「まんがタイムきららミラク'15年11月号」感想。
2015年 09月 20日 (日) 20:24 | 編集
では、16日発売のきららミラク感想、行ってみましょう。


kirara_miracle201511s


・表紙
今月の表紙も「城下町のダンデライオン」。アニメ放映の方は今月一杯までなので、そうなるとまた来月からは色々な作品で表紙を回していくことになるのでしょうか?

それにしても今月の表紙…これは…百合キター!! まさか、まさかの茜ちゃん×佐藤さんとは…。

しかし佐藤さん、こんなことしてて良いんですか? 修くんほったらかしてて良いんですか? いやまあ百合視点読者的にはオッケーなのですがw

あと最近の表紙で何かと茜ちゃんのちっぱいぶりが目立っていましたけど、今月みたいなアングルならばちっぱいであることが分からないので非常に優しくて良いなと思いました(?)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか色々。


・うらら迷路帖
前回登場の時江さん、うららであり紺ちゃんのお母さんでもあるから何か重要な役割だろうとは思いましたけど、でもまさか試験官とは…全くもって予想出来ませんでした。

と言うか、このタイミングで試験が来るという事自体がまったくもって予想外。でもよくよく考えてみればこの作品も連載始まって結構経ちますし、千矢ちゃん達が皆この先うららを目指していくと言うことを思えばこの展開は自然と言えば自然なのかもしれません。

次回から本試験で他の茶屋の十番占との勝負が始まるみたいですし、ここからが本当の意味での物語スタートと言っても良いのかもしれませんね。


・城下町のダンデライオン
前回の引きから、てっきり今回は茜ちゃんの演説をしっかりとやるのかなと思ってたのですが…そこはさっくりと飛ばして選挙その後の話って感じですね。

結局選挙は修くんが圧勝したとのことですが、まあ納得の結果かと。実際、これまでの話で王家兄妹を見てみると一番王様向きなのって間違いなく修くんでしたしね。

連載当初はシスコンでアレな感じが目立つ修くんでしたけど、話が進むごとにどんどん良い兄貴っぷり・良い男っぷりを見せていったと思います。

しかし茜ちゃん…結局彼女は演説でダメだったのね。今月のオチでも、変わろうとしている姿を見せてはいるものの結局あまり変われてなさそうですし…彼女の恥ずかしがり屋が直るのはいつになることやらw


・幸腹グラフィティ
内木姉妹編の後編。ってまさか、内木姉妹の話が2話続けて来るとは思いませんでした…てっきり前回の話で単発だと思ったのですが。

しかし今回の話、良い話でした。妹のアキちゃん、大学生になって色々と経験して変わったのかと思えば本質的な部分は良い意味で幼い頃のままだったんですよね。それに気付けたユキちゃん、少しずつ…きっと少しずつアキちゃんとの距離をまた縮めていけるのではないでしょうか。

すれ違ってばかりの姉妹だけれど、多分本当の根っこの部分は繋がっていて、だからきっとまた分かり合って仲良く出来る。そんな気がします。この作品の根底にある、「家族愛」の1つの形がしっかりと描かれた、そんな内木姉妹編でした。

それにしても親戚のおばさん、よく見てるんだなぁ…と感心。姉妹お互いで見えてない、分かってないことをおばさんはしっかりと分かってる。幼い頃のアキちゃんがユキちゃんに冷たいこと言ったのは、お姉ちゃんが自分以外の人と仲良くするのがつまらなかっから。可愛らしい嫉妬なんですよね。

このおばさんの助言があったからこそ、ユキちゃんもアキちゃんが昔と変わっていないと言うところに気付けたんですよね。

あと今回彼女たちがご飯食べた食堂。フライ定食がやたらと豪華だなぁと思いました。いや、エビとカキとキスとそれにカニクリームコロッケまで付いてくるって物凄く豪華でしょ。単体のフライ定食じゃなくこれだけ色々ミックスにしてるところって少ないですよね…。


・ビビッド・モンスターズ・クロニクル
夢子ちゃんと佐藤さんの電話でのやり取りに笑ってしまいました。電話口で「ボン・キュ・ボンさんですか!?」ってw

でも確かに、それまでネット上でしか会わなかった人とリアルで会ったりすると最初はそうなっちゃいますよね…お互いにHNで自己紹介してお互いにHNで呼び合ってと言うね…。


