「まんがタイムきらら'15年11月号」感想。
2015年 10月 17日 (土) 22:22 | 編集
では、9日発売の無印きらら感想行ってみましょう。


kirara_201511s


・表紙
今月の表紙は「あっちこっち」。そして時期柄を反映してのことなのか完全にハロウィンムード一色と言った感じですね。描かれた3人娘からもハロウィンの楽しさが伝わってきて良い感じです。

しかしやはりこの時期って世間的にはハロウィンですよねぇ…それを完全無視して秋刀魚祭りとかやってるどっかのブラウザゲームの方がおかしいだけですよねぇ…(何


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・きらきら☆スタディー
ちょっとちょっと!! 乙十葉ちゃんめちゃくちゃイイ子じゃないですか!! いやこれまでの話でもこのコは見た目がギャルなだけで芯はきっと凄くいい子なんだろうなぁとは思ってましたけど…なんかもう予想以上にいいコでした。

今回、皆でショッピング(部活に必要な文具とか)と言う話で、訪れた先が商店街。実はこの商店街って乙十葉ちゃんの馴染みの商店街だったんですよね。それどころか、商店街にある和菓子屋さんが実は彼女の実家。

彼女が最初、商店街行くの渋ってたのは自分の実家近所だったからなんですね。当然知り合いだってたくさんいるし、自分の実家バレもしたくなかった、と。

で、そんな彼女が真零ちゃん達と勉強する部活に入ろうと思ったのは、自分が生まれ育ったこの商店街をもっと元気にさせたいから。自分の育ったこの場所が大好きで、だからそれが無くなってしまうかもしれないなんてことは絶対に嫌で、商店街の皆にもずっと笑顔でいてもらいたくって…。

だからきっと、彼女なりに勉強して商店街を盛りたてる方法を見つけたりしようと、そう考えていたのでしょうね。多分きっと、大学に進学して真面目に経済学を学んだりしたいとか、そんな風にも思っていたのではないでしょうか。

ああ…なんてイイ子なんだ。本当にいい子じゃないですかこの子…。

最後の皆とのスマホうんぬんのやり取りもすごくツボです。乙十葉ちゃんって見た目完全にギャルなのに実はスマホは買ってもらったばっかりでSNSもやってないだなんて…このギャップ感、最高です!!

めちゃめちゃピュアじゃないですかこのコ…。

そういう意味では、文具店での千代ちゃんとのやり取りも素晴らしかったです。辞書に対する考え方で千代ちゃんが電子辞書派なのに対して乙十葉ちゃんは紙の辞書派。見た目の雰囲気的には逆に見えるんですけどね。

でも乙十葉ちゃんはスマホも買ってもらったばっかりと言ってる位だからきっと、機械とかあまり使いこなせないのでしょうね…対して千代ちゃんが電子辞書派と言うのは、彼女はきっと合理主義で効率主義的なところがあると言うことなのでしょう。

とにかく今月の話、乙十葉ちゃんがもう本当にイイ子過ぎて可愛すぎて撃沈しました。元々この作品では乙十葉ちゃんかなり好みのタイプでしたけど、今回の話でもう完全に彼女が僕の中での推しキャラとして位置づいた感があります。ああっもうホント乙十葉ちゃんかわいい。


・オリーブ!Believe,"Olive"?
魔法のお菓子の効果とは言え、皆がお互いを褒めあってるシーンはとても百合っぽくて良かったですね。しかし褒めるポイントが「サラサラの黒髪」とか「細い指」とか「良い匂い」とかどうしてこうフィジカルなんですかね?w

お菓子の効果的に嘘やおべんちゃらを言うのではなく、本音を素直に言うものらしいので、つまりこれって彼女たちが普段本心で思っているってことで良いんですよね…うん、いい。すごく捗りますな!!

しかし魔法のお菓子、あおばちゃん達は普段から食べ慣れてるから問題無いでしょうけど、スズちゃんみたいに普通の人間が食べちゃっても大丈夫なのかな…とはちょっと思いますw

話的に前回まではスズちゃんの封印がどうこうとかなりファンタジックな感じでしたけど、今回は打って変わって学園日常モノっぽい感じではありましたね。文化祭がどうなるのか楽しみです。


・スロウスタート
今回もかむちゃんの小動物的可愛らしさが光っていました。重い荷物持ってぷるぷる震えてるかむちゃんとか、榎並先生が怖くってぷるぷる震えてるかむちゃんとか、もう生まれたての子鹿みたいで可愛いですね。

そして(榎並先生にもらった)ぺろぺろキャンディを舐めている時のかむちゃん…もう最高に最高に可愛すぎて撃沈しました。大体、女の子がこういう「舐める」系の食べ物食べるネタやるとエロい方向に行きそうなのに、彼女の場合は全くそれが無いのが良いですね。ただひたすら、純粋に可愛いだけ。

クラスメートに予想以上にキャンディかじられてしまって泣きそうになってるかむちゃんも可愛すぎました…しかし彼女、榎並先生の言う「良心が咎めて」と言うのもすごく分かります。

