「まんがタイムきららキャラット'15年6月号」感想。
2015年 05月 13日 (水) 00:55 | 編集
では、遅くなってしまいましたが先月28日発売のきららキャラット感想、行きましょう。


kirara_carat201506s


・表紙
今回の表紙は「キルミーベイベー」。しかしなんなんですかこのまるで香港アクション映画みたいなデザインの表紙はwww2人の躍動感溢れる(?)ポーズもですし、背景の燃えた様な感じだとかキャラ紹介もいちいち「出演」だとかw

そして何より「切身赤子」のタイトル文字。いやベイベー→赤子は分かるけど切身ってなんなのよ切身ってwwwキルミーだから切る身→切身ってそんなワケあるかー!!w


まあ、この作品にいちいちそんなこと突っ込む方が野暮なのかもしれませんね…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとかあれこれ。


・Aチャンネル
今回の話、肉嫌いの僕にとっては読んでてちょっとツライものがありました…焼き肉食べ放題でのるんちゃんの肉肉サンドとかトオルの肉丼とかもう読んでるだけで吐き気が…ww


・ばーどすとらいく!
今月の鳥的小ネタ。猛禽類は基本、メスの方が身体が大きいと言うのは本当ですね。

メスは身体が大きくて力が強く、オスは小柄で運動性が高い。それを活かして子育て時期には身体の大きなメスが巣を守り、小回りが効いて運動能力の高いオスが獲物を捕まえてくると言う分業がなされていたりします。


・NEW GAME!
待望の社員旅行編。しかしこれ、なんか色々な百合フラグ立ってませんか…嵐に怯える(?)八神さんに青葉ちゃんが手つないで一緒に寝ようとしたりとか、風邪引いちゃった八神さんにつきっきりで面倒見る遠山さんとか…。

いやまあ遠山さん→八神さんは今更言うまでもなくガチなんですけどね。しかしこれ、単に風邪引いたから面倒見てあげてるだけじゃなくって、その前の晩の青葉ちゃん→八神さんに対する嫉妬や対抗心みたいのも絶対にありますよね。

そして一番の見所は珍しく積極的なひふみちゃん。彼女が自分から率先して青葉ちゃんにスキー教えてあげると言い出したり…何気にこの二人の仲が進展しちゃいそうな予感がします。

あと、彼女たちの影で目立たないのですが何気にはじめ×ゆんがいい感じになりそう?


・ごきチャ
やっぱりはかせさん可愛いですよね。確実に変人だけど。


・異なる次元の管理人さん
もう清々しいまでにベッタベタなラッキースケベ展開ですね。だが、それがいい!!

しかし53ページでのポラリスさん×スズキさんのカットとかもう、そのまんま薄い本的展開に突入しちゃっても何の不思議もないな。だってこの体制だとポラリスさんの目の前にちょうどスズキさんの●✕△があってそのままあむぅry


・まちカドまぞく
シャミ子ちゃんの受難体質がなんだかもう可哀想過ぎます…ww


・こみっくがーるず
きららMAXからの出張ゲストですね。いやでもゲストなんだけど、何気に今月キャラットで一番爆笑したのこの作品かもしれません。普段のMAX連載よりもむしろ調子乗ってたんじゃないでしょうか。

琉姫ちゃんが機械オンチだろうと言うのはまあ想像通りだったのですが、しかしそれにしてもボケ方が随分と酷いことになっています。パソコン本体の方を謎の箱と言っちゃうのはまだしも、デジタルな座り心地のイスって何だよそれ!!w

その後もデジタルペンで描いたらカクカクしてる→デジタルだからシャープとか、書き損じをディスプレイ拭いて直そうとしたりとか、ベッタベタな機械オンチっぷりがとても楽しかったですね。

そしてなんだかんだで琉姫ちゃん、パソコン&デジタルペンで漫画描ける様になったのだけれど、そして生まれた漫画が酷すぎるww

kirara_carat201506cmg_s

「私にインストールプリーズ…♥」

いやこれ一体何をインストールするんですかね? いやむしろインストールじゃなくってインサry

漫画のタイトルだけじゃなくって中身の方も「俺とスリープモードに移行しようぜ」とか「上書きで保存しないでぇぇ」とか酷いのですが、でも実際、一部の少女漫画ってこういうのあったりしますよね…?


・すわっぷ⇔すわっぷ
今月のセンターカラー扉絵がもう素晴しすぎる件。

kirara_carat201506swsw_s

いやこれヤバイよヤバイでしょ。春子ちゃんのあのトロンとしたハイライトの無い、いわゆるレ●プ目な目つきに露出度高いこのビキニ。これもうストレートに股間にキますね(直球)

あと、髪結びを片方ほどいているのもポイント高いです。うん…これ間違いなく事後だわ(何が

話の方も勿論最高でした。美少女4人でプールとかもうなにそのエルドラド。しかしプールに潜ってキスしちゃうのはなんかもう桜Trickを思い出してしまいますね…w

ただ、その潜ってキスのシーンなんだけど、春子&夏子がしっかりと手を握り合ってるのがポイント。一応今のところ「入れ替わりの為に」キスをすると言う名目が成り立ってはいるのだけど、だったらあんな風に固く恋人握りする必要はありませんよね?

