艦これ日記5月17日(2015年春イベント)。
2015年 05月 17日 (日) 16:28 | 編集
と言うワケで艦これの2015年春イベントもいよいよ明日のメンテでもって終了ですね。

さて、前回の日記でなんとかE4突破まで出来たと書いたのですが、なんだかんだでその後結局、エクストラオペレーションのE5までクリア出来てしまいました…。


ボスのコイツが硬くて最後のゲージ削り時に苦労しましたが…。

kankore20150505_07s

kankore20150505_09s

最後は長門さんが決めてくれました。長門さん、実はウチで一番最初に来た戦艦なのですが着任以来ずっと本当にお世話になってます…今後もよろしく!!


このE5なんですが、鈴谷×熊野もしくは三隈×最上でルート固定出来るのですが、幸いにもウチには鈴谷ちゃんと熊野ちゃんがいてしかも2人とも結構育てていたんですよね。なのでこのステージではずっと活躍してもらいました。

あと、道中に怖い夜戦マスがあるのですが、いわゆる潜水艦デコイを使うとかなり楽に切り抜けられると言うことでゴーヤちゃんにずっと囮になってもらいました…ごめんねゴーヤちゃん。

しかしこの潜水艦デコイ、作戦としては非常に優秀だと頭で理解していてもやっぱり非常に心が痛くなります。ダメコン積んで轟沈しない様にしているとは言え、それでも胸がチクチクと痛くなります。

なまじ潜水艦のコ達ってみんな可愛いし、とりわけゴーヤちゃんって提督に懐いているし本当に可愛いから…あまりに心が痛むので、しまいにはダメコン積んだ上で旗艦にしてました…。

これならたとえ万が一があっても轟沈ボイス聞かずに済みますし、旗艦に据えて経験値多めに取れることでせめてもの罪滅ぼし、と言うヤツです。


しかしこのE5なんですが、それまでのステージとはまるで雰囲気が異なりますね。それまでのステージはBGMなんかもちょっとこう、どこかお祭り騒ぎ風で賑やかな感じだったのがこのE5に足を踏み入れた途端、まるで別世界に。

静かで、それでいて荘厳なBGMがまるで鎮魂歌の様で…いやこれは本当にそういう意味合いがあるのかもしれません。戦いの最中に各地の鎮守府で沈んでいった艦娘達への鎮魂歌かそれとも深海棲艦達への鎮魂歌か。

もしかすると、世界の海の底で眠る…かつての大戦で散っていった軍艦達への想いが込められているのかもしれません。


さて、E5をクリアしたところでとりあえずもう僕の中ではイベントは終了しました。この先のE6は足を踏み入れたところで今のウチの艦隊練度ではとても太刀打ち出来るとは思えなかったですし、なによりこの時点で僕の精神力も資材も尽き果てましたww

なのであとは、クリアしたステージの中でも比較的楽だったE1とE3をひたすらに周回してはずっと、レアなコ達との邂逅を求めてさまよってました。


その結果、ウチにいなかったコ達がたくさんやって来てもう嬉しい悲鳴w


まず、時津風ちゃん。

kankore20150506_00s

彼女はE3の周回を初めてすぐ、いきなり1発目に出てきてくれました!!

珍しい金レアの駆逐艦娘。このコ、今のところ通常海域での実装が無いんですよね。なのでこういうイベント海域じゃないとお目にかかれないと言うレアなコ。正直言ってめちゃくちゃ嬉しいです!!

それにこのコ、めっちゃかわいいです。「しれぇ~」て言う舌っ足らずな呼びかけ方がもうクセになりますし、あと改になることで放置ボイスと時報が付くのですがこれがもう破壊力満点!!

とりわけ放置ボイスはある意味では有名なので、ニコ動等で目にされた方も多いのでは? 個人的には正午の時報ボイスが可愛すぎてもう萌え死にました…ああもうこのコ本気の本気で娘にお迎えしたいわ…。


次に阿賀野さん。

kankore20150506_03s

このコは通常海域でのドロップは場所が非常に限られていますし、一応建造も出来るのですがなんと大型建造限定と言うね…軽巡洋艦娘なのに大型建造のみってww

史実では軽巡洋艦の完成形とか言われているらしく、そのせいかステータスちょっと高め。あと一部のパーツが軽巡と言うよりまるで重巡か戦艦の様に大きいです。何かは知りませんが。

今回のイベントで、軽巡のコをあまり育てていなかったことを痛感したので、このコはしっかり育てて主力戦力の一人として活躍してもらいたいなぁと、そう思ってます。

ちなみにこのコ、時津風ちゃんドロップ後のすぐの周回で出てきちゃったので(同じくE3)、その時はもう笑いが止まらなくなりましたね…ww


今度は周回をE3からE1に移して…そして出たのが浜風ちゃん。

kankore20150506_07s

このコは通常海域でも出るらしいですし、一応これまでもドロップ狙いで該当のマップを回ったりしてみたこともありましたが全く出会えず…なので来た時はやはり嬉しかったですね。

銀髪にブルーの瞳が印象的でとてもクールな印象。実際、彼女は一見クールっぽい感じなのですがでも内に秘めたものにはしっかりと熱いものを感じます。セリフの端々に仲間思いな部分を感じますね。

しかし彼女を見ているととても駆逐艦とは思えないですね。同じ絵師さんによる駆逐艦娘で、以前にお迎えした浦風ちゃん(このコもレア)も駆逐艦離れしていましたが、浜風ちゃんはそれ以上です。全くもってけしからん!!

