「まんがタイムきららMAX'15年9月号」感想。
2015年 07月 28日 (火) 21:34 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想、行ってみましょうか。


kirara_max201509s


・表紙
今月の表紙は「ご注文はうさぎですか?」。まあ、「きんいろモザイク」のアニメ2期が終わって、そして秋にごちうさアニメ2期が控えていることを考えればこうなるのは分かりますが…。

でもそろそろホントいい加減ごちうさときんモザ以外の表紙を見たいです。そう思っている読者は全体からすれば少数派かもしれないけれど、でも確実にいると思うんですよ。昔のMAXの雰囲気が好きな人ならば多分そうかと。

ただ、まあそれは抜きにすれば今月の表紙自体はとても可愛らしくて良いと思います。

何気にシャロちゃんとチノちゃんって珍しい組み合わせな気もしますが、でもチノちゃんはシャロちゃんを慕っている部分がありますし、シャロちゃんもチノちゃんを可愛く思っているので、そう考えればある意味最もな組み合わせかもしれません。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとかもろもろ。


・ご注文はうさぎですか?
ラビットハウスの新しい夏制服を作ろうという話。そう言えばラビットハウスって一年中ずっと制服一緒でしたよね…。

生地を探し疲れたチノちゃんをココアちゃん達がおぶって帰るシーンだったり、新しい制服が出来上がって見せ合ったりするシーンでの3人の仲良さげなやり取りがなんだか本当の姉妹みたいで見ててほっこりと和みました。

最初はちょっと人見知りっぽい感じもあったチノちゃんだけど、いつの間にかココアちゃんやリゼちゃんとはこんなに仲良くなっていたんですね…と、ちょっと感無量。


・きんいろモザイク
なぜかアリスとカレンちゃんがアヤヤの妹に…と言うか実質お泊り回。アリスに対して「幼稚園はどうだった」のアヤヤの返しに吹きましたwwまあでもやっぱりアリスってそれだけ幼く見えるってことですよね。

あとアヤヤ→ヨーコのお姉ちゃん…うん、これ絶対アヤヤの本音でしょ。彼女はヨーコの妹になりたいと思ってるに違いない。それとアヤヤのお母さんが美人でした。


・こみっくがーるず
琉姫ちゃん初のサイン会。しかしよくよく考えると爆乳☆姫子って本当に酷いペンネームですねwwましてや本人貧乳なのにそのPNでサイン会ってそりゃ憂鬱にもなりますわw

しかしお化粧で生まれ変わった琉姫ちゃんは本当に綺麗で素敵でした。ただあのノリノリっぷり…素の本人と全く違うだけに、それはそれで色々と辛くなりそうな気もします。サイン会の度に演じ続けないといけなくなるワケですし…。

あと、先生が言ってた作家さんやサイン会に対するうんぬん凄く納得。ホント自分が思い入れを持ってる大好きな作品の作家さんって神様にも等しい存在なんですよね。僕自身、数年前にある作家さんのサイン会に行きましたけど、ホント神にお会いする様な気分でした…。


・いちごの入ったソーダ水
男装したるなちゃんがイケメン過ぎて一瞬本当に誰か分かりませんでした…いやでも女子校でこれはまずいでしょ。完全に色々なフラグ立っちゃってるじゃないですか。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
ほたる→亜梨香のご褒美おねだりは本当に危険な香りしかしません。いやほたるちゃんの欲しいものってどう考えても亜梨香ちゃんの「女の子の一番大事なもの」とかでしょう…w

ただ、亜梨香ちゃん母のサインうんぬんの話の後のほたるちゃんの反応はちょっと新鮮。これは亜梨香ちゃんならずともビックリです。普段とあまりに違い過ぎて。

それにしても亜梨香ちゃんもほたるちゃんに対する態度がだんだん軟化してる様に見えますし、これは冗談抜きで「彼氏」ではなく「彼女」が出来ちゃう展開もでありえる…?

