2015年2月・山口鉄道旅(10)
2015年 03月 22日 (日) 18:18 | 編集
- 四日目(中編)・岩国観光 -

小野田線・宇部線のクモハ123乗車体験を終え、まずは新山口へ向かいます。宇部を9時34分に出発する普通電車に乗車。車両は117系です。

201502yamaguchi136s

201502yamaguchi137s

117系は今回の旅行の初日にも乗りましたが、それと今回乗るものはまたちょっとした違いが見られます。まず塗装が先日のは白にグリーンの帯だったのがこちらはイエロー系一色。最近JR西日本では経費削減の為か、こういう単色塗りが多く見られますね。

また内装に関して言えば、先日のものはセミクロスシートとなっていたのがこちらはオリジナルのままにオール転換クロスシートとなっていました。

デビュー当時の姿をほぼそのまま残している感じで、懐かしくなってしまいますね…。


列車は新山口に9時57分に到着。ここから岩国へと向かってみようと思います。

岩国(新岩国)へ向かうには新幹線のこだまに乗らなくてはならないのですが、次のこだまが出るのは約1時間後。ちょっと時間があります。

と言うことでここでダメ元で本屋へ行ってみることに。本日こちらの方でもまんがタイムきららミラクが発売されているハズなので買いに行ってみましょう。ネットで調べた所新山口の駅から10分ほど歩いたところにそれなりに大きな本屋さんがある様です。

駅を出てネットの情報を頼りに歩いて行きます。いざ歩くとなると結構遠い…また、大きなキャリーバッグがこういう時は邪魔になるんですね。とは言え、本屋へ行く為だけに駅のコインロッカーに預けるのも勿体無い気がしますし…。


そして歩くこと10分少々。目指す本屋が見えてきたのですが…なんと閉店してる!?

どうやら本屋さん、潰れちゃってた模様です…いやだったらホームページにも記載しておいて欲しいですよね。それなりに大きなチェーンの本屋なのに、そのサイト見てもそんなこと一言も書いてなかったよ…。


諦めてすごすごと駅へ戻ります。ああ…こういう時って歩くのが普段よりも余計に疲れて感じられますよね。重いキャリーバッグの荷物が…ああ…。


駅に戻って待つことしばし。10時57分発のこだま738号に乗車します。

201502yamaguchi138s

201502yamaguchi150s

JR西日本のこだまは基本的にひかりレールスター用の車両が来る様ですね。座席が2+2の配置でゆったりしているのでとにかく快適で良いです。

新山口を出て約30分、新岩国には11時28分に到着。

と、駅を出てみると天気は雨…この日朝起きた時はなんとか雨は振らなさそうな感じでしたが、どうやら雨が西から東の方へ向かっているらしく、昨日山口市内での雨がそのままこっちへ来てしまった模様…。


まあ、そうは言っても仕方ありません。気を取り直して観光へと向かいます。岩国と言えばなんと言っても錦帯橋、それに岩国城ですね。

錦帯橋の方へはバスでも行けるのですが、雨も降っててもう面倒なのでタクシーに乗ってしまうことにしますw旅先ではこういう時はもうケチらずにパーッと行ってしまうに限ります。


新岩国の駅から錦帯橋へはタクシーで約10分少々。料金にして1500円~2000円くらい。

さあ、やって来ました錦帯橋!!

201502yamaguchi139s

201502yamaguchi140s

このアーチの美しさと言ったらどうでしょう。それに橋部分が全て木造と言うのが凄いです。こういうの見ると本当に、日本の建築技術って凄いんだなぁ…と感嘆してしまいますね。

ちなみに実はこの錦帯橋、元々は江戸時代に出来た橋ですが、昭和25年に台風でほぼ完全に流されてしまっているらしいですね。

その時の架け替えの話では昔の橋を再現するのではなく、近代的な橋を新たに造ると言う案も出た様なのですが…結果として昔の橋をそのまま再建すると言うことになって良かったと思います。

この橋だからこそ、今もこうして岩国の名所として多くの人が訪れるのでしょうし…。


橋の上から眺める風景もなかなかオツなもの。

201502yamaguchi141s

曇っててちょっとぼやけた感じになってしまうのが残念ではありますが…本当は綺麗に晴れた青空の元で観たらこの風景も錦帯橋自体も、もっとずっと美しかったのかもしれませんね…。

