「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」3巻。
2015年 03月 03日 (火) 13:06 | 編集
では、先月末発売のKRコミックスの中から火曜先生の「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」3巻の感想行ってみましょう!!

この「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」、きららMAXで連載中の作品ですが、これで3巻目。ここ最近のMAXの作品で、アニメ化された作品以外で3巻を超えた作品と言うのは実に久しぶりでは無いでしょうか?

それも、この3巻がラストと言うワケではありませんので、少なくとも4巻まで続くことは確定…完全に長期連載コースに乗った感じですね。


20150228karedoko01s


1巻の表紙では涙目だった亜梨香ちゃん、2巻の表紙では笑顔(ただしヤバいテンションの時のw)、そしてこの3巻では慌てふためいている表情と、ここまでまとめて見てみると実に彼女の百面相的なコロコロ変わる表情が楽しいですね。

帯には「そろそろ誰かもらってあげて!」の文字。ホントそう、いい加減誰かもらってあげて下さいこのコ…根は本当にいいコなので…(涙)


20150228karedoko02s

裏表紙はこちら。主人公の亜梨香ちゃんに加え、表にも載ってる護ちゃん、みすずちゃん、そしてほたるちゃんの4人勢揃いですね。


さて、この「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」3巻なんですが、なんと言っても見どころは新キャラ・ほたるちゃんの登場、そして彼女の登場により色々と引っ掻き回されて更に面白おかしくなっていく彼女たちの日常でしょう。

このほたるちゃん、登場自体は前巻・2巻のラストにちらっと出ているんですよね。ただ、そこではまだ名前は明かされず、なおかつもしかして哉くん(みすずちゃんの彼氏)と何やら…と言うちょっと不穏なムードで終わってます。


そんな雪谷ほたるちゃんの実態が3巻始まって早々に明かされます。前巻のラストはただ単に哉くんに勉強を教えていただけ、とのこと。そう、ほたるちゃん、実は成績が常に学年トップと言う超優等生なんです。

それだけじゃありません。なんと亜梨香ちゃんを凌ぐほどの超・お嬢様!!

でも彼女の本当の凄さはそんなところじゃなかったんです。

20150228karedoko10s.jpg

「私も早く彼女がほしいわ」

そう…そうなんです。

なんと彼女は…百合の人でした!!


まさかの百合少女の参戦…!! そしてそんな百合乙女なほたるちゃんが話に加わったおかげでこの作品、今まで以上に面白おかしくカオスなことになってしまってます。

裏表紙の帯に「彼氏より先に彼女ができそうですわ!」なんて書かれていますが、実際にそうなりかねない程にほたるちゃんが亜梨香ちゃんに熱烈アタックを…ww


どういうワケかほたるちゃん、亜梨香ちゃんのことがすっかり気に入ってしまった様でホント、亜梨香ちゃんがたじたじになってしまう程に猛烈なアタックをかけてくるんですよね。

この作品ってもっぱら、亜梨香ちゃんがみすず&哉のリア充っぷりにムキーってなって暴走して周りがたじたじ(護ちゃんは冷静に対処してますがw)と言うパターンがほとんどだったので、逆に亜梨香ちゃんがたじろいでいる姿はとても新鮮。

ほたるちゃんの存在は、この作品に良い意味での新風を巻き込んでくれたなと、そう思います。


それでいて、話自体が大きく変わってしまうことはなく、従来通りの様式美に基づいた造りがなされていて、このパターンにハマった感じは読んでいて安心出来ますよねw

この作品の面白さって「反復の面白さ」なんですよね。

毎回毎回のみすず&哉のリア充に亜梨香ちゃんが暴走で妄想

→護ちゃんが乳酸菌で抑える

→亜梨香ちゃんの「彼氏ほしい」と言う嘆き

→ほたるちゃんの「私が彼女になってあげるわ」的な慰め(?)&よく分かってない護ちゃんの慰め

と言う固定化されたパターンそのものもですが、ネタも反復されているものが多かったりします。例えばほたるちゃんのお嬢様ネタ。

ほたるちゃんの方が亜梨香ちゃんよりもっとお嬢様なんじゃないのと言うネタが実にこの3巻を通して3回も繰り返されています。でも、その繰り返しがくどかったり嫌味だったりすることは全然無いんですよね。

