2015年7月・九州鉄道旅(11)
2015年 09月 30日 (水) 23:57 | 編集
- 四日目(中編)・783系に初乗車 -

フェニックス自然動物園を満喫し、ここで小腹が減ったので園内の食堂で一休み。

201507kyusyu156s

お昼ごはん代わりに(?)チョイスしたのは日向夏のソフトクリーム。これが柑橘系のソフトだからてっきりシャーベットタイプかと思いきや…ミルクたっぷりのしっかりとしたソフトクリーム。

ミルク分は濃厚なんだけれど、でもきちんと柑橘の甘酸っぱさも感じられて、これはとても美味しいソフトクリームでした。


さて、腹ごしらえも済んで時間は13時ぐらい。宮崎の駅へと戻ります。行きは宮崎駅から動物園まで直行のバスがあったのですが、帰りのこの時間は直通のバスがありません。

まず、動物園からイオンまで運行されているシャトルバス(無料!!)に乗って、イオンから市バスに乗り換えて宮崎駅へと戻る形になります。このシャトルバスが近辺のリゾート施設をあれこれ回って走って行くのですが、道中の景色がなかなかのものでした。

201507kyusyu157s

海辺にヤシ科の木々。ああ…なんだかとってもリゾートな気分になりますね。

ところでイオンでバスの乗り換えと書きましたが、実はシャトルバスの着く場所と市バスの発車場とがまるで正反対の場所にあるんですね。しかもこのイオンがやたらとでかくて広くて…なんとか乗り換えに間に合いましたがちょっと大変でしたw


宮崎駅に戻ってバスを見るとちょっと面白い表示が出ていました。

201507kyusyu158s

「すみません回送中です」

こんな表示見たことがありません。こういうのって大概事務的に「回送中」とだけ出ている場合が多いものですが、こんな風に「すみません」と書かれるとなんだかほっこり和む様な不思議な気分になりますw


さて、ここからは鹿児島へと向かいます。僕が乗るのは14時15分発の特急「きりしま」13号。

201507kyusyu159s

車両は783系。実はこの車両、乗るのは今回が初めてなのでとても楽しみだったりします。

201507kyusyu160s

サイドビューには「783」のロゴが大きく描かれ、車両型式をしっかりと主張。ところでこの車両、デビュー当初から何度か塗装変更がされて今はこんな感じの全身シルバーメタリック塗装。

これはこれで都会的でカッコ良いのですが、しかし日光の反射が凄い…とりわけ最も日の登るこの時間帯、ホームで写真を撮るも反射しまくりで大変でしたw


変わっているのがこの車両、ドア配置。各車両にドアは一箇所なのですが、そのドアが車端部ではなくなんと車体の中央。そのドア周りにデッキがあり、デッキの両側に半室構造の客室があると言う形になっています。


車内へと足を踏み入れるとデッキ部分の鮮烈なブルーに目を奪われます。

201507kyusyu161s

やはりJR九州の車両は内外装共に色々と強烈なイメージの車両が多いですね。


普通車の車内はこんな感じ。

201507kyusyu162s

横4列にリクライニングシートが並ぶオーソドックスな車内…なのですが、座席のカラーリングがなかなか凄いことになっています。イエロー、パープル、オレンジ、グリーン…4つ全て色が違うと言うのはかなり珍しいパターン。

天井や荷物棚の造作などを見ると少し時代を感じさせます。この車両が生まれたのはJR発足後のことなのですが、まだどこか国鉄っぽさが抜けきっていない感じ?


僕が乗るのは先頭車両のグリーン車です。

201507kyusyu163s

201507kyusyu164s

グリーン車は普通車とは打って変わってグレー系の落ち着いた配色の座席。大きなリクライニングシートが横3列に並んでいます。床にはしっかりと絨毯が敷かれ、照明も間接照明を用いて高級感のある雰囲気。

また、座席のある部分は通路よりも10センチほど高くなっているセミハイデッキ構造になっているんですよね。更に窓が上下方向にとても大きく、眺望にしっかりと配慮した造りとなっているのが分かります。

座席の座り心地もどっしりとしてなかなかのもの。勿論フットレストもしっかり完備しています。


さて、「きりしま」は定刻通りに宮崎駅を出発。列車はほどなくして山の中へと入っていきます。

201507kyusyu165s

車窓はひたすらに木。山中の森林の中に線路があると言った感じです。同じ日豊本線の先日乗った大分~宮崎間も山の中でしたけど、この宮崎~鹿児島の方が更に山の中と言った感じがします。携帯電話の圏外になる区間も多いです。


783系の先頭車両からは前面展望が臨めます。

201507kyusyu166s

前面を観てもやはり線路の両側に木々がたくさんあるのが分かります。


201507kyusyu167s

途中、787系の列車と車両交換。


ずっと山間を走っていく「きりしま」ですが、鹿児島が近づくにつれて徐々に平地が多くなってきます。隼人辺りまでくるともう完全に山からは降りた感じになりますね。

201507kyusyu168s

車窓に錦江湾が見えてくると終点、鹿児島中央はもうすぐそこです。


そして16時22分、宮崎を出て約2時間で鹿児島中央に到着しました。

201507kyusyu169s

201507kyusyu170s

鹿児島にやって来たのは何年ぶりでしょうか。そして前回訪れた時は鹿児島で折り返しただけで滞在はしていないんですよね。鹿児島の駅できちんと降り立ったのはもう10年以上ぶりになるでしょうか…その当時はまだ鹿児島中央ではなく、西鹿児島という駅名だったかと思います。

さあ、今夜はこの鹿児島の地で過ごします。


2015年7月・九州鉄道旅(12)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...