2016年2月・瀬戸内の旅(8)
2016年 04月 04日 (月) 21:29 | 編集
-  三日目(その2)・下灘駅 -

さあ、やって参りました下灘の駅。

201602setouchi112s

201602setouchi115s

駅のホームに降り立って観てみると一本の国道を挟んですぐ向こうに海が見えます。ただ、かつてはこの国道もなくホームのすぐ隣が本当に海だったのだとか。文字通り、正真正銘「海に一番近い駅」だったと言うわけです。

ただ、国道を挟んで海すぐそばでなくなったとは言え、それでもこの駅の魅力が色褪せることはありません。


こんな構図の写真がこの駅のカットとしてはよく観られるかと思います。

201602setouchi113s

こうして見るとやっぱり…本当に海に近い駅なんだなぁ…と言う感じがしますね。ホームの手前に綺麗に手入れされた花壇があるのがまた良い感じです。あとは天気が…これで天気が晴天だったらばなぁ…。

晴天ならばこの下灘駅のホーム、海の青と空の青の中でさぞかし綺麗に映ることでしょう。


ホームから駅舎を見てみるとこんな感じ。

201602setouchi114s

小さな木造駅舎。いかにも田舎の小さな駅と言った雰囲気がにじみ出ています。

そして、この駅舎の手前になにやらベンチが置いてあるんですよね。

201602setouchi117s

ラブラブベンチと名前のついたこのベンチ、真ん中にむけて下がるようになっているので二人で座るとあら不思議、自然と寄り添ってくっつけちゃう形になってるんですよね。

おまけにこのベンチの手前には写真撮影用にカメラを載せる台まで設置されていたりします。世の中のカップルさん達はこの駅を訪れてはここで記念写真を撮っていくんでしょうね。まったくもってリア充爆ぜろって感じですw


悔しいので僕も一人で記念撮影してやりましたがねww




さて、駅舎の中はこんな感じ。

201602setouchi118s

201602setouchi119s

木のベンチが置かれ、その上にはクッションが敷いてあります。壁には地元の方が撮影されたのでしょうか、下灘駅の色々なシーンの写真が。

また、駅舎内にも綺麗に花が置かれていて、旅人の心をホッと和ませてくれます。ごみ箱が伊予灘ものがたり仕様になっているのがちょっとお茶目な感じですねw

「ウッフッフ」と題された旅のノートも置かれています。次の列車までの時間、ノートをゆっくり読んだりして過ごします。随分と色々なところから、色々な方がこの駅を訪れてきていることが分かります。皆さん、この駅での時間を思い思いに楽しんで過ごされたのでしょう…。

それにしても駅舎内が非常に綺麗に整備されていることに驚きます。駅舎内だけじゃあなく、例えばトイレなんかも無人駅だと言うのに洋式トイレが備えられいて、しかもとても綺麗…。

色々な場所からたくさんの観光客が訪れるから気を使っていると言うことなのでしょうけど、しかしこうしていつも綺麗に駅を保って下さってる地元の方々の努力には本当に頭が下がります…。


駅舎を出てみるとこんな感じ。

201602setouchi116s

実に風情があります。まさに、日本の田舎の正しい駅と言った趣き。


201602setouchi120s

駅の周辺は民家が少しある程度。寂しいと言えば寂しい感じですが、しかしそれがまた逆に、この下灘の駅の風情と旅情とを盛り上げている様にも思います。


さて、この下灘の駅なんですが、僕が列車で辿り着いた時、列車から降りたのは僕一人だけでした。しかし僕が次の列車を待っている1時間ちょっとの間に何名もの人が訪れてきたんですよね。こんな雨天なのに…。

それも鉄っぽい人だけじゃなくカップルや、女性一人旅と思しき人まで…本当に色々な人が訪れるのだなぁとしみじみ。ただ一つ気になったのは、やって来る人達みんな自動車を使っての訪問なんですよね。

個人的には駅訪問はやはり列車で行くのが王道にして本道だと思うのですが…ええい、列車でやって来て次の列車まで一時間ここで待つ剛の者は僕以外におらんのか!!w


あと一つ思ったのは、こういう秘境駅的な場所の訪問はやっぱり冬にやるもんじゃあないですね。ぶっちゃけ寒かったです…駅舎があるとは言え無人駅、当然暖房も何もありませんし雨に濡れて身体が冷えるとホント寒い…正直ちょっと泣きそうでしたw


さて、この下灘駅で一時間余りを過ごし…そしてやって来た13時47分発の列車に乗ります。

201602setouchi121s

やって来た車両は下灘まで乗ってきたのと同じキハ54。しかし…よくよく見るとヘッドマークが異なっているのが分かります。先程乗ったのはよく分からない天丼マンみたいなキャラクターでしたけど今度はドキンちゃんでした。


更に…途中の伊予大洲で乗り換えたキハ54はばいきんまん仕様。

201602setouchi122s

車両は同じキハ54ばかりでもこうした違いを設けているのは楽しいですね。これは子供達が喜びそうな気がします。が、もしかすると中にはお目当てのキャラの列車が来るまで乗らないとか駄々こねちゃう子もいるんじゃないかなぁ…w


そして15時05分に八幡浜の駅へと到着しました。

201602setouchi123s

さあ…いよいよこの日のメインイベント、伊予灘ものがたりに乗車です!!


2016年2月・瀬戸内の旅(9)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...