「まんがタイムきららMAX'15年6月号」感想。
2015年 04月 27日 (月) 23:00 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max201506s


・表紙
今月の表紙も「きんいろモザイク」。タイトルロゴのカラフルな感じとかピンク系の背景など、とても春っぽい雰囲気の表紙ですね。そしてアリスとシノ2人の、この眩しいばかりの笑顔がまた素晴らしいです。

それにしてもこの2人のこのしっかりと握り合った手と手…単に手を握ってるんじゃなくってお互いの指の間に指を挟む、いわゆる「恋人握り」しちゃってますよ。きゃー!!


これはこの2人、もうデキてるってことでいいんですよね…いいんですね?(腐)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・巻頭のアニメ関連コーナー
「ご注文はうさぎですか?」アニメの再放送でまさか「桜Trick」タチ先生のエンドカードがあったとは知りませんでした…正直「ごちうさ」のアニメには非常に色々と思うところがあるので再放送なんて全く観もしなかったワケなんですが、タチ先生のエンドカードだけは観ておきたかったなぁ…。


・きんいろモザイク
そう言えばアニメ最新話が美月ちゃんと空太くん(ヨーコの妹&弟の双子ちゃん)大フィーチャー回だったワケなんですが、奇しくも原作も今回この二人がほぼメインとも言える回でした。

しかしこの二人とカレンちゃんって今までなかなか無かった組み合わせですが、でもよくよく考えてみれば非常によく合う組み合わせでもありますよね。どちらもイタズラっ子と言うか子供っぽいので性格的によく合いそう。

(美月&空太はまあ子供っぽいと言うか本当に子供なので仕方ないですがw)

しかし美月ちゃんのカレンちゃんへのお願いが「金髪マフラー」と言うのは良かったですね。いやでもこれって美月ちゃんが将来、シノや穂乃花ちゃんみたいな金髪ジャンキーになってしまうフラグなのでは…?w

あとカレンちゃんの長いブロンドバッサリはジョークにしてはちと刺激が強過ぎかもしれませんね。これは確かにシノ&穂乃花の二人なら本当に死んでしまう位のショック受けてしまっても不思議じゃありません。


・いちごの入ったソーダ水
最後の委員長さんのなんとも意味深な訪問が気になりますね。まさか…本当に告白…?

いやでもそうなるとこれ、咲太郎くんが大喜びしちゃうパターンですよね。さすがにそんな美味しい展開にはならないハズ。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
体育祭本番…なんだけど、これもしかしてマジでフラグ立っていませんか? いや勿論、亜梨香ちゃんとほたるちゃんとの間に…ですよ!!

100メートル走で妄想の力を借りて全力疾走する亜梨香ちゃん。だけどそう調子良く行くハズも無くすぐに転倒してしまって…そんな彼女を助けるほたるちゃん。

kirara_max201506krdk_s

「亜梨香は私のお友達だもの」

そんな彼女に対して「ありがとうですわ」とお礼を言いながら泣きじゃくる亜梨香ちゃん。今までなんだかんだと構ってくるほたるちゃんに対してやや困惑気味だった亜梨香ちゃんでしたが、ここで二人の間に本当の友情が芽生えたと、そう言っても過言では無いでしょう。

事実、この後の保健室のシーンで亜梨香ちゃんの方から「私達友達ですし」と言うセリフを発してもいます。まあその後のほたるちゃんの返しが相変わらずいつものノリなので結局二人の関係性は今まで通りっぽい感じではありますが…w

しかしこれは二人の関係性に一歩大きな進展が生まれたと、そう解釈しても間違いではないでしょう。少なくとも亜梨香ちゃんの方からほたるちゃんに対して友情をハッキリ意識したのは初。

今後の二人がどうなるのかが見逃せません。そして護ちゃん、このままではキミの大事な亜梨香ちゃんをほたるちゃんに取られてしまうぞ。さあキミも早く自分のキモチに気付いて参戦するんだ!!(腐)


・ステラのまほう
仕事と言う観点では僕は藤川さんのお姉さんの意見に賛成ですね。趣味を仕事に出来れば確かにそれが一番理想なのかもしれないけど、でも仕事にすることによって大好きだった趣味に義務感が生じてしまい、その結果嫌いになってしまうかもしれない…。

ならば僕は、趣味はあくまで趣味に留めておくのが一番だと。そう思うのです。


・○本の住人
一点ものの「抱き机」とか「アジのひらき」のプラモデルとか相変わらず発想がおかしい。ホント一体作者さんの頭の中がどうなってるのか知りたいです。


・ご注文はうさぎですか?
一コマだけ登場(?)の青山ブルーマウンテン先生がツボでした。いやホントどこにでも出没しますね青山先生…もしかしてこの作品の世界って彼女の手のひらで全て転がされているのでは…?