これはリズム感が良いからなんだと思います。話のリズム感が良いから、ネタの繰り返しがあったり話の造りがパターン化されていてもそれがくどく無くってむしろ心地良く感じられるんですよね。

この作品って、音楽で言うのならある意味ミニマルテクノ的な作品だなぁと、そう思います。


また、ほたるちゃんの登場によって話に百合要素が出てきたのはやはり特筆すべきところかと。亜梨香ちゃんとしては勿論彼女ではなく彼氏がほしいワケなんですが、ほたるちゃんのあまりの強烈アタックぶりに陥落しちゃう日も近い…?

それにほたるちゃんの登場以降、むしろなぜか亜梨香&護にフラグ立っているのではと思わせる描写が増えてきた様にも思います。

護ちゃんがよくワケもわからないまま暴走した亜梨香ちゃんを慰めると言うのは初期からのパターンでしたけど、でもその慰め方がどう見ても「僕が彼氏になってあげるよ」的に見える描写が多くなっている気がします…これは単に僕が百合脳だから、と言うだけでは無いハズ。

プール回での過去回想だとか、この3巻のラストとなる護ちゃんにラブレターの話だとか、亜梨香&護の結びつきの強さを描いたエピソードも色々入っていますし、亜梨香ちゃん的にもまんざらでも無いのでは…と言う気もするんですよね。

そんなワケで亜梨香ちゃんを巡ってほたるちゃんと護ちゃんの百合恋バトルが勃発してしまう日も近い…のかもしれません。


さて、今回の「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」3巻も特典集めしてきました。


まずはWonderGOOのポストカード。

20150228karedoko03s

メインの女子キャラ勢揃いのカット。これ、絵柄は描きおろしではなくって、単行本3巻77ページからの話の扉絵と同じものなんですよね。

将来に向けての三者面談のお話。と言うことでその話にちなんでか、護ちゃんとみすずちゃんは将来の2人の姿っぽい格好をしています。

個人的にこのポスカで注目は左上。「かれどこ」のロゴがあります。この作品の略称って人によって色々な呼び名があるみたいなんですが、これは公式で「彼どこ」(かれどこ)で決定ってことで良いんでしょうかね?


続いてアニメイトのポストカード。

20150228karedoko04s.jpg

こちらも絵は描きおろしではなく、単行本3巻17ページからの話の扉絵と同じものですね。メガネ姿の4人と言うのが新鮮な感じがして良いです。

ところでアニメイトの特典って作品によってはぺらぺらのペーパーだったりするので…今回はきちんとしたポストカード付けてくれて本当に良かったw


次にまんが王倶楽部のポストカード。

20150228karedoko05s.jpg

こちらも絵は描きおろしではなく、単行本3巻9ページからの話の扉絵。つまり、この3巻の巻頭のカラー描きおろしを除くと一番最初の話の扉絵ですね。

話としては作品通じて初めてほたるちゃんが大きくストーリーに絡んでくる話なんですが、そんな回の扉絵時点で既に亜梨香ちゃんにラブラブだったんだなこのコ…w

もう亜梨香ちゃんは彼女に魅入られてしまった時点で運のツキだったのかもしれません。うん、もう彼氏諦めて彼女作った方がいいと思うよw


今度はゲーマーズのブロマイド。

20150228karedoko06s.jpg

こちらは描きおろしですね。今年の干支にちなんで、羊のコスプレをした亜梨香ちゃんと3人のミニキャラと言う構図。

羊コスの亜梨香ちゃんと言うのも新鮮でとってもキュート。しかし羊にしてはちょっと露出が多すぎかな?w

あと、それぞれの胸元のネクタイがそれぞれのキャラのイメージカラーになっているのも絵的にわかりやすくて良いですね。そう、この作品ってキャラそれぞれにきちんとイメージカラーがあるんですよね。亜梨香:赤、護:青、みすず:黄、ほたる:紫、哉:緑と言った感じで。


