2015年2月・山口鉄道旅(13)
2015年 04月 14日 (火) 00:28 | 編集
- 五日目(後編)・マンガミュージアム、そして旅の終わり -

叡山電車の「幸腹グラフィティ」ラッピングトレイン乗車を終え、3つの駅を回って記念入場券も全部手に入れました。さてこれからどうしようか…。

当初の予定では最後に京都の水族館でも観に行こうかと考えていたのですが、この京都には「国際マンガミュージアム」なる博物館があるらしく、またこの日はなにやらプレゼントを行っていると言う噂を聞いたのでそちらへ行ってみることにします。


さて、まずは叡山電車で出町柳まで戻ります。そしてここからは京阪と地下鉄とを乗り継いでマンガミュージアムへと向かうのですが、駅で待っているとなにやら凄い電車がやって来ました。

201502kyoto21s

京阪の特急専用車両8000系なのですが、通常のツートンカラーの塗り分けではなく全体が鮮烈なブルーに塗られています。そしてなにやらヘッドマーク(?)

どうやら機関車トーマスとのコラボレーショントレインの様です。


車内はこんな感じに。

201502kyoto22s

201502kyoto23s

座席のカバーもトーマスのキャラクターがプリントされています。こういうキャラクター物のコラボトレインってしばしば見かけますけど、でも車体だけじゃなく座席にまでプリントしているのは結構珍しい気がしますね。


さて、三条の駅で京阪電車から地下鉄へ乗り換え。で、この日のマンガミュージアムで配られるプレゼントには地下鉄の一日乗車券の提示が必要とのことだったので、一日乗車券を購入。

201502kyoto24s

この乗車券がまたもや太秦萌ちゃん!!

201502kyoto25s

駅のあちこちにポスターも貼られてるし、ホント推しまくってますね…ww


さて、そんなこんなで辿り着いた京都国際マンガミュージアム。

201502kyoto26s

結構大きな建物です。

入館してまずは先ほどの地下鉄一日乗車券を提示してプレゼントをゲット。貰ったのは太秦萌ちゃん初めとした京都地下鉄のイメージキャラクターの描かれたポスター。

ただこのポスターが予想外に大きくて持ち帰るのにちょっと苦労しました…w


そしてこの京都国際ミュージアム、この日はなんでも京都精華大学のマンガ学部の生徒さん達の卒業・修了制作展とやらで入館料は無料となっていました。

博物館で卒業展示やると言うのも凄いですが、そもそもマンガ学部と言う学部があると言うこと自体がなんだかもう凄いです。


館内入口にいきなりこんな大きなパネルが置かれています。

201502kyoto27s

卒業展示のイメージキャラクター…の様ですね。

ちなみに大半の卒業展実物は撮影禁止ですが、こちらのパネルは撮影オッケーとなっていました。


卒業展示は生徒さん達が描かれた漫画やイラストなどが色々と。全て手にとって中身を見れるようになっていたので、じっくりと拝見させてもらいながら館内を回りました。

もしかするとこの中から将来の大作家さんが生まれてくるのかもしれませんね。


あとはこのマンガミュージアム、「国際」と言う名前が付くだけあって日本だけじゃあなく、世界各国の漫画本が置かれていたりもします。漫画はもはや国際的な文化と言っても良いんですよね。

そして勿論、日本の漫画は館内のあちこちに本当にたくさん置かれています。館内には展示だとかそっちのけで漫画を手にとっては読んでいる人達の姿が多く見られました。

とりわけこの日は入館料無料と言うこともあって、近隣の人にとっては漫画図書館みたいな感じで気軽に来れる場所なのかもしれませんね。

(でも皆さん、卒業展示にもきちんと目を向けてあげましょうよ…)


個人的にはこのマンガミュージアム、建物が非常に素晴らしいなぁと感じました。なんでも元々は廃校になった小学校の建物を利用しているらしく、非常に趣きがあります。

201502kyoto28s

白熱色の明かりが灯る階段の踊り場。


201502kyoto29s

こちらは元・校長室だった部屋の様ですね。


はるか昔に建てられた西洋建築・更に同じく学校と言うこともあって、滋賀県の豊郷小学校旧校舎とどこか似た雰囲気を感じますね。


そんな京都国際ミュージアムですが、何か所かある階段のうち1つを降りた場所にこんなパネルが。

201502kyoto30s

左側はもはやお馴染みの地下鉄イメージキャラクター太秦萌ちゃんですが、右側にはなにやらちょっと見慣れぬコが。

地下鉄イメージキャラクターのどのコとも違います。


実はこのコ、烏丸ミユちゃんと言って京都国際マンガミュージアムのPRキャラクターらしいです。キャラクターデザインは太秦萌ちゃん達と同じ方が手掛けられていますね。

しかしまさか…地下鉄だけじゃなくて博物館のイメージキャラクターにまで萌えが…いやまあ幾らマンガの博物館とは言え…ああ、京都は一体どこへ向かおうとしているのでしょうかwww


******************************************************************


旅の最後に京都へ立ち寄って「幸腹グラフィティ」ラッピングトレイン乗車、そして京都国際ミュージアム訪問…こうして僕の、この冬の旅は終わりました。

まだ行ったことの無かった山口県を旅する鉄道旅のハズがなぜか最後は京都に…w

まあ、こんな寄り道旅と言うのもそれはそれで面白いものです。


そして今回の旅、山口県で色々と名所を案内して頂き、また2日間飲みに付き合って下さった友人には本当に感謝します。この場を借りて、改めてありがとうございました。


さあこれで山口県も行ったので、未踏の都道府県は残す所あと2県となりました。今年中に全て行ってしまいたいと、そう考えております。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...