「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」4巻。
2016年 03月 23日 (水) 14:40 | 編集
では…先月末発売のKRコミックスの中から、火曜先生の「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」4巻の感想行ってみましょうか。

この「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」、かつてきららMAXで連載されていた作品ですね。つまりこの4巻が最終巻となります。

前に3巻の感想で「完全に長期連載コースに乗った感じ」と書いたのですが…結局この4巻で終わってしまいました。ううっ悲しい…(涙)


20160323karedoko01s


それはさておきこの4巻、表紙は3巻に引き続き真ん中に亜梨香ちゃん、その周りに他の3人と言う構図ですね。そして亜梨香ちゃんの手にはラブレター…彼女がそれを差し出す先は一体…?

まあ、ここに関してはきっと読み手によって色々と解釈が分かれるところでしょう。読み手自身にラブレターが差し出されていると思う人もいるかもしれませんし、亜梨香ちゃんに本当に好きな人が出来て差し出しているのかもしれません。

それとも…やっぱりいつもの妄想彼氏相手に差し出している…?

ちなみに僕の解釈としては、亜梨香ちゃんがラブレターを差し出すべき相手はむしろ彼女の後ろにいるコ達なんじゃないの、と。いっつも仲良くしてもらってる護ちゃんか、猛烈アタックかけてくるほたるちゃんにラブレター渡してとっととくっついちゃえばいいのにって言う。

いっそのことみすずちゃんに渡して(ラムネ野郎はおさらばで)もいいのよ?(百合脳)


20160323karedoko02s

裏表紙はこちら。4人勢揃いで、仲良く手をつないでいると言うショット。もともと、ほたるちゃん以外の3人は最初っから仲良しでしたけど、こうして見ると3巻から加わったほたるちゃんも本当に皆と仲良しになったんだなぁ…としみじみ。


さて、この「彼どこ」4巻なんですが…基本はやっぱり、今まで通りに良い意味でのワンパターンな展開の4コマ作品って感じですね。

つまり、

・みすずちゃんとラムネ野郎哉くんとのイチャイチャエピソード
 ↓
・亜梨香ちゃんが妄想で暴走(妄想彼氏の登場)
 ↓
・護ちゃんが乳酸菌で沈静化
 ↓
・亜梨香ちゃんの「彼氏ほしいぃ~」の嘆き
 ↓
・護ちゃんがなぐさめたりほたるちゃんが百合アピールで乗っかってきたり

こんな感じの繰り返しなんですが、しかし毎回毎回同じパターンを繰り返しているのに本当に面白いんですよねこの作品は。なんと言うか、もしかするときらら系の中でも至極シンプルでまっとうな4コマ作品だったんじゃないかと、そう思います。

最近のきらら作品は結構コマ割を無視して(例えば2コマ分ぶち抜いたりとかして)絵的な魅せ方に凝る作品も多かったりしますが、この作品はそういう魅せ方ではなく、徹底的に4コマの基本に則って読ませようとしている感じなんですよね。

そういう意味では確かに、4コマ一本一本における起承転結やオチと言うのもかなりハッキリしているかと思います。


ただ、そんな中でもこの4巻は大きな事件が起こります。それも2つ。

まず1つは、茅野家(亜梨香ちゃん家)初登場。

それに伴い、亜梨香ちゃんのお母さんも初登場します。亜梨香ちゃんのお母さん、ラノベ作家をしていると言う話だけは作中にもあったんですよね。そしてなんとほたるちゃんがその大ファン…。

それもあって、茅野家を訪問した時のほたるちゃんのテンションが普段と全く違っておかしな感じになっていたのが非常に面白かったですw

あと、ほたるちゃん→亜梨香ちゃんの百合がお母さんに認められてしまったのが何気に、将来的な視点で見ると大きな意味がある気が…ww


そしてもう1つの大事件。亜梨香ちゃんのお父さんが出張先のアメリカで倒れてしまい、亜梨香ちゃんもそれを追って急遽アメリカへ飛ぶことへ…。

きららMAXの方で連載追ってこの話になった時はもう、完全に終了フラグじゃないかと思ってその意味でもすごくヒヤヒヤしました…もっともこの話ですぐに最終話になったのではなく、その後無事に日本に戻ってきて、普段通りの日常回を描いてからの最終話となりましたが。

この亜梨香ちゃんアメリカ行きの話を描いたことで、4人の間の友情が実に固い、確固たるものになっていたんだなぁと言うのがよく分かる形になっていたかと思います。

亜梨香ちゃんがこのまま日本に戻ってこなかったらどうしようと泣いて取り乱す護ちゃん。同様に落ち込んで沈むほたるちゃん…。

護ちゃんなんて普段は元気なお馬鹿っ子ってイメージが強いけれど、やっぱり亜梨香ちゃんとは子供の頃からずっとの親友ですし、もし自分から離れてしまったら…そう考えると怖くて寂しくて仕方がないんですよね。

しかしこの時強かったのがみすずちゃん。3人の中で一番気弱そうな感じなのに、他の2人をしっかりと元気づけてなぐさめていました。やっぱりリア充は強いってことなんでしょうか…?w

そして、みすずちゃんに元気づけられたほたるちゃんが意を決して亜梨香ちゃんの為に自らの家の力を使い…めでたく亜梨香ちゃんのお父さんも治って日本へ戻ってこれることになるんですよね。

この、亜梨香ちゃんのエピソードの前に哉くんが転校でみすずちゃんとの仲が…と言う話があったのですが、思えばその回とこの回とが対になっている感じなのかもしれません。

みすず→哉の離れたくないと言う気持ちも、護・みすず・ほたる→亜梨香の離れたくないと言う気持ちもどちらも同じなんですよね。片方は恋愛で片方は友情と言う違いはあれど、でもどちらもその気持ちの強さは一緒なんです。


さて、そんな大波乱のエピソードをはさみつつも、最後は実に彼どこらしい終わり方で締めてくれました。何しろ最終回、いつも通りの学校でのエピソードなのですが…相変わらずにいちゃいちゃして結果的にプロポーズめいたことまでしてしまったみすず&哉。

その二人に対して亜梨香ちゃんが「リア充爆発しろ!!」

そして「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」と2コマぶち抜きで叫ぶと言うラストになっていますw

まさか最後の最後でタイトルを持ってきたと言うのもビックリですし、この作品がほとんど使わないコマぶち抜きなんかのテクニックを最後の締めに持ってきたかと言う…!!

