2015年7月・九州鉄道旅(13)
2015年 11月 03日 (火) 23:25 | 編集
- 五日目(前編)・A列車で行こう -

7月25日(土)。昨日に引き続き天気は晴れ。とても良い天気となりました。今回の旅行、明日はもう朝の新幹線に乗って帰るだけなので、実質はこの日が最終日となります。

起きてまずはホテルのバイキングで朝食。どうやら今回の旅行初の二日酔い気味…やはりワインフルボトル1本開けてそのあとカクテル2杯は多すぎましたか(その後部屋でもハイボール飲んでますしw)

だけど二日酔いの時には味噌汁だとかの、汁物系がありがたいですよねぇ…朝食にそういうのをいただくとちょっとスッキリします。


朝食を取って少しゆっくりして…ホテルから駅へと向かう、8時半のシャトルバスに乗車。今回泊まった鹿児島サンロイヤルホテル、なかなかに良いホテルでした。駅から遠いのがネックですが、その分逆にリゾート気分を味わえてゆったりのんびり出来ます。


鹿児島中央駅にて、9時02分発の新幹線「さくら」546号に乗車。これで熊本へと向かいます。

201507kyusyu187s

201507kyusyu188s

「さくら」の指定席は2+2の座席配置でゆったりしているのが良いですよね。実質、グリーン車と大差無いのではと思ってしまいます。

鹿児島を出てしばらくすると…車窓はトンネルばかり。本当にトンネルが多いです。東海道山陽新幹線もトンネルが多い印象ありましたけど、それ以上に多いのでは…なので正直、車窓はあまり面白くありませんw

鹿児島を出て1時間弱。9時58分に熊本到着。ここで降ります。

ホームに降りて構内のコインロッカーに荷物を預け…そしてそのまま、三角線のホームへと向かいます。本日はこれより、三角線の観光特急「A列車で行こう」に乗車します。


三角線のホームで待つことしばらく。なにやらホームでいきなりジャズが流れ始めましたw

元々「A列車で行こう」と言うのはジャズの曲名なのですが、それにちなんでなのかこの列車、ジャズを思いっきりフィーチャーしている様ですね。それにしてもまさか、駅のホームでジャズ…ww


そしてホームに…特急「A列車で行こう」がやって来ました。

201507kyusyu189s

ピカピカに磨き上げられた真っ黒な車体。この晴天の青空の下で黒いボディが目立つ目立つ!!

元車両となっているキハ185系はJR九州内の色々な特急列車でその姿を見かけます。僕自身も数年前の九州旅行で185系使用の特急「くまがわ」に乗車していますが、その「くまがわ」は赤いボディだったのでまるで印象が変わりますね。


車内に入ると、とてもシックな内装。

201507kyusyu190s

201507kyusyu191s

外観も真っ黒なボディでどこかオトナなイメージの「A列車で行こう」ですが、内装もオトナなムードが溢れています。床部分と荷物棚にはふんだんにウッドを用いて、天井の照明はダウンライト中心。とても落ち着いた雰囲気の車内ですね。

そして1号車と2号車とで微妙に内装が異なっています。座席のモケットのカラーや、荷物棚や床の造作などが少し違っているんですよね。また2号車の一部はグループ向け座席となっています。


201507kyusyu193s

座席自体はシートモケットの模様が風変わりな感じではあるけれど、座り心地自体はごくごくプレーンなリクライニングシートと言った感じ。おそらく、座席自体は「くまがわ」等で使われているのと同じなのではないでしょうか。


そしてこの「A列車で行こう」最大の特徴が1号車に設けられたバー。

201507kyusyu192s

「A-TRAIN BAR」と名付けられたこのコーナー、ステンドグラスなどがあしらわれてとてもおしゃれなカウンターバーと言った感じに仕上がっています。

バーだけでなく、車端のフリースペースにもやはりステンドグラス。

201507kyusyu196s

JR九州の観光列車にも色々なスタイルの車両がありますが、この「A列車で行こう」はお洒落なオトナの為の車両、まさにそんな雰囲気を醸し出していますね。


さて、僕の乗った「A列車で行こう」1号は10時36分に熊本を出発。乗車率はかなりのもので、見たところ座席のほとんどが埋まっていました。

今回の九州旅行で色々な列車に乗りましたけど、間違いなくこの列車が一番の乗車率だったのではないでしょうか?

…もっとも、「A列車で行こう」は2両編成なのに対して初日に乗った「ゆふいんの森」は4両なので、単純な乗車率だけでお客さんの数を比較は出来ませんが。


駅のホームではずっとジャズが流れていましたが、この「A列車で行こう」の車内でもやはり、ずっとジャズが流れています。ジャズとディーゼルエンジンの取り合わせと言うのも変わっていますが、これはこれでなかなか良いものです。


そしてバーコーナーにてA列車オリジナルのハイボールを購入。

201507kyusyu194s

まだ午前中ですが…もう今日は朝から飲んじゃいます!! だってこの旅行最終日ですしw

このA列車オリジナルのハイボール、九州のデコポンを用いて作られていて、甘酸っぱくってとっても爽やかな味わい。そう言えば…起きた時は二日酔いだと思ってましたが、このハイボールを飲んだら完全に二日酔いが治ってしまいましたw

これが…迎え酒効果と言うやつか…?


201507kyusyu195s

ハイボールだけではなく、色々なグッズ類ももちろん購入。クリアシートやキーホルダー、それにジャズのCDなんて変わったグッズもあったりしますw

こういったグッズ類も全てバーカウンターで販売されているのですが、かなりの賑わいで非常に混み合ってました…僕は早々に買いに行ったので良かったですが。


三角線の車窓はとてもローカルムード。ひたすら田園の中を走っていく感じですね。こののどかな風景の中を、この都会風でお洒落な「A列車で行こう」が走っていると言うのもなんとも不思議な取り合わせです。

201507kyusyu197s

途中、海沿いをずっと走っていくとても景色の良い区間もあったりします。


そして、熊本を出て約50分。11時16分に終点の三角に到着しました。「A列車で行こう」は他の観光列車と比べると乗車時間がかなり短い感じですね。まあ、三角線の路線自体が短いから仕方ありません。

201507kyusyu198s

三角駅はまるで白亜の教会を思わせるような出で立ち。青空にこの白がよく映えます。


さあ、これより船に乗って天草の観光へと向かいます!!


2015年7月・九州鉄道旅(14)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...