「まんがタイムきらら'16年1月号」感想。
2015年 12月 27日 (日) 22:18 | 編集
では…ものすごく遅くなってしまいましたが(汗)、無印きららの感想を。ミラク感想の方を随分先に書き終わってアップしてたのに、どうして無印がここまで遅くなった…w


kirara201601s


・表紙
今月の表紙は「ゆゆ式」。それもゆずこ×唯の2人だけですね。ゆずこが唯ちゃんに差し出している缶ココアがとっても暖かそうで美味しそうに見えます。いいなぁ…こういう、「暖かな冬」て感じの雰囲気、好きですねぇ。

唯ちゃんのちょっと驚いた様な表情もナイス。たぶん、またいつもの様にゆずこがワケの分からないこと言って唯ちゃんが困惑したり突っ込んだりとか、そんなやり取りをしているんだろうなぁ…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・三者三葉
進級の話があって、それでようやく各キャラの年齢関係とか把握出来ました。辻兄って主役3人組よりも年上だったのですね…全然知りませんでしたw

長期連載の作品だと、どうしてもキャラ同士の関係性だとか掴みきれないままに読んでしまっている…てことは結構ありえそうですよね。どうしても新しめの作品よりも読む側にとってハードルが上がってしまうのは事実。

その辺りがアニメ化だとどうなりますか…。
もっともアニ豚共にはそんなの関係ないから別に気にする必要ありませんかね。


・スロウスタート
今月はこの作品2本立てでした。そして、栄依子ちゃんのちょっと新たな一面がわかった話でもありました。1本目の話の方で榎並先生が付けていたネックレス。それを見た栄依子ちゃんの反応がなんだかちょっと妙だと思ったら…。

2本目で明かされたのは、なんとそのネックレス、栄依子ちゃんが作ったものなんだとか。どうやら栄依子ちゃんのお母さんが雑貨屋さんをやっていて、そこに置かせてもらっていたら偶然にも榎並先生が気に入って買ってくれた、と言うことみたいで。

しかし、アクセサリー作って雑貨屋さんに置いていること、栄依子ちゃんは家族以外の誰にも教えていなかったんですね。そしてそれを初めて伝えた相手が花名ちゃんだった、と。あの冠ちゃんにすら伝えていなかったことを花名ちゃんに伝えた…。

これって榎並先生の言う通り、彼女らが本当に仲良くなったことの証だとも思うんです。

中学浪人になってしまって不安だらけだった花名ちゃん、なんだかんだできちんと友人も出来て良い高校生活を歩み始めているんですよね。あとはいつか、彼女の秘密を皆に打ち明けることが出来る日が来れば…。

しかし1本目から2本目へのあの思わせぶり、そして榎並先生に対する栄依子ちゃんの表情…てっきりヒミツって、栄依子ちゃんがガチで榎並先生のこと大好きでそれを花名ちゃんに打ち明けて相談とかそんな展開だったらどうしようとドキドキしちゃいましたわ。

いやそれはそれで勿論とても美味しいのですが、でも個人的には栄依子ちゃんは冠ちゃんとくっつくべきだと思ってるしなぁ…果たして恋多き女(?)栄依子ちゃんの本心は一体どこにあるのか…。


・箱入りドロップス
相ノ木みたいなヤツに限って実は頭良いってパターン…うん、あるあるですよね…しかし実際に目の前で相ノ木が良い点取ってるの見たら多分、なんかこう凄くもやもやしたやりきれない気持ちになりそうです。委員長の気持ち分かるわぁ…w

それにしても萌ちゃんはダメ子ちゃんですねぇ。このカップルって一見相ノ木がダメで萌ちゃんがしっかりしているって感じだけど実際には全然逆っぽいですね。うん。


・こはる日和。
今月、非常にコマの使い方がユニークで凝ってて面白いなぁと思いました。42~43ページのところとか、右側の4コマと左側の4コマとが同時系列的に展開しているんですよね。同じ時間がさおりちゃん視点とみやまさん視点とで描かれている。

