艦これ日記'16年6月22日(ゆーちゃんがろーちゃんになりました)。
2016年 06月 22日 (水) 09:50 | 編集
こないだの春イベでお迎えしたゆーちゃんことU-511ちゃん、演習中心で育てていたらいつの間にかレベルが54レベルにまで育っていたので今朝がた単艦オリョクル→めでたくレベル55になりました。

kankore20160622_09s

ゆーちゃん、いわゆる「改二」とはちょっと違うんだけど何気に二段階改装出来る子なんですよね。レベル35で「改」となって、そしてレベル55で更なる改装が出来るんです。


ところで…この時レベル55になったのはオリョクル二戦目だったのですが、一戦目終了時がこれ。

kankore20160622_08s

ま、まさかの1足りない…!!

イベントのボスにダメージが1だけ足りなくて倒せない…と言うのはよく聞く話ですが、しかしまさか経験値が1足りなくてレベルアップ出来ないとか…こんなこともあるんですねw


さて、ゆーちゃんなんですが先程レベル35で「改」に出来ると書きました。この時はまだ艦名もU-511のままなんですが、実はカードを見ると微妙に違っていたりするんです。

kankore20160608_01

左が未改造、右が改造後。カードの背景の色が違うのは勿論なんですが、注目すべきは艦名にふられた振り仮名。改造前は「ゆー511」だったのが改造後は「さつき1ごう」になってます。

史実でドイツ潜水艦のU-511は日本へやって来て呂500となるのですが、輸送中に仮で付けられていた名称が「さつき1号」と言うことらしいんですね。


つまり、艦これ的には改のU-511はゆーちゃんではなく本来はさっちゃんと呼ぶべきなのか、非常に悩ましいところであります…w


それはさておき、これが改装前のレベル55ゆーちゃんステータス。

kankore20160622_12s

ステータスは改修MAXまで育ってます。潜水艦としてはまあ普通のステータスでしょうか。ただ運の値は34と若干高めになっています。

ちなみに中破しちゃったのは単艦オリョクル二戦目でレベル55にアップ→そのまま進んだら補給マスに行かずに敵のいる行き止まりマスへ行ってしまって相手軽巡にやられてしまいました…w

あ、念の為言っておきますが普段は単艦オリョクルなんてやりません。と言うかそもそも、オリョクル自体ほとんどやらないんですよね。やるとすればせいぜいろ号で補給艦狩りの時にやる程度で。


さあでは改装と参りましょう。

kankore20160622_13s

改装に必要な資材は弾薬270に鋼材170。駆逐艦よりも運用消費の軽い潜水艦だからもっと改装コストも安いかと思ったのですがそうでもない…? いやまあ十分に安いんですけどね。

ともかくこれで、U-511は呂500へと生まれ変わります。


では…改装ボタンを…ポチッとな…!!









kankore20160622_15s

「ろーちゃんです、はい!」


…って誰だああああお前!!


いやこれ変わりすぎでしょう…確かにそりゃ艦名が変わってドイツ潜水艦から日本の潜水艦に所属も変わったわけなんだけどさぁ…しかし幾らなんでもホント変わり過ぎ!!

服装も艤装もまるで違うしスク水になっちゃってるし肌こんがり焼けちゃってるし…面影が残ってるのって瞳の色と髪くらいじゃないですか…w

改装、特に改二改装で印象が変わる子は多いですが、しかしこれだけ極端に変わってしまう子も珍しいのではないでしょうか…いやこれホント、ドイツ人もびっくりだよ。


改装後のゆーちゃん改めろーちゃんのステータス。

kankore20160622_17s

ここから近代化改修なりレベルアップなりしていった最終的なステータスとしては、改の時点よりも雷装や火力はちょっと上がる感じですね。潜水艦全体として見ると装甲と回避がかなり高い部類。特に回避の高さはダントツでナンバーワンみたいですね。

あと、運が改の時よりも更にあがって44と、潜水艦の中では…と言うよりも全艦種で見た場合でもかなり高い数値となっていますね。

そして持参装備は試製FaT仕様九五式酸素魚雷改と言う超レアなものを持ってきます。現状この装備を手に入れるにはゆーちゃんドロップ→ろーちゃんに改造する、しか無いみたいですね…。


最後に執務室でろーちゃんと。

kankore20160622_19s

スク水にこんがり焼けた小麦色の肌がまぶしいろーちゃんに合わせて執務室を一足早い夏仕様にしてみたらよく分からんことに…。

それにしてもろーちゃん、ゆーちゃんの時とは本当に変わりました。色々と。

外見的な変化も凄いのですが、内面も全然違います。もはや別人。ゆーちゃんの頃のどこかおどおどして儚さの漂っていた雰囲気とかもう微塵も感じられません。すっかり明るい子になりましたw

あと、日本語もかなり達者になった感じですね。ゆーちゃんの時はまだ日本語もたどたどしい感じだったけど、もうしっかりハキハキと日本語で自分の意見を言える様になりました。


しかしもしかすると…これが本当の彼女の姿なのかもしれませんね。ゆーちゃんの時におどおどした感じがあったのは、一人で慣れない異国の地へとやって来て、不安も色々あったから…なのかな、と。

それが日本の鎮守府に溶け込んですっかり馴染めたことで、ようやく本来の彼女の「地」を出せたと言うことなのかもしれません。


そんなろーちゃんなんですが、今後も潜水艦隊の一員として色々頑張ってもらいたいと思います。とは言えウチの鎮守府、上に書いた様にオリョクルとかほとんどやらないので、潜水艦の役目と言えば演習でキラ付けして遠征…がほとんどなんですけどねw

なのでもしかするとウチは潜水艦にとってかなりホワイトな鎮守府なのかもしれない。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...