でも、実にこの作品らしい、良いラストだったかと思います。


さて、今回もあちこちの書店で特典集めをしてきましたので以下に。

まずはイラストカード類を。最初にWonderGOOのポストカード。

20160323karedoko03s

ワングー特典でモノクロと言うのは非常に珍しい気がします。しかしモノクロとは言え、ここのはぺらっぺらのペーパーじゃなくてきちんとした紙質のポストカードなのが良いですね。

亜梨香ちゃんの手には「I ♡ Darling」と書かれた大きなハート型のチョコレート。しかしそれを渡す相手は…やっぱり妄想の中のダーリン…?


続いてCOMIC ZINのイラストカード。

20160323karedoko04s

絵柄は4人全員集合。そして水着姿なのにベッドの上と言う謎のシチュエーション…?

いや、これベッドの上と言うことは皆水着じゃなくって下着…いや、やっぱりどう見ても水着ですよね…うーんこれはホント、どういうシチュエーションなのか。やっぱり百合えっち


続いてゲーマーズのブロマイド。

20160323karedoko05s

絵柄は亜梨香ちゃんと…なんとお母さん!!

山田ジャスミン先生こと亜梨香ちゃんのお母さん、この4巻で初登場したばかりかなんと、特典の方にまで出てきちゃいましたよ…いやまあ、きらら系の特典でレギュラーキャラ以外のサブキャラが出てくる事自体はありますが、しかしお母さんキャラって超レアなのでは?w

それにしてもお母さん、お若い…あと何気に後ろにメイド長さんまでいますしね。しかも実はお母さんとメイド長さん、学生時代の友人同士だったって言う…。


そしてまんが王のイラストカード。

20160323karedoko06s

袴姿に、目には涙を浮かべる亜梨香ちゃん。と言うことは卒業式でしょうか。いつかはこうやって、亜梨香ちゃんも卒業しちゃう時が来るんですよね…。

って、これ袴姿ってことは卒業式は卒業式でも高校じゃないですよね? まさか大学? 作中は高校時代だけで終わっているのに…w

しかし亜梨香ちゃん、袴姿よく似合っていてとても可愛いです。と言うかこのコってホントに美少女なんですよね。よくよく考えてみればなぜこんな美少女がモテないのか…不思議だ。


イラストカード類は以上で、その他の特典を。まず、アニメイトのブックカバー。

20160323karedoko07s

20160323karedoko08s

表面はエアメール風のデザインに、切手の中に描かれた4人のイラスト、裏はほたるちゃんに(百合的な意味で)絡まれる亜梨香ちゃんと言う、作中でもよく見られる構図ですねw

デザイン的にはすごく良い感じなのですが、ただ一つ残念なのがこのカバー、背表紙のところにタイトル等が書かれていないんですよね。なので実際にカバーとして使うと本棚に入れた時なんかちょっと分かりにくいかも。

(と言うわけでこれは使用せずに観賞用ですかね)


次にとらのあなの4P小冊子。

20160323karedoko09s

モノクロの小冊子ではありますが、表紙のとらコスプレの亜梨香ちゃんがすっごいかわいい!! 亜梨香ちゃんってこういう格好も似合っちゃうんですねw

ちなみに中身と裏面は4コマ漫画だったり、意外な(?)あの人とあの人のワンショット…だったりします。キャラのこぼれ話だったり関係性が分かる内容になっているのでファン必須のアイテム…と言えるかもしれません。


最後に、メロンブックスの4P小冊子。

20160323karedoko10s

表面は花嫁衣装の亜梨香ちゃん。もう…すっっごいかわいい!! ああ…こんな花嫁さんだったらもう何がなんでも絶対に一生幸せにするって誓っちゃいますよね。

そして中身の方は…4人勢揃いでの花嫁姿。これも皆可愛い!! だけど…作中のキャラクター見てるとこの中で将来きちんと花嫁衣装着れそうなのってみすずちゃんだけな気もするんですが…w

あと、裏表紙を見ると亜梨香ちゃん花嫁衣装のネタばらし(?)になってます。


特典は以上ですね。

それにしてもこの作品、いつの間にか僕の中ではきららMAXで一番好きな作品になっていたのかもしれません。繰り返しの面白さを軸としたある種プレーンな4コマのスタイルを取りつつも、そのキャラクターの可愛らしさと豊かな個性とで笑わせて貰いつつもたっぷりと萌えさせて頂きました。


この4巻の帯にある「私の大切な人、見つけましたわ!」それって亜梨香ちゃんにとっては護ちゃんやみすずちゃん、ほたるちゃんのことなんですよね、きっと。

彼氏は最後まで見つからなかったけれど、でも大切な人はきちんと見つけることが出来た。

なんだかんだ言って、亜梨香ちゃんはきちんと「答え」を見つけ出せたのかもしれません。まあ…それでもやっぱり、相変わらずに「彼氏欲しい!!」なんて叫んじゃったり妄想で暴走しちゃったりするのかもしれませんが…。

でもそんな感じで、彼女たちの楽しい日常はいつまでもずっと、続いていくのだと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...