オーストラリア・イーグルホークのシャルドネ。
2015年 04月 09日 (木) 07:49 | 編集
昨日は寒かったですね…いきなり真冬が戻ってきてしまったかの様。関東地方だとかは雪まで降っていたとか…。

まあでも、昨日は休みでほぼ一日引きこもっていたのであまり関係ありません。寒い日は家に閉じこもるに限りますw


で、またちまちまと艦これ進めていたのですが、EO海域の2-5に挑戦。

この2-5が戦艦多数とかの力押しパーティだとどうもルートをそれるっぽいので駆逐・低速戦艦・高速戦艦・重巡・正空×2とかで挑んでみたらボスまで行けてなんとか撃破(ゲージ破壊)

そして二度目のゲージ破壊をしたところでこんなコが来てくれました。

kankore20150408_00s

浦風ちゃん。おっとりした広島弁の喋り方がとっても可愛いコです。一部ではダメ提督製造機とも言われてるらしいこのコですが、確かに秘書艦にしてみたら納得。うん…これはダメになりますね…。

そんなワケで今度はこのコを育てていきたいと考えています。どうも自分、駆逐の気に入ったコばかり育てたくなってしまうんですよね…戦力的には戦艦とか空母育てた方が良いんでしょうけど。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

このところブルゴーニュのシャルドネが続いていたので同じシャルドネでももっとシンプルでわかりやすいのが飲みたくなって買ってきたのがこちら。


「WOLF BLASS EAGLEHAWK CHARDONNAY 2013」
(ウォルフ・ブラス・イーグルホーク・シャルドネ)

WINE_20150408_01s

WINE_20150408_02s

地元のショッピングセンターで800円前後とかのいわゆる安シャルドネ。だけど新大陸のワインってこれ位の値段で美味しいものが幾らでもあるので侮れないんですよね。

ちなみにイーグルホークって安ワインでは結構有名だと思いますが、どういうワケか自分、赤は飲んだことあっても白はまだ試したことが無かった模様です。

(まあ飲んだけどブログに書かずに忘れてるだけ…かもしれませんが)


さて、まずは抜栓。栓は当然スクリューキャップですね。

栓を抜いてグラスに注ぐと色はやや薄めのゴールド。ほんのりグリーンがかってキラキラと輝きのある色合い。いかにも新大陸のシャルドネだなぁと言う感じの色ですね。

香りはしっかりと強いです。パイナップルやアンズ、白桃や柑橘類など色とりどりの果実の入り混じった甘い香りがふわっと漂ってきます。その奥にはバニラやローストと言った樽の風味もわずかに感じられますね。


口に含むと味わいしっかり。実に果実感豊か。舌の上にハッキリと甘みを感じる程の豊かなボリューム感があって、酸は極めて穏やか。

同じシャルドネでもブルゴーニュの様に酸が強くて抑制の効いた感じではなくって、新大陸のはこうしっかりハッキリと「甘い」んですよね。でもなんだか、その甘さがホッとしてしまいます。

香り同様に様々な果実の入り混じった甘酸っぱい味わいが口いっぱいに広がって、飲み干した瞬間に自然と笑みがこぼれてしまいますね。


残り香、後口には樽っぽい、焦げたような風味がわずかに感じられて、それがまた良い余韻となって口に残ります。


ブルゴーニュのシャルドネも美味しいし大好きなのですが、でもやっぱりそれだけじゃなくってたまにはこういう、シンプルで分かりやすい味わいのシャルドネを凄く飲みたくなりますね。

ホントこれは、「こういうシャルドネを飲みたかったんだ」と言う感じで、昨夜の気分にはぴったりな一本でした。値段も安いし度々リピートしそうな一本です。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...