そしてCOMIC ZINのポストカード。

20150228karedoko09s

こちらも絵は描きおろし。チアガール風衣装の亜梨香&護と言う構図。2人ともとっても可愛い!!

また、2人のポーズと表情の対比が良い感じですね。ノリノリな護ちゃんに対して恥ずかしそうに照れている亜梨香ちゃん…!! 亜梨香ちゃんのおヘソがチラリズムしちゃってるのがまたたまりません。

しかしそれにしても護ちゃんの…大きい…。


さて、ポストカード系の特典は以上で、あとは小冊子が2つ。


まずはとらのあなのモノクロ小冊子。

20150228karedoko07s.jpg

「楽屋裏的小冊子」と題されています。表には亜梨香&ほたるの2人。嬉しそうなほたるちゃんに対して困惑気味の亜梨香ちゃんと言う構図が…w

「楽屋裏」とタイトルされているだけあって、中身の方はキャラクター設定みたいなものが。ほたるちゃんの初期設定が載っていますが、今とほとんど変わらない様ですね。

あとは家族キャラが色々と…そう言えばこの作品って何気に、それぞれの家族キャラが結構出てきたりするんですよね。しかも何気に結構美味しい役どころとか濃いキャラとかで…。


最後に、メロンブックスのカラー小冊子。

20150228karedoko08s.jpg

童話「赤ずきん」風の衣装に身を包んだ亜梨香ちゃんと皆と言う構図。赤ずきんのコスプレした亜梨香ちゃんがすごくすごく可愛いです!!

しかしこうして見ると亜梨香ちゃんって本当に美少女なんですよね…スタイルも結構良いですしおまけに大金持ち…なぜこれでモテないのか全く理解に苦しみますw

この小冊子、中身の方も赤ずきんにちなんだもの。まあ、この作品のキャラ達で、しかもこの配役で赤ずきんやったらどんなオチになるか大体想像付くとは思いますが…でもこれは是非とも手にとって自分の目で中身を確かめて欲しいですね。


特典に関しては以上で。モノクロメッセージペーパーはスルーしてしまいましたが、それ以外はこれで全て集めたハズです。


そんな「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」3巻、巻頭の描きおろしの方も必読ですね。こちらの方ではいつも亜梨香ちゃんに蔑まれている(?)哉くんの視点から見た亜梨香ちゃん像と言うのが見られて興味深いです。


また、最初に書きましたがこの作品、きららMAXの非アニメ化作品で久々に3巻を超えるタイトルとなったんですよね。これは本当に快挙だと思います。これからもきららMAXの準看板作品として末永く続いて行って欲しいですね。


Comment
この記事へのコメント
softbank.ne.jp.hoshi
ポストカードもいい感じですね。^_^いや〜、それにしても、、、こういうかわいいコが出てくる漫画読み始めると
なんとなーく 現実逃避できるんですよねー。
僕は漫画という単語で思い出すのが「百合」「レズ」 「かわいいコ」なので………
だいたい僕の本棚はこういう漫画ばかり。
勉強机にも侵略してきている…どないしよー
(ーー;)
2015/ 03/ 04 (水) 19: 14: 49 | URL | 銀河鉄道管理局 # -[ 編集 ]
>銀河鉄道管理局さん
まあ、僕の本棚もほぼそういう漫画ばかりです。きらら系の漫画が本棚の大半占めていますので…w
2015/ 03/ 07 (土) 08: 07: 52 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...