「まんがタイムきららキャラット'16年2月号」感想。
2016年 01月 15日 (金) 18:34 | 編集
では、遅くなりましたが先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201602s


・表紙
今回の表紙は「NEW GAME!」。アニメ化が発表されましたし当分この作品が表紙を飾っていくのは間違いないでしょうけど、しかしひふみちゃんソロと言うのは珍しいですね。

それも新年、晴れ着姿と言うちょっと節目の時期の表紙なのに、あえて主人公の青葉ちゃんではなくひふみちゃんと言うチョイス。ひふみちゃん推しな僕としては個人的にはナイスチョイスと言わざるを得ませんw

しかしこうして見ると…ひふみちゃんってホントべっぴんさんですよねぇ。晴れ着姿がとってもよく似合ってる。髪飾りも良い感じです。ああ…こんな晴れ着姿のかわいいひふみちゃんと初詣に行きたいだけの人生だった…。


では以下、気になった感想とかツッコミとか。

・NEW GAME!
今月もこの作品は2本立てでの掲載。って、ちょっとこれ得能先生頑張り過ぎなんじゃないんですかね…まあ、アニメ化決まった作品に対してかなり無茶が強いられている(様に見える)のは今に始まったことじゃあないんですが…。

しかしアニメ始まる前からこれだと、いざ放映始まる→終了した後に息切れしないかと、それがちょっと心配ですね。他のきらら誌で幾つか、アニメ放映終了後から原作の掲載ペースががたがたになった作品とかありますし…。

それはさておき、今回は表紙だけじゃなく中身の方もひふみちゃん回でした。ひふみちゃんがコウさんに代わってのキャラリーダーに任じられて…と言う話。

ひふみちゃんは優しくて、だけどいつも自信なさげで…そんな彼女だからリーダーとか大丈夫なのかなと言うのは本人でも思っていた様ですし、読者の僕も最初はそう思いました。

でも実際にはきちんとリーダー、してましたね。コウさんとは全く別のタイプのリーダーシップ。2本目の話でのゆんちゃんに対する姿勢とか見るに、部下や後輩のことをまっすぐに見据えて一緒に問題解決に当たろうとする、良いリーダーじゃないですか。

うん…正直ひふみちゃんのこと見直しましたよ。単に可愛いだけのコじゃなかった。単にハリネズミ飼ってるだけのコじゃなかった(何)

でも最後はちょっと暴走しすぎです…あれ、これもしかしたら意外と怒らせたら怖いタイプにもなり得るのでは…? なりきりで怒る技術とかを身につけたらとんでもないことになりそうですw

あと、1本目の話でひふみちゃんがコウさんに対して「コウちゃん」てタメ口きいてるの見るとなんだか凄く違和感…。

いや実際ひふみちゃんはコウさん達と同期くらいの感じだから何もおかしくは無いんだけど…でもなんとなく感覚的に、コウ×りんが一番年上でひふみちゃんはちょっと下、位に思えてしまうのよねw


・おちこぼれフルーツタルト
イノちゃんがファンレター(?)貰ったことに対してはゆちゃんが色々ともやもや考え込んじゃってプチジェラシーみたいの抱いちゃうくだりが凄く良かったですね。やっぱり女の子が女の子に対して色々ジェラシー抱いて…て言うのはたまらないものがあります。

なんだろう…自分が好きな女の子が他の子に取られちゃったら、自分がもしかしたら邪魔なんじゃないのか…そんな風に考えてやきもきして一人泣き出しちゃいそうになる女の子ってすごく凄くいいですよね!!(興奮)


・まちカドまぞく
ちょっとここ最近、幾らなんでもご先祖様の扱いが酷すぎると思うんだ!! 通りすがりの大蛇に食われそうになるとか本当に可哀想過ぎるでやめてさしあげろくださいwww

それはそうと…魔法少女の設定が意外と重たいもの来たなぁと言う感じがしますね。魔法少女は魔力を使いすぎると消滅してしまう…死ぬわけではないのだけれど、空気中に魂が分散してしまって自力で復活が出来なくなる。うーん…。

この辺りの設定、今後に色々と活きてきそうな気もします。でもそうなると、毎回のノリみたく魔族と魔法少女の慣れ合い特訓(?)とかじゃなくって本当に敵対する魔法少女とかあるいは第三勢力とか出てきてガチバトルに…。

てのもなんだか考えにくいですね。うん。


・すわっぷ⇔すわっぷ
夏子ちゃんへラブレター…と思ったら果たし状と言ういきなりとんでもない展開!! 更にその果たし状を突きつけてきた相手がどうやら春子ちゃんのことを好きだと言う修羅場的展開に!!