そして彼女、中破すると本当にけしからんことになりますハァハァ


…すみませんけしからんのは僕の頭の中ですね憲兵さんこちらでry


再び周回をE3に移して、長波ちゃん。

kankore20150508_02s

今回のイベント限定艦娘の高波ちゃんと同じく夕雲型駆逐艦のコですね。一応このコは通常マップでも出るらしいのですが、後半海域に限られているのでやはり出会うのには難易度高いかと。

なんかちょっとノリの良い(?)感じのコです。あと、史実のとある司令官さんのことがとても気に入っているらしく、彼の名前ばかりやたらと口にします。僕も負けない司令官になるべく努力するからこっちも向いてお願い!!w


うーちゃんこと卯月ちゃん。ぷっぷくぷぅ~!!

kankore20150509_01s

前に弥生ちゃんは通常海域で出会っていたので、このコも是非ともお迎えしたかったんですよね。なので今回のイベントで出会うことが出来て本当に嬉しいです。

で、このコをお迎えしたことで編成任務と出撃任務がそれぞれ1つずつこなせるので、もうさっさとそれもこなしてきちゃいましたwとりわけ出撃任務の方は該当海域の難易度が低い、司令部レベル80未満のうちにこなしておきたかったですしね。

しかしそれにしてもこのコ、相当に独特なキャラしています。ペアとも言うべき弥生ちゃんが物静かで感情表現が乏しいタイプなのに対してこのコは元気過ぎると言うか一言で言えばウザかわいいと言うかw

とにかく語尾がやたらとぴょんぴょんしてます。あと、ぷっぷくぷぅ~ww


再びE1周回で瑞鳳ちゃん。

kankore20150510_02s

軽空母の中で唯一、普通にプレイしているとなかなか出会えないコ。通常建造も出来ると言うことで何度か狙ってやってみたのですが遂にお迎えすることは出来ず…今回ようやく出会うことが出来ました。

なんか最近では玉子焼きキャラとか「たべりゅ」が定着しちゃってるっぽいですし、僕もニコ動なんかでそっち系のMADを観たこともありますが…w

でも普通に可愛いしとても良い子です。でも格納庫(意味深)まさぐられたらもっと嫌がろうよw


同じくE1で谷風ちゃん。

kankore20150514_02s

先ほどの浜風ちゃんと同じく陽炎型駆逐艦のコで絵師さんも同じ方。ただ、その絵師さんの手掛けられた駆逐艦娘の中で唯一、かなり慎ましやかです…何がとは言いませんが。

でも中破絵が非常にヤバイです。浜風ちゃんとは別ベクトルで非常にヤバイです。なんかもう犯罪の匂いしかしません。ハイエース!! ハイエース!!

性格的にはちゃきちゃき系と言うのか口調がちょっと江戸っ子っぽい。と言うか若干おっさんぽい気もしますが…でも慣れてくるとその口調が段々病みつきになりますねw

ちなみにこのコも通常海域でのドロップは非常に限られているので、今回イベントで出会えてとてもラッキーなコです。


最後にE3で今朝出会った巻雲ちゃん。

kankore20150517_03s

夕雲型駆逐艦のコで、一応通常海域のそれも前半マップでも出会うことはあるらしいのですが…僕は勿論一度も出会ったことはありません。なので今回お迎え出来て嬉しい限りですね。

彼女は艦これには貴重なメガネ艦娘なのですが、なにより特徴的なのはその喋り方。と言うか提督への呼び掛け方でしょうか。なんと「司令官様」!!

「様」付でこちらを呼んでくるコってあとは他には漣ちゃんの「ご主人様」位なのでは…?

まあ漣ちゃんのはあれは完全にネタですけど(でも可愛いけど)こちらの場合、司令官に様を付けると言うのはある意味でマジもんの様付け呼びって感じで何かこう、来るものがありますね…。


と、そんな感じでたくさんのレアな艦娘ちゃん達をお迎え出来てとてもホクホクです。ただ、こんなにたくさん一度にお迎えしちゃうともう育成が追いつかないと言うことにも…。

実際、早めにお迎え出来て重点的に育てた時津風ちゃんと浜風ちゃんはもうレベル35オーバーで改造も改修もしたので前線にも出てもらってますし、うーちゃんはレベル25でこちらも改造して遠征要員として頑張ってもらっているのですが他のコはまだまだ…。

とりあえずは演習中心で気長に育てていくしかないですね。


あと、イベント自体はまだ明日のメンテまでは続くので、もう少しE1の周回は続けてみようと思います。あくまで自分自身にも資材にも、なにより大切な艦娘達にも無理のない程度に、ですが。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...