あと、皆で亜梨香ちゃん宅に訪れる→亜梨香ちゃんの家庭や家族が見られるのは楽しみですね。


・ペンにまします神サマの
ファンタジー界の住人ならテレビを知らないと言うのは分かりますしネタとしても結構ありそうなネタなのですが、それをこれだけ馬鹿馬鹿しくも面白可笑しい話に仕立てあげる佐古先生の力量は本当に凄いなぁと感嘆します。

アルペコフさんの勘違いしたままクールに振る舞ってる様とかもう全編通して爆笑ものでした。何気に破壊神ちゃんがきちんとテレビの概念を知ってるのもおかしいですw

そしてこの作品、ついに来月から連載開始だそうで。佐古先生の作品がゲスト掲載される度に連載で読んでみたいとずっと思ってたのですがそれがようやく叶います…これは本当に嬉しいですね。


・水瀬まりんの航海日誌
この作品も遂に最終回。前回の引きで陽炎や舞ちゃん達がどうなったのか凄く気になったのですが…まりんちゃんは元の世界(地球)で普通に高校生として暮らしていた様ですね。

そこへ突然訪れるアリサさん。そしてまりんちゃんを連れて再び海球への旅に誘います。この辺りなんだか色々すっ飛ばしちゃってますけどどうやらアリサさんは実は凄い人だった様なので多分何の問題もないのでしょうw

そしていざ海球へ…となった時に突然飛行機から放り出されてしまうまりんちゃん。彼女がパラシュートで落ちて行く先にいたのは陽炎、そして舞ちゃん達…この再会シーンの描き方がすごくグッと来ました。

実は陽炎も舞ちゃん達も皆きちんと無事でいて、再会を盛り上げる為にアリサさんも一枚噛んで仕組んでたってことなんですよね。まあ、ハプニング過ぎてまりんちゃんは少し怒っていた様でもありますが…w

結局、舞ちゃんの出身はいまだ謎のままで、今度はそれを解き明かす為にまりんちゃんも含めた航海に出ると言う最後の〆も良かったです。彼女達の航海はこれからもまだまだ続く…きっと色々な困難も襲ってくるかもしれないけど、でも彼女達ならきっと大丈夫。そう思います。

フクハラマサヤ先生、連載本当にお疲れ様でした。クライマックスへ至る部分の展開だとか毎回とてもわくわくしながら読ませて頂きました。これだけ読んでて心が踊る作品に出会えたのは久しぶりな気がします。

来月発売の単行本2巻も楽しみにしています!!


・アイドル声優☆上村とまり17歳
冷静に考えると娘の蒲団に勝手に潜り込んだり娘にちゅーをせがんだりする母親って相当にアレですね…いや冷静に考えなくてもアレかw


・ハナイロ
沙里ちゃんっていっつもまのちゃんにハァハァしてる様でいてホント肝心な時にヘタレですね…いざ二人っきりになると何も出来ないとか。いやでもそのヘタレさが逆に良いのかもしれません。ヘタレなことは奥ゆかしきことかな。

しかしいち子ちゃんは策士と言うか何と言うか…この人はかわいい女の子と百合の為ならホント手段を選ばん人ですね。まあちょっとツメが甘かった感がありますがw


・スクール・アーキテクト
作品タイトルの「スクールアーキテクト」と言う単語がとうとう本編に登場しましたね。と言うことはこの章がこの作品のストーリー最大の核心と言うことになるのでしょうか…。

まあ今回の話で20話目と言うことですし、2巻分のボリュームで考えればこの章が最終章と言うことにもなりそうですね。あとはあまりシリアス方向に傾いてほしくはないな…と、そう思います。


・アリノス☆ワンダーランド
たかみん×ナカちゃんのこの関係性良いですね。ナカちゃんにとってはもはや、絵を描くことそのものよりもたかみんが喜んでくれること、それが一番なんですよね。

だけど最後のナカちゃんの引っかかり…まだ2人の関係性について色々と模索をしたいみたいですね。この辺り、もしかするとルリ×みかの関係性が何かヒントを与えたりするのかもしれません。

それにしても麻婆豆腐食べた時のルリちゃんの顔…確かに可愛すぎて、これはみかちゃんならずともやってみたくなっちゃうのも分かりますw


・○本の住人
夏休みの友がこんな壮大な話になるとは…ホントkashmir先生の頭の中はどうなってるのでしょうかw

しかしそこからの最後の展開とかズルいです。あまりにズルい。この作品、基本的にカオスなギャグをベースとしながらもたまに家族愛とかに訴えるいい話ぶち込んでくるの本当にズルいです。


と、今月は以上で。

今月、ちょうどきららMAX発売から間もなくで旅行に出かけたりしてたので、読むのも感想まとめるのも少し大変でした…(実は帰りの新幹線の中で感想まとめていたりw)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...