あと、1コマ目の上に描かれたさおりアイコン・みやまアイコンも面白い試み。41ページから45ページにかけて2人のアイコンの距離がだんだん縮まっていくの、実際に物語中での2人の距離感を表しているんですよね。

単なるクラスメートに過ぎなかった(と言うかさおりちゃん的には誰か認識もしていなかった)みやまさんとさおりちゃんとが、間にアーニャちゃんが入ることで会話できてなんとなく友達になることが出来て…。

この作品って、一見「単にかわいい女の子のゆるゆる日常を描いただけ」と見せかけておいて、こういうトリッキーな手法を色々挟んでくるのが侮れないです。あと、とにかくフェティッシュですしw

そのフェティッシュさは毎月の連載で追っていても勿論充分に感じられるのですが、単行本で一気読みすると一層深く感じられますね。フェティシズムと女の子の良い匂いとが充満してて、先月発売の単行本1巻読み終えたらもうなんだかクラクラしましたよ…。


・担当編集ボツ子さん
今月の話、やたらと締切がうんぬんとかそういうネタが出てきてましたけど、これって毎年この時期になるとコミケにかまけて落とす作家が出ることに対するあてつけとかじゃあないですよね…さすがにちょっと勘ぐり過ぎですよね?


・きらきら☆スタディー
この作品毎月毎月読む度に乙十葉ちゃんかわいい…てなりますね。いや彼女だけじゃなくって4人全員可愛いんだけどその中でも乙十葉ちゃんホント可愛すぎでしょもう。

今月で言えば使い始めたスマホでSNS登録するのに全部利用規約読んじゃってるとか、今時タブレットも知らないだとか、果ては毎朝お店の仕込み手伝う為に5時から起きてるとか…。

もうこのコ、やることが全て見た目と正反対過ぎるんですよね。これぞ正に、正統派のギャップ萌えってヤツなんだと思います。ホントかわいい。


・〆切ごはん
お茶漬け…僕はインスタントのお茶漬けよりも、ゆかり先生ご実家の柚子味噌焼きおにぎりほうじ茶がいいですね…すっげぇ美味そう。と言うかそれならもうお茶漬けにせずに、柚子味噌と焼きおにぎりそのまんまを冷たい日本酒で流し込みたいですね…くーぅっ!!


・しゅばりえーる
皆に置き去りにされながらもなんとかやって来れたセリーゼ、最後に敵の黒幕倒したりと、一世一代の見せ場も出来て良かったのではないでしょうか。しかし…皆にはセリーゼの「守りたい」「皆と一緒に戦いたい」と言う気持ちよりも「ご飯抜き」の方がよほど効いたみたいですね…w

と言うところでこの作品も来月でラスト。今の無印ではかなり好きな作品の一つだったので終わってしまうのは寂しいですが…どんなラストで締めてくれるのか、楽しみに待ちたいと思います。


・My Private D☆V
このコーナー、個人的に久々にアタリが来たって感じです。今月はMAXで「ハナイロ」連載中のアカコッコ先生。ハナイロは大好きな作品ですし、アカコッコ先生の描く女の子の可愛らしさには魅了されまくっているので一体どんな感じのDVが来るかと思えば…民族衣装!!

このコーナーに民族衣装ってありそうでなかなか無いんですよね。そこを取り上げる辺りさすがアカコッコ先生、よく分かってらっしゃる!!

東洋・西洋色々な民族衣装を描きつつ、それぞれにあった女の子をきちんとセレクトしているのが素晴らしいですよね。和装には黒髪、それも重力に負ける位のボリューム感とかそういうコダワリがとてもグッド。

やっぱり…作家さんがきちんと「コダワリ」を持って描いているものって素晴らしいですよね…眺めているとうっとりしてしまいます…はあ…。


今月は以上で。

ちょっと取り上げる作品少なめになってしまいましたが…やっぱりどうしても、読んでから時間が経ち過ぎてしまうとなかなか書きにくいです。来月からはもうちょっと、読んだらすぐに感想書いてアップ出来る様にしたいと思います…w


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...