーE210系2015 2.28/3.1撮影計画ですorz
こんばんはー、銀河鉄道管理局です。
そういえば、仙石線と東北本線、両線直通「仙石東北ライン」の蓄電池車HBーE210系が本格的な試運転を始めています。
今週末にでも、彼を撮りに行こうと思いまーす。
(どこにいるんだ……仙センか…?仙ココか?
石巻駅か??行く前に情報収集せねば……)でも彼の第一陣が既に仙台に到着し試運転をしていることは確かです……
2015/ 02/ 25 (水) 23: 58: 15 | URL | 銀河鉄道管理局 # -[ 編集 ]
>銀河鉄道管理局さん
いつもコメントありがとうございます。
ただ、申し訳ありませんが記事と直接関係のないコメントは控えて頂けるとありがたいです。
こちらも応えようがありませんので…。
2015/ 02/ 26 (木) 20: 52: 45 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...