そう思うと残念ではありますが、まあこればかりは時の運。


さて、錦帯橋まで来たら是非とも食べてみたいものがありました。それはソフトクリーム。

山口の友人から聞いたのですがなんでもこの錦帯橋近くには100種類以上ものソフトクリームを置いているお店があるとのことで。その名も「むさし」。

オーソドックスなものは勿論のこと、「そんなの本当に食べられるの?」と言ってしまいたくなる様な奇抜なソフトクリームもたくさんあるらしく、期待に胸が高まります。


しかし行ってみると…。

201502yamaguchi142s

なんと無情にもお休み!! ああ…。


気を取り直して、その隣の「小次郎」のソフトクリームを食べてみることにします。ちなみにこの2軒並んでるソフトクリーム屋さん、こちらの「小次郎」の方が先に出来たお店の様ですね。

ソフトクリーム屋さんが2軒並んでしかも名前が「小次郎」「むさし」。まるでどっかの剣豪の対決みたいで面白いことになっていますw

201502yamaguchi143s

この「小次郎」、「むさし」の100種類超えには及ばないものの、それでもかなりの種類のソフトクリームが置いてあります。それも「むさし」と違ってイロモノ系は一切なくどれも美味しそう。

どうしようか悩んだ挙句、他のよりも一際高いプレミアムソフトクリームの「クレミア」を注文。

201502yamaguchi144s

1つ500円もします。が、食べてみて納得。これは500円以上の価値があります!!

まず何と言ってもクリームがとっても濃厚。たっぷりのミルク感があって、こってりとコクのある味わい。それでいて上品で、これをソフトクリームと言うのなら今まで食べていたソフトクリームは何なの!?と言ってしまう位。

そしてコーンの部分も凝っています。通常のコーンではなくラングドシャーを使っていると言うこだわりっぷり。そのラングドシャーの甘さと食感が濃厚ソフトにベストマッチ。これはソフトクリームの常識を超える美味さでした。なるほど、確かにソフトクリーム専門店を謳っているだけのことはあります。

「むさし」のイロモノソフトを食べられなかったのは残念だけど、結果的にはこの「小次郎」のソフトクリームを味わうことが出来て大正解だったのかもしれません。

ソフトクリームの他にもコロッケなんかの軽いスナック類も置いてあります。僕もカキのクリームコロッケと言うのを頼んで食べてみたのですがこれもまた美味しかった。カキの海の香りとクリーミィなコロッケ、サクサクの衣がベストマッチ。

お店の方もとても感じが良くって居心地も良かったですし、錦帯橋を訪れた時には是非ともオススメしたいお店ですね。


さて、錦帯橋を渡ってソフトクリームも食べて…そのまま歩くとこんな公園に出ます。

201502yamaguchi145s

結構大きな公園で、敷地内には昔ながらの旧家が見学出来たりするところもあります。

201502yamaguchi146s

こちらの住宅は国の重要文化財に指定されている様ですね。

また、岩国名物の「シロヘビ」を見学出来る施設なんかもこの公園内にはあります。


そしてこの公園の一番奥にはロープウェイ乗り場があります。そのままロープウェイに乗って山頂の岩国城へと向かってみることにします。

ロープウェイに乗って5分程で山頂に到着。しかしここから岩国城までが実は地味に離れていたりします。まあ実際にはそんな大した距離じゃないのでしょうけど、なにぶん坂道が多くて歩くのが地味にキツいw


そしてようやく岩国城へとやって来ました。

201502yamaguchi147s

岩国城はこじんまりとした山城と言う感じですね。いや本当に山の上にあるので、あまり大きなお城は建てられないでしょうね…w

この岩国城、昔ながらの天守が残っているのではなく再建の城。内部は博物館となっています。

201502yamaguchi148s

刀剣や槍、鎧などなど…。

それは良いのだけれど僕が訪れた時ちょうど館内が作業中だったのか、展示ケースの一部のガラスが開いていて刀を触ろうと思えば触れる様な状況になってたのでちょっと危ないなぁ…と思ったりw


岩国城、天守閣の最上階へ登るとそこは展望スペース。

201502yamaguchi149s

先ほど渡ってきた錦帯橋の姿も臨めます。

岩国周辺の観光は錦帯橋とこの岩国城とでほぼ全て完了、だいたい時間にして2~3時間も見ておけば大丈夫ですが、錦帯橋がとにかく素晴らしいので山口へ訪れる際はぜひ一足伸ばして見ておくことをオススメしたいですね。


さあ、岩国観光を終え、ここからは京都を目指します!!


2015年・山口鉄道旅(11)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...