久々のイタリアワイン。
2015年 06月 18日 (木) 22:36 | 編集
昨日は午前中、「ラブライブ!」の映画を観に行ってました。まだ観てない方も多いと思うので内容等についてはここでは触れませんが、一言だけ。

やっぱり、女の子って美しいですね…本当に美しくて貴い。あ、もちろんここで言う女の子は二次元の美少女のことであって三次元なにそれ美味しいの?なのであしからずww

しかしまだ上映第一週だし劇場混むのかなぁと多少覚悟して出向いたのですが、平日の午前中なおかつ地元(田舎)の映画館と言うこともあってかガラ空きでした…人気作でも平日だとこの状況と言うのを見ると映画ってやっぱり苦しい産業なのかなぁなんて思ってしまいます。

(実は学生時代、映画館でバイトしていた経験があったり)


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。久々にイタリアワインを開けてみました。

WINE_20150617_01s

WINE_20150617_02s

「Cantina Valpantena Garganega Torre del Falasco 2012」
(カンティーナ・ヴァルパンテーナ ガルガネーガ トッレ・デル・ファラスコ)


このワイン、実は買ったの自体はかなり前なんですよね。確か金山のKaldiで買ったのだと思うのですが…買ったのがあまりに以前過ぎて値段とか幾ら位だったか忘れてしまいましたw


さて、まずは抜栓。このワイン、栓は人工コルクですね。抜いた栓を嗅ぐとほんのりと青りんごの爽やかな香りと、それにアルコール感のあるニュアンスとが感じられます。

グラスに注ぐと色は綺麗な麦わら色。輝きのある美しい色合いで、しっかりと黄色く色付いています。

香りは最初はまず爽やかな感じ。柑橘系や青りんごなどのすっとするアロマが立ち上がりますが、そんなに強くはありません。が、グラスの中で馴染ませてやるともっと甘く濃厚な香りがぶわっと広がります。よく熟した黄桃や、蜂蜜の甘い風味。


口に含むとしっかりとした果実味。酸味は程々で、ボディ豊かでふくよかな印象を受けます。もしかすると樽を使っているのでしょうか、香ばしい風味もわずかに感じられます。バニラの様な、ローストされた様な…。

その風味がまた、豊かな果実味とよく合わさっていてとても美味しいですね。

果実味そのものは色々な果実が渾然一体と混ざり合っていて、特に何の果実と言う感じは無いのですが…ただ、飲み進めて時間が経つとパイナップル系統の味が強く感じられる様な気はします。


ガルガネーガと言うといかにもイタリアの白らしい、爽やかで軽いワインのイメージがあったのですが、今回飲んでみたこのワインはまるで真逆だった様に思います。

果実味豊かではあるのだけど、爽やかと言うよりはむしろしっかりどっしり、濃厚なワイン。個人的にはとても好みのタイプの白で、実に美味しく楽しめました。

しかしイタリアワインの地場品種って、イマイチ個性がつかみ難い感はありますね…w


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...