・音無さんは破壊神!
音無さん×鈴木さんは百合なのか…と思っていたのですが、ただ単に鈴木さんが男子脳なだけなのかもしれませんね。ただ、鳥居さんが鈴木さんと仲良くしているのに妬いちゃうあたり、音無さんの方は百合脳なのかもw

しかし今回、神様の出番が無かったですね…それもあってか音無さん達は平和(?)に過ごせた様ですが逆に次回がちょっと怖いかも。神がどんな形でやって来ることやら…。

まあ、どんな風に出てきても最後はたぶん音無さんにワンパンされちゃうんでしょうけど。


・ミソニノミコト
そう言えば確かに、お祭りって五穀豊穣を祈る行事のハズなのにお祭りの屋台で見かけるのは小麦粉ばっかりで他の穀物使ったものってほとんど見かけないですねww


・ハートオブtheガール
北の銀河団の中の人(小人っぽい宇宙人)参戦で一気に混迷を極めてきた感がありますね。誰にも心を開いてなかったカコイちゃんが小人さん(サンゴちゃん)と一緒にいると楽しそうにしていますし。

それに宇宙人が無くしたハズの恋愛感情が、カコイちゃんの言葉によってサンゴちゃんの中に揺り起こされつつあったりとか…この辺りが色々今後の展開につながっていきそうな予感がします。


・やさしい新設死霊術
152ページの3コマ分ぶち抜いての飛行シーンの描写、すごく良いなぁと思いました。空から見下ろす臨場感や迫力と言ったものが存分に感じられて…。

思えばきららミラクって、創刊当初はビジュアル重視の4コマと言うのを謳っていましたし、こういう「絵で魅せる」作品をもっともっと増やしていっても良いんじゃないかなと言う気がします。


・リメインズ・JC
1年前の、世界から人がいなくなった日についての桐島さんの回想話。と言うことでいよいよこの作品最大の謎に迫るのか…と思いきや結局そこまでは行かず。

だけどこの作品、話の締めにそろそろ入り始めているのかな、と、今月の読んでそう思いました。多分ここから数回で核心に触れていくことになるのでしょう。桐島さんの言う様な彼女の妄想世界とか、そんな生易しいものではきっと無いハズ。

それはそうと…今月の話は冒頭がお風呂回でもありましたけど、しかしこの作品のお風呂シーンって全く色気も何もありませんね。きらら作品って普通ならお風呂回は最大のサービスでもあるはずなのに…おかしいなぁw


・箱庭ひなたぼっこ
冒頭第一ページ目で吹き出しました。3コマ目…いやこれアカンだろww

カマキリの捕食シーンとかきらら史上初でしょこれどう考えても。前々からおかしいとは思っていましたがこの作品、本当に頭おかしいです(注:褒めてます)

今回の話、冒頭のそこから始まって食物連鎖、そして植物から見たら人間はどう見えているかと言うところまで話が飛びました。そんなこと普段考えもしませんでしたけど、確かに植物目線で見ると色々とかなりアレですね…丹精こめて育てられたのも全て美味しく食べられる為だったとかw

まあ、つまりそういうことなので動物殺すのが嫌だから植物食べてれば良いと言うベジタリアンの考えも間違っていると、そうこの漫画は僕達に教えてくれているんですよね(飛躍)

そして卒業した先輩が置いていった球根をめぐる一騒動。球根をわざわざ残していってくれると言うのは良い先輩っぽいですけど、でも残した伝言から察するにやっぱり卒業した先輩も頭おかしい人っぽいです。この先輩と橘センパイとがどんな部活してたのか見てみたいものですね。

それにしても猫を引き寄せる千堂さん…一体どんな匂いがするのでしょうか。土臭いフェロモン漂う美少女と言うのもまた良いではありませんか(違)


今月は以上で。

さて、今月のきららミラクなんですが…なんとまさかの桜Trickが休載!!

突然の休載でビックリしたのですが、恐らくタチ先生、今まで相当にご無理をされていたんじゃないかなぁ…と思います。ミラク創刊以来これまでずっと一度の休載も無く、アニメ放映前後はずっとミラクの表紙と巻頭カラー描かれていて単行本が出る度に描き下ろしの特典をたくさん描かれて…。

アニメのBDにも毎巻描き下ろしのストーリー漫画付けられていましたし、最近ではフォワードの方でも新連載を始められて…今月「桜Trick」をミラクで読めなかったのは残念ですが、とにかくただもう無理なさらずにして欲しいなと思います。

来月は表紙&巻頭カラーで登場とのことなのでまた読めるのを楽しみにしています。更に来月には単行本の最新6巻も発売ですしね!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...