つまり…2人はもうお互いに無意識に好き合っている(無論百合的な意味で)と言うことで間違いないハズです。はい。


・だいたいこんなンで?
こかげちゃんの人見知りっぷりは結構ヤバいレベルですよねこれ…しかし彼女のことだから風邪でネギ持ってきた→おしりにでも突っ込むつもりなのかと思ったのですがさすがにそれは無かった様です(?)


・ぱわーおぶすまいる。
なんですかこのギャルゲー的展開は(いつものことだけど)

と言うかこれ、虎道さんルート完全入っちゃってるじゃないですか…でも宗馬くんっていっつもそうだよなぁ。まゆさんルート入ったかと思えばみくさんルート入ったり虎道さんルート入ったり…もしやコイツ、いわゆるハーレムエンドを狙っているとでも言うのか!! ええい爆発しろ!!


・癒さレクチャー!
バッチリ雨対策してきたのに最後の最後にビショ濡れでもやシス貯めこんじゃう麗ちゃんは可哀想でしたけど、でもおかげでみなからレインシューズ買ってもらえたりとか、悪いことばかりでも無かったのでは?

しかしこの作品、おそらく代原ゲスト的扱いだとは思うのですが、麗ちゃんも他の皆も可愛らしいし「もやシス」と言う言葉の響きもキャッチーですし、そろそろ連載にしても良いと思うのですけどね…。


・イキモノシステム
遂にこの作品も最終回を迎えてしまいました…って、先月にそんな告知なかったのにいきなりラストなのでちょっとビックリです。まあ、展開的にラスト近いのは分かってはいましたが…。

結局、エマーソンの能力によるものなのか、ゆにちゃんはキリちゃん達と同じ一年生と言うことになった様ですね。そのゆにちゃんからはネコ耳(?)が無くなっています。

そして皆、エマーソンの存在なんて完全に忘れてしまっているかと思いきや、キリちゃんだけかすかにその記憶があるのでしょうか。最後に皆が出会った野良猫、これエマーソンですよね?

ラストの「夢を現実に」これはもう、エマーソンを連れて行って部室で飼うと言うことですよね。こうして話が最初へ繋がる…と、あれもしかしてこれって無限ループ…と言うのはさすがに考え過ぎですねw

最後の方の展開はあまりに急過ぎて驚きましたし若干ついていけない感もありましたが…その辺りは今月発売の単行本2巻でじっくり読みなおしてみたいと思います。ユイザキカズヤ先生、本当にお疲れ様でした!!


今月は以上で。

少し前に完結した「あまゆる。」そして今回最終回を迎えた「イキモノシステム」と、自分の中でかなり上位ランクで好きだった作品が終わってしまったのにも関わらず、勢いが落ちないなぁと言うのがここ最近のキャラットに対する印象です。

やはり「すわっぷ⇔すわっぷ」の存在が大きいのかな、と。あとは今月で言えばMAXからの出張ゲストが非常に強力でしたし。

ただその一方、今月の数多かったゲスト作品のうち幾つかはちょっと…と思うレベルのものもあった気がします。まあ今月は休載が多かったのでその辺りは仕方ないのかもしれません。


Comment
この記事へのコメント
NG、まぞく、すわっぷ。私見かもしれませんが新鋭三本柱が確実に育って磐石の体制が整ってきているのかもしれません。ここへ次回、浜弓場双先生が加わるとかキャラットの未来は明るいか?
2015/ 05/ 13 (水) 20: 23: 25 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
今回ブレンドSも休載したので物足りない気分になりましたね・・・
現状キャラットは萌え4コマというコンセプトを生かしたあらゆるジャンルが揃った賑やかな雑誌になっております
今ある連載は今後も長く続いてほしいと願うばかりです
2015/ 05/ 17 (日) 10: 45: 21 | URL | maruta # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
仰るとおり、キャラットは最近非常に安定して面白くなっているなぁと僕も感じています。
浜弓場先生の作品、ゲストでかなり良い感じだったので連載でもそのままの雰囲気で行って欲しいですね。

>marutaさん
確かにブレンド・S休載は残念でした。
仰るとおり、今のキャラットは非常に作品のバラエティに富んだ雑誌となっていますね。
このままの勢いを保って行って欲しいものです。
2015/ 05/ 22 (金) 21: 24: 09 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...