・水瀬まりんの航海日誌
今回アリサさんが凄くかっこいい回でした。なんかいつも頭の中が腐ってるイメージしか無かったアリサさんですが、やる時はやる人って感じで良いですね。

怖くて震えていたまりんちゃんもそんなアリサさんに鼓舞されてか立ち上がって、二人で戦場へ乗り込んで行くことに…この熱い展開、いいですね。ストーリー的にもいよいよ佳境と言ったところですが一体どう決着を付けるのかがとても楽しみです。

しかしこのまま行くと霧の力でまりんちゃんは元の世界(地球)へ戻ることになってしまうのでしょうか。舞ちゃん達と築きあげてきた百合友情の行方は…そんなところも含めて今後の展開が非常に気になります。

あとアリサさんの飛行機って零観…つまり零式水上観測機だったのですね。この作品、艦これ始めてから前以上に楽しめる様になってきた気もしますw


・アリノス☆ワンダーランド
二章はたかみん&ナカちゃんと言いながらもやっぱり、この作品の主役はルリ&みかなんだなぁとつくづく思います。ただ、二章になってルリ&みかの描かれ方は少し変わった様に感じられますね。

前はとにかく完全に「二人の世界」だった感じなのが、たかみん&ナカちゃんと言う別カップルが加わることで世界が広がってきた感がありますし、また彼女たちの視点を通して見ることでそれまでに無かった新たな面が色々見られる楽しみもあると言いますか。

しかしそれにしても今回衝撃だったのはルリちゃんのぱんつ。彼女がベッドから脱ぎ捨てたぱんつ見るにどうやら彼女はかぼちゃぱんつ派だった様ですね…w

大学生でかぼちゃぱんつだなんて色気も何もあったもんじゃない気もしますけど、でも小さくて可愛らしい彼女にはよく似合っている気もします。


・ハナイロ
陽ちゃんお金持ちと言う話は出ていましたが今回はそんな彼女の家に皆でおじゃまする話。どうやら本当にとんでも無いレベルのお金持ちだったみたいですね。幾らなんでも友人に金の像をプレゼントするとかちょっと度が過ぎてますww

そしてこれまた、きららの金持ちヒロインによくあることなのですが一体何をやって財を成しているのかがさっぱり謎。黒服の男達がうろうろしている辺り、「彼どこ」のほたるちゃんや「ごちうさ」のリゼちゃん家と同じくなんだかブラックな匂いがします。

(もっとも本当にブラックと作中で名言されてたのはこれまで「落花流水」の夕ちゃん家位ですが)

しかしやはりこの作品、いち子ちゃんと陽ちゃんが話に絡むと面白さが一気に倍増しますね。魔女っ娘三人だけでもとても可愛らしくて良いのですが、そこにこの二人が絡むと非常にギャグ的な要素が出てきて漫画としての面白さが底上げされる感があります。


・追跡!巡回風紀委員24時
いきなり別なタイトルが付いててビックリしましたけどスクール・アーキテクトでしたw

話的にはいつものノリ(まあその「いつも」があまりにぶっ飛んでいるワケなんですが)ですが、個人的には双子の不良兄弟のキャラがツボ。キャラと言うか見た目と言うか。

kirara_max201506skl_s

このダイナミックな動きとかもう、四コマ漫画のそれじゃあありません。少年漫画の、能力バトル物に出てくる悪役みたいでなんだかカッコ良いですw

この作品ホント、シリアスな連続ストーリーが終わってからどんどん面白くなってますね。正直言うとあのシリアスな話が苦手で単行本1巻スルーしてたのですが、今日の仕事帰りに今月のコミックス買うついでに買ってきてしまいました…。


・こみっくがーるず
かおすちゃんに恋バナは色々な意味でハードル高すぎると思いますwww


・うにうにうにうに
なんだか今月とても良い話っぽく進んでいたのに…最後の最後でユキ姉ちゃんが何もかもぶち壊していった感があります。でも、それでこそユキ姉ちゃんww


今月は以上で。

今月のMAX、実はゲスト作品がかなり多かったみたいですね。ベテラン作家さんの作品が2つ一気に終了してもう1つ別のベテラン作家さんの作品が長期休載。それと別に今月は2作品が休載…。

うーん…誌面としては無印の様な不満感と言うのは無いのですが、ただちょっと大丈夫なのかなぁと言う気はしてしまいますね。「きんモザ」「ごちうさ」もいいけどそれだけに頼ってたらアカンよ、と。最近のMAX見てるとそんな思いは抱いてしまいます。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...