「まんがタイムきらら'16年8月号」感想。
2016年 07月 13日 (水) 09:09 | 編集
では、9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201608s


・表紙
今月の表紙は「ゆゆ式」。最近ずっとアニメ放映に伴って「三者三葉」が表紙だったのでこの作品が表紙飾るのが随分久しぶりに感じます。なんだかちょっと新鮮にすら思えちゃいますね…w

そして夏らしく水着姿と言うのが良いです。唯ちゃんのビキニとほんのり小麦色に染まった肌とが実に素晴らしいです。GJ!!


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ゆゆ式
ゴミムシのイラストが妙にリアルだと思いましたw


・三者三葉
なんとなく自然に距離感を縮めている双葉・近藤・小芽に対して、西山さんの葉山ちゃん葉子様と一緒の班になったいきさつのこの無理矢理感がなんかすごいw


・きらきら☆スタディー
今月の扉絵、スク水姿の千代ちゃんなんですけど…ちょっとえっち過ぎやしませんかね? スク水+メガネと言う取り合わせの素晴らしさもですが、お尻を強調したポーズとそれに身体に滴る水の雫がもうとにかくえっち過ぎます。ぶっちゃけ実用的過ぎる。

とりわけお尻~ふとももにかけて雫が垂れてるのがなんかもう色々と連想させちゃてアカンです。汗なのかな、プールで泳いだ後の水なのかな、それとも場所が場所だけにピー(アウト)

それはさておき本編。前回の話、旧校舎で出会った幽霊(?)の正体なんですが、どうやら数学研究会の部員にして卒業生だったみたいですね。ちなみに名前は岩貞一樹ちゃんとのことでやはりこの子も数字が名前に入っています。

一樹ちゃん、幽霊と間違えられるその外見から想像出来る通りの不幸系キャラでしたね。高熱→事故→火事のトリプルアタックで三浪とかホント不幸過ぎる…でも高熱で受験出来なかったとか、そういう人は多分現実にもいるんだろうなぁ…。

そんな一樹ちゃんですが、なんだかんだで真零ちゃん達と一緒に絶対ごうかくラブに入部して一緒に勉強していくことになったみたいでまずはめでたしと言ったところでしょうか。

一樹ちゃん、33ページの最終コマとか見るに、長い前髪をどけるとものすごい美少女とかそんな感じのキャラっぽいですし、今後の真零ちゃん達との絡みも色々と楽しみですね。

しかし今月、何気に一樹ちゃんの回想シーンに出てきた数学研究会の部長が物凄くツボでした。背の高い一樹ちゃんに対して背の低いロリ系センパイキャラと言うのがバランス的にもとても良いですし、なによりめっちゃ可愛い!!

なにぶん卒業生の一樹ちゃんよりも更に先輩と言う立場のキャラなので再登場は難しいとは思いますが…でもいずれ、受験本番の一樹ちゃんの前に現れて…とかそんな展開になったら熱いですね。


・こはる日和。
掲載ページ数少ないショートストーリーでしたけど、大人同士の話と言うのも良いですね。大人同士だと飲みとかそういうネタに走れるのが良いところ。でもどうせならこの2人、酔ったついで行くところまで行って欲しかった気もしますね(何が


・スロウスタート
夏休み開始と言う大きなイベントなのに、そこにお野菜の直売所と言うローカルでニッチなネタを持ってくるところがなんとも言えません。でもそこがいかにもこの作品らしいなと言う気がしますw

しかしこの作品の、こういう何か食べているシーンってホント可愛いですよね。冠ちゃんなんかは元々小動物的な可愛らしさのある子だと思ってはいましたが、今回の話はその辺りが更に強く感じられた様に思います。

そしてただ一人、トマトを上手く食べられない花名ちゃん…この子のこういう「ダメな子」っぽさがなんだか愛おしい。こういう部分があってこその花名ちゃん、これでこそ花名ちゃんなんだなぁ…としみじみ。

しかしオチの志温ちゃんは反則です!! いやホント反則でしょうよこれ…花名ちゃんがトマト食べるの下手なのがまさかこういう形で伏線みたくなって活きるとは…そういう意味ではもう素直にやられたとしか言えません。

でも絵的にエロい…大きなおっぱいの上にそんなに盛大にぶちまけるとかもうアウト過ぎるでしょう。志温ちゃんはハッキリ言ってもう存在自体がアウトだと思いますw


・〆切ごはん
ゆかり先生と瀬戸さんの打ち合わせ、漫画のリアリティに実際の経験の有無うんぬんがって言ってたけど…ハッ!! 俺、いいこと思いついた!! ゆかり先生と瀬戸さんで百合えっちすればいいんだよ!! そうすればえっちのリアリティが分かって完璧じゃないか!!


・箱入りドロップス
純ちゃんのお家訪問、そして純ちゃんの隠れた趣味が明らかにされた回でした。なんか部屋をめっちゃ隠そうとしてるからてっきりオタ趣味でも持ってるのかと思ったら…なるほど、そういう可愛らしい趣味だったと言うことですね。

しかし人形のやり取りを「親子の微笑ましいやり取り」ではなく「浮気現場を目撃した修羅場」と言っちゃってる辺りがやっぱり純ちゃんらしいと言う気がしますw

あと個人的には今回の純ちゃん宅訪問で置いてけぼり食らった男子二人組がどんな過ごし方をしたのかの方がすごく気になってます…次回は是非、男二人組にスポット当てた話をお願いします津留崎先生!!


・ふたりでひとりぐらし、
鉄道ネタの取り上げ方、入れ方がいかにもざら先生らしいひねり具合でツボりましたw


・オリーブ! Believe,"Olive"?
いやあ…エロかった。なんかものすごくエロくなかったですか今月の話? まあ、魔法の暴走で服が脱げちゃうってのは魔法モノでは定番とも言えますが、それにしてもふーか先生の脱げっぷりがエロかった。特にぱんつの描き方とかに並々ならぬコダワリを感じます。

そう言えば先月でもツバサちゃんの下着もかなりこだわって描かれてる感じありましたし、もしかして文月ふうろ先生は下着フェチなのでしょうか(おい

しかしちゑちゃん、メガネで普段魔力を抑えててそれが壊れると暴走ってことは、相当に強大な魔力を持ってるってことですよね。冗談抜きで最強の魔女になれるのでは?


・担当編集ボツ子さん
自分自身が怪談大会を(漫画のネタの為に)持ちだしたのに、でも怖がってるボツ子さんを見てやめようと言い出す辺りに田中先生の優しい部分を垣間見ました。

と言うか田中先生、何気に今月ボツ子さんにときめいちゃってますよね。これはそろそろ本格的にフラグ立ってきそうな気配…なのでしょうか。


・ヒトより私はそれが好き!
なんだか担任の先生も怪しげなフェチ持っていそうな感じですし(びしょ濡れフェチ?)、生徒会長もアレな感じですし…ええい、この学校にマトモな人間はおらんのか!!

しかし最後の高城さんの能力発動は面白いですね。今回のこのオリエンテーション編、こんな感じで各自がフェチに基づく能力を発動して問題解決していく感じになるのでしょうか。フェチだけだと話が行き詰まりそうな感もありますが、こんな風に能力で話を膨らませて来るのは上手いですね。


今月は以上で。

無印きらら、かなり楽しんで読んでいると思っていたのですが…もしかするとそれはごく一部の気に入っている作品にすごくハマっているだけで、全体として見ると案外そうでも無いのでは…と言う気がちょっとしましたw

まあ、それでも結構楽しく読んではいるんですけどね。はい。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...