2015年7月・九州鉄道旅(9)
2015年 09月 12日 (土) 06:20 | 編集
- 三日目(後編)・海幸山幸、そして宮崎の夜 -

南郷の町めぐりを終え、駅へと戻ってきました。そして再び「海幸山幸」へと乗り込みます。

201507kyusyu128s

帰りの海幸山幸は南郷を15時35分の出発。お客さんは行きに比べてちょっと少なめですね。やはり片道利用の方とかもいらっしゃるのでしょう。

とは言え、南郷にはあまり泊まる宿や遊ぶ場所も無さそうな気もしますが…もしかすると南郷から先へそのまま日南線を使って旅をする、そんな方もいたのかもしれません。


乗車して、列車が走りだしてすぐに客室乗務員のお姉さんにお願いしてビールを購入。

201507kyusyu129s

宮崎県の「太陽のラガー」。行きの海幸山幸ではアルコールは飲みませんでしたけど、帰りはもう飲んじゃいます。せっかくの観光列車なんですから、楽しまないと!!w

「海幸山幸」と言う素敵な車両、そしてその車両での素晴らしい鉄道旅に乾杯です。

この「太陽のラガー」、香り高いのだけれどどっしりとしていてコクがあります。良いですね…実に良いです。日本の大手メーカのビールって大概がピルスナーばかりだけれど、こういう地方のビールだとそれ以外の色々な種類が飲めるのが良いですよね。


海幸山幸の旅、帰りも当然道中は全く同じ道のりなのですが、それでも時間によって車窓に映る景色は少しずつ違っていたりもします。

201507kyusyu130s

行きの車中ではちょうど満潮の為に観られなかった「鬼の洗濯岩」、それが今度は引き潮だった為にバッチリその姿を拝むことが出来ました。

まるで巨大な洗濯板の様な岩が非常に長い距離に渡って海岸線沿いに続いています。


ビールでの心地好い酔いと列車の揺れに身を任せ、客室乗務員さんの沿線案内に耳を傾けながら車窓の風景を楽しみながら…17時14分、終点の宮崎に到着しました。

201507kyusyu131s

海幸山幸での旅、それは本当に楽しく素晴らしいものでした。車両自体もユニークで旅の気分を盛り上げる楽しいものでしたけど、客室乗務員の方や駅で見送りをしてくれた駅員の方たち、JR九州の皆さんが沿線を盛り上げて客を精一杯に楽しませようと言うのがよく伝わってきます。

初日に乗った「ゆふいんの森」もそうでしたけど、本当にJR九州は列車での観光に力を入れているんだなぁと言うのがよく分かります。これからもどんどん、こういう楽しい列車を走らせていって欲しいですね。


さて、ホテルへと戻りしばし休息。ホテルは昨日に引き続きホテルスカイタワー。そして休んだ後に街へと繰り出します。さあ、楽しい一日の締めには美味しいお酒と美味しい海の幸、これですよ。

201507kyusyu132s

この日向かったお店はこちら、「三代目みうら」さん。こじんまりとしたお店です。カウンターに腰をおろして初っ端から日本酒を注文。今日は列車の中でビール飲んだので、いきなり日本酒でもいいかな…と。


まずはお刺身を何か…店内には水槽があり、メニューにもその日に活き造りに出来る魚が記されています。その中にシマアジがあったので頼んでみると…残念、シマアジは少し弱りかけてたのでつい先程締めてしまったところだとか。

ただ、締めたのはつい先程。と言うことで当然刺し身には出来ます。1人前で作ってくれるとのことだったので頼んでみました。

201507kyusyu133s

これが口に入れてみるとプリップリのコリコリで脂が乗っててとても美味しいです。うん、活き造りじゃなかったのは残念だけれど多分味的には活き造りとなんら変わりません。頼んで良かった…w


もう少し何かお刺身食べたいなぁ…と思い、昨日に引き続きまたもやカワハギの活き造りを頼んでしまいました。

201507kyusyu134s

カワハギ、やはり美味しいです…昨日も食べましたが本当に美味い。透き通った身は歯ごたえしっかりコリコリとしていて、あっさり淡泊なんだけれどなんとも言えない旨味があります。そしてまたこの肝がね…肝をポン酢に溶いてそこにカワハギの身を浸して食べるともうたまりません。

正直、フグ刺しよりもカワハギの方が上なんじゃないかな…とすら思います。

ちなみにカワハギ頼んだのは、昨日食べて美味しかったから…と言うのもありますが、店内の他のお客さんが頼んだのに釣られてと言うのもあります。でもこれで頼んで正解でした。と言うのも、僕が頼んだ一匹がこの日の最後の一匹だった様なので…w


少し野菜が欲しいなと思い頼んだのがアスパラのビール揚げ。

201507kyusyu135s

ビールを衣にふくませたおかげなのか、外側の衣がカリカリとして非常にクリスピーな食感。それでいて中のアスパラはジューシィな風味を保っていて、そのコントラストがなんとも楽しい一品です。


カサゴの唐揚げ。

201507kyusyu136s

しかしこれが予想外にでかかった…もっとこう、唐揚げだし小魚サイズが出てくるかと思いきやとんでもないボリュームたっぷりなのが出てきてしまいました…おかげでもうこの一匹でお腹がいっぱいになりました…w

日本酒の方は最初に綾錦の生吟醸、その後は千徳の生貯蔵を。綾錦はすっきりと香り高く、千徳の方はややクセがあって玄人向きな印象。しかしこのカサゴの唐揚げのパンチの効いた味には千徳のどっしり感がとてもよく合います。


そして締めには、カワハギのアラをやはり味噌汁にしてもらいました。するとこのお店も昨日のお店と同様に白味噌仕立てで、ショウガを効かせてあります。なるほど…魚のアラ汁にはショウガを効かせると言うのがきっと宮崎の味なのでしょう。


こうして散々飲んで食べて大満足。しかしまだ夜は終わりません。と言うのも昨日・本日と宿泊しているホテルスカイタワーには実は展望バーがあるのです。昨夜は行きませんでしたが今夜はちょっと覗いてみることにします。

201507kyusyu137s

ホテル最上階からの宮崎の夜景と言うのもなかなかにオツなもの。このバーでカクテルを、マンハッタンとマティーニを頼んでみたのですがどちらも美味しかった…。

カクテルなんて普段飲む機会はほとんど無いのですが、たまにはこんな場所で頼んでみたくもなりますね。そして僕は、カクテルを頼む時は決まってマンハッタンを頼んでしまいます。あの味、好きなんですよね…。


さあ、いよいよ今回の旅も後半戦へと入ります。明日は宮崎から鹿児島へと向かいます。


2015年7月・九州鉄道旅(10)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...