イタリア・カザマッタの白ワイン。
2015年 10月 19日 (月) 22:03 | 編集
では、昨夜開けたワインの感想を。実に今月初のワイン日記ですねw


「CASAMATA BIANCO」
(カザマッタ・ビアンコ)

WINE_20151018_01s

WINE_20151018_02s

地元のショッピングセンターで買ったもので、お値段は確か1500円をちょっと切る位だったかと。ヴィンテージ表記の無いワインですね。

品種の方はヴェルメンティーノ種中心らしいです。ネットで調べたところ、そこにトレッビアーノとモスカートもブレンドされているみたい。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。抜栓してグラスに注いでみると、色は綺麗な麦わら色。やや黄色みを帯びた、クリアーで澄んだ色合いです。

香りはまず、ふんわりと甘い果実の香り。どこかバニラっぽい甘いニュアンスもあります。その奥から柑橘類などの、やや酸のある風味が顔を出してきますね。


口に含むと…スッキリ、さっぱりとした味わい。酸は穏やかなんだけれど、甘さやボディ感も控えめで、ミネラルの感じもあります。まるで水の様にスルッと飲めてしまいます。

このスッキリとした飲み口。いかにもイタリアの白ワインだなぁ…と言った感じ。香りにはバニラ系の甘い風味があったのに、味わいには全くそういう感じが無いのがなんとも…w


この味わいだと正直、今の季節よりも真夏の暑い盛りに飲みたかったかな…と言う気はします。真夏に冷凍庫で凍る寸前までキリキリに冷やして飲んだら美味しそうな、そんなワインですね。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...