鳥羽ショートトリップ。
2015年 03月 26日 (木) 16:53 | 編集
昨日、両親と鳥羽まで一泊旅行してきました。

まあ、父親が古希を迎えたのでそのお祝いも兼ねて…と言うヤツですね。なので一応、宿泊費及び夕食その他諸々は僕持ちで。まあ、たまには親孝行しませんとw

存在自体が親不孝みたいな人間ですから。


宿泊したのは鳥羽エクシブ・アネックスと言うリゾートホテル。

201503toba01s

会員制のリゾートホテルなのですが、ウチの勤め先が契約しているのでそのつてで。


部屋は広めの和洋室で、オーシャンビューで眺めがとても素敵。

201503toba02s


広大な敷地内にはスパなんかもあったりで、ゆったりとリゾート気分を満喫できます。またホテルとスパその他各種施設の間にはシャトルバスも走っているのでラクチンに移動できます。


さて、夕食の方は鉄板焼きのコースを注文。

前菜から始まって野菜や魚介類など色々な鉄板焼きの料理が出されるのですが、なんと言っても圧巻だったのはオマールエビ。

201503toba03s

オマールエビ、まだ生きています!!


それを鉄板で焼いて、最後にフランベ!!

201503toba04s


出来上がったのがこちら。

201503toba05s

しっかりと焼きあがっている様でいて、実は身の部分がミディアムレアなんですよね。火は通っているのだけれど生の食感がまだ残っていて…身が甘くってジューシィで…その絶妙な焼き加減と言ったら!!


それとメインにはアワビのソテー。

201503toba06s

バジルのソースが火を通したアワビにとてもよく合います。アワビって生でも美味しいんだけれど、火を通した方が圧倒的に旨味が出るんですよね…。


お酒はもちろんワインを。最初にシャンパーニュで乾杯して、それから白はアルザスのリースリング。赤はブルゴーニュのピノ・ノワールを。どれも美味しくて、鉄板焼きの料理との相性もバッチリでした。

その後はホテル内のバーでカクテルを飲んだり…と、一泊でかなりの散財になってしまったのだけど、父も喜んでいたのでまあ良かったかな、と。


で、鳥羽まで行ってただ泊まってきただけではアレなので勿論観光も。

行きがけにまず伊賀の方へ立ち寄って観てきたのが伊賀上野城。

201503toba07s

この伊賀上野城、いわゆる再建天守閣ではあるのですが、ただ再建自体も昭和初期と非常に古いので建物も木造。なので非常に趣があります。

再建天守閣って言うと鉄筋コンクリートづくりでなんの面白みも無い城が大半だと思っていたので、こういうお城もあるんだなぁ…とちょっとビックリ。

ただ、古い建物なだけあって中に入ると結構寒いです。おそらく建物保存の為だと思いますが暖房等も全く入っていませんので…。


こちらは大迫力の忍者ショー。

201503toba08s

伊賀と言えば忍者の里なワケなんですが、そこにある忍者屋敷でこんなパフォーマンスを見学することが出来ます。これが非常に見応えあって面白かったですね。

外人のお客さんもたくさん来てたけど、実際これは非常に外人ウケしそうな気がします。


あとはベタですが、鳥羽水族館にも行ってきました。鳥羽水族館って子供の頃に行ったきりだったのですが、物凄く大きな水族館なんですね。

館内本当に広くて…見学にゆうに3時間はかかりました。


201503toba09s

201503toba10s

ユーモラスなアシカのショーや、ペンギンのお散歩タイムなどショー系の見せ物も充実。ペンギンがすごくそばまでやって来てくれて本当に可愛かった…w


巨大なタカアシガニ。

201503toba11s

水族館の定番と言えば定番なんですが、とにかく水槽が大きいのでタカアシガニの数もたくさん。大小様々なタカアシガニが一度に見られるので迫力あります。


201503toba12s

愛嬌のあるスナメリ。水槽の中に3頭くらいいたスナメリのうち、1頭が本当に人懐っこいコで、人間が見学しているとすぐそばまでやってきてカメラ目線(?)くれたりするんですよね。可愛かった。


…と、そんな感じの鳥羽ショートトリップ。

両親とこうやって旅行出来るのもあとどれだけか分からないけど、なるべく出来るうちに親孝行はしておきたいなぁと、そんな風にも最近は思います。


Comment
この記事へのコメント
お久しぶりです
鳥羽の会員制リゾートホテル…凄いですね。建物も窓からの景観も料理も。『華麗なる一族』のような世界ですね。あれも鳥羽のホテルが舞台だったような…。

近々鳥羽方面に行こうと思っているんですが、日帰りで、料理もこのレヴェルには、遥か及ばない予定です。

鳥羽水族館は、飼育している生き物の『種類』の数は、日本一だそうです。

鳥羽水に、タカアシガニ水槽ありましたね。2012年の正月に久しぶりに鳥羽水行った時、タカアシガニ水槽リニューアルされて、タカアシガニの数も増えていましたが、あれからは特に変わっていないっぽいですね。

水族館同士横の繋がりが強いそうですが、鳥羽水のタカアシガニは、全てではないと思いますが、蒲郡の竹島水族館が提供したタカアシガニが多いらしいです。

竹島水族館は、鳥羽水以外にも、全国の様々な水族館に、タカアシガニを提供しているそうです。そして引き換えに、提供先の水族館が調達を得意としている(地域的に)他の生物を提供してもらっているそうです。
2015/ 04/ 28 (火) 19: 58: 15 | URL | &oh # dlg/xXMc[ 編集 ]
&ohさん
お久しぶりです。
まあリゾートホテルと言うと凄い感じなのですが、勤め先の契約ホテルなので比較的安く泊まれるんですよね。

なるほど…鳥羽水族館と竹島水族館にそんな繋がりがあったのですね。
竹島(と言うか三河湾)はタカアシガニが割と豊富な地ですし、確かに他の水族館に提供出来ても不思議ではないですね。

鳥羽水族館自体は子供の頃ぶり…およそ○十年ぶりくらいに訪れたのですが、スケールがでかくてビックリでした。
水族館はやはり良いものですね…。
2015/ 04/ 29 (水) 16: 44: 21 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...