2015年2月・山口鉄道旅(12)
2015年 04月 05日 (日) 07:32 | 編集
- 五日目(前編)・叡山電車の「幸腹グラフィティ」ラッピングトレイン -

いよいよ今回の旅行も最終日となりました。2月18日(水)。天気はあまり芳しくありません。

今回の旅行、山口県からの帰りに最後にわざわざ京都に立ち寄ったのにはワケがあります。それは叡山電車で運行中の、テレビアニメ「幸腹グラフィティ」ラッピングトレインに乗る為です。

※幸腹グラフィティラッピングトレインは3月末で運行終了しています。


さて、ホテルを早々に出発して、まずは叡山電車の始発駅となる出町柳へと向かいます。河原町の喧騒を抜けて三条の方へ。そして京阪電車に乗って出町柳へ。

コインロッカーに荷物を預け、そして叡山電車の乗り場へと向かいます。まずはここで駅員さんに本日の「幸腹ラッピングトレイン」の時間を尋ねます。

と、ちょうど次の電車がそうだとのことで急いで切符を買ってホームへ。


するとやって来ました。これが本日の目当て「幸腹グラフィティ」ラッピングトレインです。

201502kyoto01s

一見普通の電車なのですが、正面にはなにやらヘッドマークが…。


201502kyoto02s

なんとリョウちゃんのドアップがヘッドマークに描かれています!!


この電車、単行(1両編成)なのですが反対側はこんな感じに。

201502kyoto03s

201502kyoto04s

こちらはヘッドマークがリョウ・きりん・椎名の三人揃ったものになっています。更に言うと先ほどのリョウちゃん一人の方は原作絵なのに対し、こちらはアニメ絵となっていますね。


さあ、中へと入ってみましょう。

201502kyoto05s

車内はオールロングシート。二扉の車体にロングシートなので、座席がやけに長く見えます。それ以外は別になんの変哲も無い車内の様にも見えますが…。


ところがどっこい。運転席すぐ真後ろのスペースまで行ってみるとこんなことに。

201502kyoto06s


反対側の運転席の方も。

201502kyoto07s

作品の中のワンシーンに一言が添えられています。

「この世界は優しさであふれている。きっと。」

ああ…まさに「幸腹グラフィティ」てそんな作品だったなぁ…と、アニメ放映が終わった今となってはしみじみそう思いますね。原作が暖かい作品であるのは勿論、アニメの方もその暖かさ優しさを丁寧に描き切ってくれた、とても良い作品だったと思います。


さて、運転席後ろだけでは無く、実は扉部分にも「幸腹グラフィティ」が。

201502kyoto08s

201502kyoto09s

201502kyoto10s

201502kyoto11s

車内四カ所の扉全てに異なるラッピングが。

ちなみにこの4つ、上2つが原作絵で下2つがアニメ絵なのはファンならば分かりますよね?


更に扉のガラス部分に目をやると、こんなステッカーも貼ってあります。

201502kyoto12s

201502kyoto13s

201502kyoto14s

201502kyoto15s

どれもドアの開閉注意を促すステッカーなのですが…それにしても4枚目、大きな肉(いわゆるマンガ肉)に乗っかったきりんちゃんがなんともユーモラスww


しかし「幸腹グラフィティ」のラッピングトレイン、車内のドア部分や運転席後ろなどは上に書いた通りに「幸腹グラフィティ」一色なのですが、その他の広告等は普通ですね。

以前に同じく叡山電車が走らせた「きんいろモザイク」のラッピングトレインの時は、車内の吊り広告までが全てまんがタイムきらら一色だった記憶があるので…w


さて、この日に乗った「幸腹グラフィティ」ラッピングトレインは途中の修学院駅止まり。

201502kyoto16s

なので一旦ここで降りるのですが…この駅がある意味でまた凄い。


201502kyoto17s

まさかの幸腹ポスター5連貼りwww


いやホント、駅降りた瞬間にビックリしましたよこれ。だってホームに降り立った瞬間にいきなりこれが視界に飛び込んでくるんですよ?

僕みたいにこの「幸腹グラフィティ」ラッピングトレインに乗りに来た人間でもビックリするんだから地元の人とかホントどう思われたんだろう…?


そして待つことしばし。

201502kyoto18s

やって来た電車で終点の鞍馬の方へと向かいます。ちなみにやって来たこの電車、叡山電車の看板車両で大きな窓で車窓を目一杯楽しめるのが特徴。その名も「きらら」。

ええ、まんがタイムきららのきららですね(関係ない)

いやでもいっそどうせなら、この車両を使ってまんがタイムきららとコラボしてしまえば面白いと思うのですがどうでしょうか?


修学院を出てしばらく走って行くと車窓がどんどんと山の風景になっていきます。気がつけば外は雪と雨とが入り混じったものが降り出してきて…。

また運が悪いことに乗ったこの電車が鞍馬まで行かず、途中の市原止まりの電車だったのでそこで一旦降りるものの本当に何も無い駅で、とても寒くって…。


そうしてようやく辿り着いた鞍馬の駅。

201502kyoto19s

この時はみぞれとも雪とも雨ともつかない何かがしきりに降っていて、それに山の方にある為か街中よりも気温もグッと低くて…間違いなく今回のこの旅行の中で一番寒い一時でした。


さて、なんでわざわざ終点の鞍馬までやって来たかと言えば、実はこの時、ラッピングトレインを走らせているだけじゃあなくって記念の入場券が販売されていたんですよね。

その販売駅が出町柳と修学院と鞍馬。

出町柳の駅は始発の駅。と言うことで電車に乗り込む前に記念入場券は勿論買っています。また修学院の駅は、「幸腹」ラッピングトレインがちょうど修学院止まりだったと言うこともあってこの時に駅事務所へ行って入手しています。

そうなると残るは鞍馬。これはもう一足伸ばしてでも手に入れるしかありません。


と言うワケで…揃いました!!

201502kyoto20s

出町柳の駅で入手した記念入場券用の台紙と、そして3つの駅それぞれの3枚の入場券。

出町柳がきりんちゃん、修学院が椎名さん、そして鞍馬がリョウちゃんとなっています。主役のリョウちゃんを手に入れる為にはここまで来ないといけないワケなんですよ…つまり電車に乗って終点まで来ないといけない…叡山電車、なかなかに商売上手だ…w


さあ、これでこの日の最大の目的「幸腹グラフィティ」ラッピングトレインにも乗れましたし、記念の入場券も全て手に入れることが出来ました。

いよいよこれで今回の旅もラストスパートです!!


2015年・山口鉄道旅(13)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...