スペイン・コドーニュのカバ。
2016年 04月 15日 (金) 21:55 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょう。

一昨日はスペインのスパークリングを開けました。


「CODORNIU BARCELONA EDITION BRUT」
(コドーニュ・バルセロナ・エディション・ブリュット)

WINE_20160413_01s

WINE_20160413_02s

地元のショッピングセンターで、おつとめ品として1400円で売られていたもの。と言うことは元のお値段は1800円~2000円くらいってところでしょうか。

スペインのいわゆるカバ、フランスのシャンパーニュと同じ製法で造られているスパークリングですね。ゴールドのボトルが目を引きます。


ところでこのワインの「CODORNIU」と言う名前に妙に聞き覚えがあったのですがそれもそのハズ。2年前の夏に両親と行った北海道旅行。その行きのカシオペア車内、食堂車にて夕食時に食前酒として頼んだスパークリングがここのワインだったんですよね。

あれも美味しいスパークリング(カバ)だったのを覚えていますが…果たして今回のこのワインはどうでしょうか。


ではまず抜栓。ちょっと開けるのに苦労しましたが…コルクをきゅっとひねるとポンッと小気味良い音がして抜けました。

グラスに注ぐと色は綺麗なシャンパンゴールド。スパークリングって結構色の薄いものも多いのですが、このワインは割としっかり黄みを帯びた色合いですね。そして泡立ちがとても豊か。グラスに注いだ瞬間、白い泡が物凄い勢いで立ち上がります。

香りは豊か。様々な黄色い果実の香りや、イースト香などがふわっと立ち上がります。


口に含むと、非常にドライでキレの良い飲み口。しかし、それでいてコクがあります。

キレがあるんだけれど、舌の上に甘さを感じる程のボディ感もあってふくよかな印象。ドライなんだけれど全く痩せてはいないんですよね。

そして含み香がまことに良い感じ。熟したリンゴや黄桃、パイナップルやマスカット…様々な果実の入り混じった甘く華やかな香りと、何かの花を思わせる上品な香りとが鼻の奥へと抜けていきます。


全体的に、かなり出来の良いスパークリングワインだなぁ…と言う印象。こういうのが今回みたく安売りで買えるとホント得した気分になっちゃいますねw

地元のショッピングセンター、しばしばこんな感じで良さ気なワインが安売りになってることがあるからなかなか侮れないんですよね…。


とにかくこれは、美味しいカバで値段以上に楽しめた一本でした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...