いや実際、この作品って春子×夏子は毎回毎回ちゅっちゅとキスばっかしてるワケなんですが、でもそれって「入れ替わり」の為であって2人の間には恋愛的感情は全く無いんですよね。少なくとも今のところは。

女の子同士のキスを描いている作品でも、この点が他の多くの作品とは全く異なる点なんです。だから、キスばっかしてるのにも関わらず百合では無い、と言う見方すら出来なくは無いと言う(さすがにちょっと無理ありw)

今回の話の中でも、春子ちゃんを好きだと言うあゆちゃんの登場によって夏子ちゃんは春子ちゃんとキスはしてるけど付き合ってるわけではない、キスは本当は恋人同士でするもの、と改めて認識をしていますしね。

しかし…このあゆちゃんの登場によって一体物語がどう動いていくのか。これは気になります。最後のページでの夏子ちゃんの心情描写見ると、もう夏子ちゃんにとっては春子ちゃんは大切な友人なんですよね。

たとえ入れ替わりが出来なくなったとしても(つまりキス出来なくなったとしても)でも春子ちゃんとはずっと友達で一緒にいたい。そんな夏子ちゃんの想いが伝わってきます。

あゆちゃんとのこの修羅場、そして春子ちゃんを巡る中間試験での勝負…一体その結果がどうなるのか。また、これをキッカケにもしかすると夏子ちゃんが春子ちゃんに対して別の意識をすると言う可能性も考えられますよね。

つまり、友達以上の何か…と言うこと。果たしてどうなるのでしょう。非常に気になりますね。


・ブレンド・S
やっぱり苺香ちゃん以外の皆の属性接客は「作って」やってるワケですから、そりゃ忙しい時とかは地が出ちゃって難しいこともありますよね。その点では苺香ちゃんにとってこの仕事は「天職」とも言えるワケですね。まあ、本人はそんな風に思っちゃいないでしょうけどw

しかし新キャラがここに来てまた登場しそうな予感…美雨さんが入ってきたのもそんなに昔のことでは無い気がしますが、結構頻繁に色々とテコ入れ要素をぶっ込んできますよねこの作品。常に新風を取り入れて飽きさせずに読ませようと言う姿勢は素晴らしいと思います。


・ひだまりスケッチ
ゆのっち達のオープンキャンパスでまさか夏目さん出てくるとは思いませんでした。意外…しかしこの組み合わせがどうなるのかは楽しみですね。


・はるみねーしょん
「カレー鍋のカレーはカレーうどんのカレー味」これすっごい納得しました。実際、ああいう和風出汁のカレーって他のどのカレーとも異なる独特の味わい深さがありますよね。


・ぱわーおぶすまいる。
あれ? なんだかこれ…もしかして上山くんと宮乃ちゃんにフラグ立っていませんかね? まあでも上山くんって中身はアレだけど見た目だけならカッコイイよね…あとは宮乃ちゃんのブラコンぶりがどうなるかと言ったところ。

そして優くん哀れ…まあ、佐々島くんの方は別にいいんじゃないかな…w


・ばーどすとらいく!
クルちゃんが皆と過ごすクリスマス…な話でした。いやそれだけなら、きらら系にはこの時期によくあるクリスマス回なんですけど、でもよくよく考えたら彼女って地球侵略に来てる…んでしたよね…?

総統も含めて、侵略する気なんてもう更々無いでしょこの人(鳥)達w


今月は以上で。

上では触れませんでしたが、今号で「GA芸術家アートデザインクラス」が最終回となりました。MAXの「落花流水」「○本の住人」そしてキャラットの「GA」…2015年のきらら誌上では、各誌を長い間に渡って支え続けてきた長期作品達がいくつも終了したんだなぁ…と改めて実感します。

新しい誌面づくりをしていくことは勿論必要なことなんだけれど、でもこれまで雑誌を支えたベテラン作家さんを、そして長期に渡って読んでいる読者達を裏切る様な誌面づくりだけはして欲しくないなぁ…と、切に願います。


Comment
この記事へのコメント
キャラットこそが「萌え4コマ」というジャンルの理想系だと私は思います
どの客層もカバーできるようなバランスの良い方向性をこれからも尊重してほしいです


それと、既に知っていると思いますがまちカドまぞくが4コマオブザイヤー新刊部門で1位を取ったようですね
この企画に何人が投票したかは分かりません。しかし、ブログなどを見る限り熱意を持って応援するファンが多いのは明らかです
他にも注目が多い雑誌なので、どうかNGのアニメ化だけで胡坐を搔かずに、今の人気上位作を1つずつ大切に扱っていただきたいです
2016/ 01/ 17 (日) 10: 57: 15 | URL | 靜岡 # -[ 編集 ]
>靜岡さん
仰るとおり最近のキャラットのバランスの良さには目を見張るものがあると思います。

オブザイヤーについてはちょっと思うところもあって投票はしていませんが…それ抜きにしても「まちカドまぞく」は内容・勢い共に一歩秀でている良作ですよね。

>>どうかNGのアニメ化だけで胡坐を搔かずに

ここですよね。一番重要なのは…。
くれぐれもアニメ化作品だけに傾くことの無い様、これまで通りにバランス良く作品たちを扱っていって欲しいと切に願います。
2016/ 01/ 26 (火) 13: 17: 08 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...