「まんがタイムきらら'16年3月号」感想。
2016年 02月 22日 (月) 14:49 | 編集
では…かなり遅くなってしまいましたが、9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201603s


・表紙
今月の表紙は「棺担ぎのクロ」。なんとも美麗な、しかしそれでいてどこか禍々しさの漂う、なんとも不思議な印象の表紙だなぁと感じます。まあ、この作品が表紙の時はたいていそんな感じになるかとは思いますが。

しかしこの色使い…独特だけど良いですね。カラフルなんだけれど全然ポップじゃなく、むしろどこか重々しいイメージのある。そんな色使いだと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・こはる日和。
正直この作品が巻頭カラーと言うのはビックリしました。おまけに来月にはなんと、巻頭&表紙もこの作品と言うことで…そんなに人気あったのか、と言う感じです。いやまあ僕も好きですけどねw

それはそうと今月はバレーボール練習の話。みさきちゃんにだけボールの飛ばし方が優しいと言うくだりに爆笑してしまいました。逆にこはるとニナ…まあ、そりゃあのおっぱい見せつけれられたら思いっきりボールぶつけたくもなりますわな。ばいんばいんぷるん!!


・スロウスタート
1ページ目の浪人カミングアウトはちょっとドキドキしました。いきなりそんな急展開…まあ、ページめくったら案の定夢オチと言うヤツでしたけどww

それはそうと、花名ちゃんがお寝坊しちゃったのは風の音が強くて耳栓していた→目覚ましの音が聞こえなかったから。そして、耳栓してた為につい話し声が大きくなっちゃって…から、声に関するあれこれな話でした。

たまちゃんの声が大きくてよく通ると言うのはなんだかイメージ通りですね。そしてかむちゃんの声が小さいと言うのもまさにイメージ通り。しかしかむちゃんとえーこちゃんのこの、言葉が無くても通じあってる感…。

やっぱりこの2人は付き合っちゃえば良いと思います。まあ、えーこちゃん的には榎並先生が本命なのかもしれないけれど、でもかむちゃんの気持ちに応えてあげて欲しいなぁ…。


・ゆゆ式
何気に今回、さらっと重要な情報ぶっ込んできたなぁって感じですよ。

kirara_201603yuyu_s

おかーさん先生、20代後半だと判明!!

そうか…じゃあいわゆる結婚適齢期と言うか、もう少しすると行き遅(ry

しかし情報処理部のコ達との距離感から言って、20代でも前半かなぁと思っていたのですが…でも逆にお母さんらしさがあることを考えると、確かに同じ20代でも後半の方がしっくり来るかもしれません。


・きらきら☆スタディー
皆で集まっての勉強合宿…なお話。満ちゃんってお金持ちのお嬢様だったんですね。しかも一人暮らしとは…これどう考えても彼女、真零ちゃんの隣に住みたいが為の一人暮らしですよねw

ところで合宿、お泊り会と来ればお楽しみのお風呂シーン。勿論この作品の今回の話でもお風呂シーンあったのですが、なんかもう色々な意味でたまらなかったです。ああ…なぜ今回の話をセンターカラーでやらないんだ!!(血涙

まず、真零&千代のお風呂シーン。千代ちゃんの、真零ちゃん以外の2人とのお風呂だと色々落ち込むと言うのが…しかも下手すると真零ちゃんにすら負けてる…?