ぷるぷる震えてるかむちゃん、すごく可愛いんだけど実際に目の前にしたらなんだかこう、すごく申し訳ない気持ちになって何かしてあげずにはいられなくなっちゃいそうな気がしますね。

それに引き換え、えーこちゃんのキャンディ食べる図はなんだかエロかったです…うん。やっぱりえーこちゃんは天然のたらしキャラだよ。


・神様とクインテット
なんだか今月はちょっと良い話な雰囲気でしたね。とは言え、相変わらず汁の量も酷いですしオチが本当に酷いですが(褒め言葉


・〆切ごはん
クッキーに牛乳とかカフェオレとか浸して食べるのって、子供の頃によくやった記憶があります。サクッとした食感がこうしっとり柔らかくなる、その感じが良いんですよね。大人になってからはしたこと無いですが、またやってみても良いかも…w

しかしまた、予想外な流れで新キャラぶち込んできたなぁ…売り子の胡麻しおりちゃん、今後の出番にも期待したいですね。そして彼女が出てくる時は常に何らかのコスプレで登場したりするのでしょうか…?


・担当編集ボツ子さん
ふと思ったんですけどボツ子さんのぱんつって一体どうなってるんですかね…? 112ページ8コマ目とか見るにお尻のところが布で覆われていませんよね?

ハッ…もしやこれがウワサのOバックと言うヤツか…まさかきららでそんなものを目にするとはww

ところでこの作品、ヒロインのボツ子さんは本当にとても可愛いので(と言うかもうひみつ先生の描く女の子が可愛すぎる)、あとは男主人公の先生のキャラ立ち次第だと思うんですよね。

そういう意味では今月、ボツ子さんのアイデアに頼ろうとせずにあくまで自分自身の手で漫画を描こうと言う姿勢にとても好感が持てました。この調子で先生のキャラが良い方向へ立ってくれるとイイなぁと思います。


・しゅばりえーる
前から薄々思ってはいましたが、今回の話で確信しました。この作品で一番ガチレズなのって間違いなくジャスマですよね。枕にセリーゼの似顔絵描いて抱いて寝てるとかかなりのCPLですわ。

まあ、でもセリーゼが自分のことをどう思っているのか気にしてたり「可愛いって思ってもらいたい」だとかとても乙女で可愛らしいですよね。ただ、肝心のセリーゼはそういうの鈍感そうだからなぁ…。

それはそうとジャスマVSソレイユ戦はとても良いスパイスだなぁと思いました。まあ、ソレイユの戦う理由自体はとてもアレでしたけど、でも本気のソレイユはカッコ良かったですし、この戦いを通じてジャスマの剣に対する思いにも変化が生まれそうですし…彼女の今後が色々と楽しみです。


・箱入りドロップス
ソフトクリームの食べ合いっこ間接キスぐらいで意識して赤くなっちゃうとか…萌ちゃん×相ノ木のカップルどんだけピュアなんですか。いや今時の高校生カップルでこんなピュアな子達絶対にいないだろww

しかしこのソフトクリームのやり取り見ていて、やはり相ノ木が付き合うべきは萌ちゃんではなく陽一くんだよなぁと強く強く思わされた次第。ソフトクリームを差し出す陽一くんのこの自然さと来たらどうなの本当に。

いや…本当はもうこの2人付き合ってるんでしょ? 相ノ木が萌ちゃんと付き合っているのは偽装・カモフラージュで。つまり陽一くんの雫ちゃんに対する諸々もきっとカモフラージュ。うん、そうだ。そうに違いない(腐女子的発想)


・夢見る金魚姫
ゲスト三話目。この作品、個人的にはとてもとても好きなのです。金魚ちゃん達3人(3匹?)共みんなとっても可愛らしくて読んでるだけで癒やされます…うん、飼い主さんと同じ心境ですよねもう。

きららでこういう擬人化モノってなかなか難しいイメージありますけど…なんとか頑張ってもらいたいなぁと思います。まずはアンケで推して目指せ連載化、ですね。


・My Private D☆V
今月のMPDVは「NEW GAME!」の得能正太郎先生。話題作の作者さんだけど意外にもこのコーナーにまだ登場されてなかったんですよね。

しかしこれ…うん、これは百合ですよ百合。もちろん青春でもありますけど百合です。

「見る側の心の汚さを試される」とありますが、これを見て百合と思わない方が無理です…無理なんです!! 仲の良い女の子と女の子がこんな表情しながらお互いの手を握ってたら…もう百合以外考えられないじゃないですか…。


今月は以上で。

無印きらら、本当に最近はかなり面白くなってきたなぁと感じます。一部の作品は全きらら誌を通しても最も好きだと言える部類にまで気に入っていたりもしますし。

ただ…個人的に好きな作品とそうでもない作品との開きが大きいのがなぁ…と言うところでもあります。その点はキャラットの方が可もなく不可もなくと言う感じもあったりで、なんとも難しいところ…なのですw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...