2015年7月・九州鉄道旅(2)
2015年 08月 01日 (土) 20:55 | 編集
- 一日目(中編)・由布院をぶらぶら -

由布院の駅に着いて降りてみると、駅構内にはちょっとしたギャラリーが併設されています。

201507kyusyu021s

地元の作家さんによるものなのか、JR九州の様々な車両をモチーフにした絵画や粘土細工など色々な作品が展示されていました。中には近年の車両だけではなく、キハ58の昔の塗装など今となっては見られない車両のものあって懐かしい気持ちに…。


201507kyusyu022s

由布院の駅舎自体はモダン・クラシックと言った趣でしょうか。観光地っぽいと言えば観光地っぽい駅と言う感じでもあります。


さて、観光へと繰り出す前にまずは一旦宿へと向かいます。と言っても宿はまだチェックイン出来る時間では無いのですが、とりあえずキャリーバッグの荷物だけ預かってもらいに行くことにします。

201507kyusyu023s

201507kyusyu024s

今回泊まる宿は由布院の観光メインストリートとは別の通りにあります。その為、通りにはお店等ほとんど何も見当たらないのですが、その分鄙びた、良い風景が楽しめます。

清流のせせらぎに、向こうの方にそびえ立つ山は由布岳でしょうか…?


そして宿に一旦到着。

201507kyusyu025s

こちらが今回お世話になる宿、「牧場の家」さんですね。茅葺屋根の、なんとも情緒のあるお宿。ここで今夜一晩を過ごすのはとても楽しみです…。

さて、この宿で荷物をおあずけした時に、僕はまだチェックイン前なので名前を名乗ってなかったのですが、向こうの方が名前で呼びかけてきたのでビックリしたんですよね。

なんで名前知ってるんだろう…と思ったのですが、これは恐らくきっと、男性の一人旅客と言うことで目立ったのでしょう。つまりこの日、男性一人旅の客は僕しかいないと言うことか…w


さあ、宿に荷物を預けたのでこれより由布院観光へと繰り出します。まずは由布院名物の観光馬車に乗ってそれで街を散策…と思ったのですがなんとこの日はあいにく、馬車が全面運休とのこと。仕方ないので歩いて観光に行きます。


メインストリートを金鱗湖の方目指してどんどん奥へと歩いて行きます…そしてまず、目に止まったこの建物に入ってみることにしましょう。その名も「由布院昭和館」。

201507kyusyu026s

ところでこの建物の前まで来た時に、韓国人の旅行客の方に金鱗湖はどこですかと尋ねられたんですよね。やはり本当に外国の旅行客が多いのだなぁ…と改めて思いました。そしてそれよりも、道聞くは良いけどこちらも観光客なんですがって言うw

まあ、地図持ってたので問題なく教えてあげることが出来ましたが。


さて、昭和館なんですが、中へ入るといきなりのダイハツ・ミゼットww

201507kyusyu027s

これ、今の人だと逆に東南アジアのタイで走ってる車として認識があるかもしれませんね。タイではこの車がタクシーとしてたくさん走っていたりします。


館内は昭和・昭和・昭和…。

201507kyusyu028s

201507kyusyu029s

由布院は外国人観光客が多いと書きましたが、彼らの目にはこれはどんな感じに映るのでしょうか。いやこれはきっと人種・世代によって色々な感じに映るのでしょうね。

この時代を知っている人は本当に懐かしいと思うかもしれません。僕みたいに昭和生まれだけどさすがにこの雰囲気を生では知らない世代だと、懐かしい様な見覚えあるような…でも本当は知らないと言う、なんだか不思議な気持ち。

もっとずっと若い、それこそ平成生まれの人たちだとどんな風に感じるのでしょうか?


この建物に併設されていた、山下清の美術館の方も見学してみました。山下清の作品は何度か観に行ったことありますが素朴で良いですよね…しかしこの方、全国放浪のキッカケとなったのは兵役が嫌で施設を飛び出したのだと言うのは、ここに来て初めて知りました…。

(実際には障害の関係で兵役は免除となる様ですが)


昭和館を後にしてずっと歩いていきます。そして金鱗湖に到着しました。

201507kyusyu031s

201507kyusyu030s

「湖」とありますが、周囲400メートル位なのでさほど大きくはありません。実質は湖と言うより池?

ただ、水はかなり綺麗で透き通っています。そして魚が多い…非常に魚影が濃いのが分かります。ただその魚の大半がティラピアばっかwwどうもこの金鱗湖、外来魚のティラピアが大量に住み着いてしまっているようですね。

これは恐らく、金鱗湖に流れこむ川の中に温泉水の湧き出ている温かい川がある為かな、と。その為かティラピアだけでなくグッピーまで生息しているらしいです。

しかしこれだけたくさんいるティラピア…何かに利用できないかなぁと考えてしまいます。由布院名物金鱗湖のティラピア…として宿での夕食に…とかねw元々は食用目的で移入された魚なので味はきっと悪くないのでしょうし。


金鱗湖の周りをぶらりと歩いて散策。そして湖畔の美術館併設のカフェに。美術館はシャガールの美術館なのですが、やはりこういう美術品って面白いなぁ…とつくづく思います。良い悪いとかじゃあなくってこれは本人に合うか合わないか、感性の問題なんですよね。

そういう意味では僕にはちょっとシャガールは難しかったですww

そしてカフェの方に。

201507kyusyu032s

201507kyusyu033s

湖畔の見えるオシャレなカフェでオシャレスイーツwwせっかくの観光地なんだしこういうの頼んだっていいじゃない!! 男一人だけどな!!ww

しかし湖畔の見えるカフェでスイーツとコーヒーで過ごすのんびりとした一時…それはそれはなかなかに贅沢で幸せな時間でしたよ?


さて、由布院の街の散策を終えて、時間もちょうど良い感じなので宿へ向かうことにします。が、この時から小雨が降り始め…おまけに歩いているうちに道に迷ったりしてしまって結構散々なことにw

更に道中、酒屋や土産物屋に立ち寄ってあれこれ自宅へのみやげ品など買ったりしたのですが、そうこうしているうちに雨足が強まって本当に悲惨なことにww


まあ、なんとか宿へはきちんと戻ってこれましたので良しとしましょう…さあ、これからは宿でのんびりゆったりと、オトナのリラックスタイムです。


2015年7月・九州鉄道旅(3)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...