千代ちゃんは平均サイズくらいでそんなに貧乳って感じじゃないと思っていたのですが…どうやらとんでもないまな板さんだった様ですね。メガネ&貧乳…最高じゃないか!!(力説)

そして真零ちゃんのおしり…本来ならおしり丸出しとかとんでも無いサービスカットなハズなのに、全くそう見えない不思議。いや真零ちゃん、やることなす事全てがお子様過ぎでしょw

対して満&乙十葉のお風呂シーン。なんかもう…マシュマロぽよんぽよんたぷんたぷんって感じでたまりませんでした。ああ…なんでこのコ達のお風呂シーンがセンターカラーじゃないんだ!!(血涙

しかし一緒にお風呂に入って色々話をしたことで、満ちゃんは乙十葉ちゃんに対して親近感を持てたみたいですね。外見的なイメージは全く似てない2人だけど、実は意外と似た者同士なのかもしれません。

それにしても乙十葉ちゃん、あの外見で実は男子が苦手だとか、これはますます彼女に対する評価が上がっちゃいますね。他にも今回、夕食のシーンでは真っ先に「私も手伝うよ」なんて言ってますし…乙十葉ちゃん、本当にいい子過ぎる。

最近はきらら系にちょくちょくギャル系のキャラが出てきていますけど、その中でも乙十葉ちゃんは本当にいい子過ぎて最高過ぎますね。


・オリーブ! Believe,"Olive"?
本人に内緒で誕生日プレゼントを用意しておいてサプライズで渡すと言うのは定番ですけど、でも良かったです。あおばちゃんに対する皆の気持ち、オリーブの面々の仲の良さがとてもよく伝わってきました。

またそれを、なんでもない日常ではなく、海に遊びに来て、更に夜は花火が打ち上がって…そんなシチュエーションの中でやるのが良いですね。なんとも言えない特別感があります。特別な誕生日。


・箱入りドロップス
冒頭の陽一くんと相ノ木の会話…残念ながら大学だって体育はあるんだよ…うん。少なくとも僕が大学生やってた時にはありました。もしかして今って無かったりするの…? まあ僕が大学生やってたのなんてもう遥か昔ですしね。

しかし陽一くん…完全にもう恋する男子って感じになっちゃってますね。でもやっぱり僕は陽一くんは雫ちゃんとではなく、相ノ木とくっついて欲しいと思うの…w


・担当編集ボツ子さん
新キャラ投入と来ましたね。別の雑誌の編集者・犬井さん。しかし彼女、自称有能編集でしたけど実際にはボツばかり食らってるダメ編集さんだったみたいですね。

そしてボツ同士、田中先生と妙なシンパシー感じ合ってるし…ところでこの作品、最初は先生×ボツ子さんって感じだったのが妹出てきて、今回の犬井さん…あれ? これもしかして、田中先生完全にハーレムルートに入っているんじゃないですかね?w


・〆切ごはん
まさか実家に帰る話が来るとは…まあでも、お母さんとのわだかまりも少しとけたようで良かったなぁと言う感じがします。厳格な家庭ではあるんだけれど、裏を返せば両親の方も娘に対して本当のことを尋ねることすら出来ない、お互いに小心だったと言うことなんですよね。

それにしても意識高い袋ラーメン…ちょっと美味しそうw


今月は以上で。

全体としては楽しく読んでいますが、ちょっと今月ゲストが多かったなぁと言う気がします。そのゲストも申し訳ないですが個人的にはあまりピンと来る作品が無かったので…。


Comment
この記事へのコメント
箱ドロ、ここ数回で春日井と相ノ木の絡みが減って、ヘテロの方へ移行しつつありますね。2人の関係を見守りたい私としてはちょっと悲しいです。

ボツ子さんはこのような形で刺子へのライバルが登場したのは意外ですね。田中先生は爆発すべきだと思います。
2016/ 02/ 22 (月) 15: 58: 02 | URL | みなみ # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>みなみさん
箱ドロに関しては相ノ木と萌ちゃんがくっついて、春日井くんも雫ちゃんのことを本気で意識しだして…と、本来あるべき形にそれぞれの関係性が落ち着き始めていると言った感じですね。

でも仰る通り、春日井×相ノ木の絡みがすくなるのは寂しいものですw

ボツ子さん、何気に田中先生爆発しろ漫画になっていきそうな気もしますよね…ww
2016/ 02/ 24 (水) 21: 48: 23 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...