ツガニと地元の日本酒「黒松國盛 大吟醸 生原酒」と。
2016年 09月 01日 (木) 21:59 | 編集
昨夜は一足早い秋の味覚を楽しみました。ええ、ここ数年ずっと秋が来ると取り寄せている四国・四万十川のツガニ(モクズガニ)ですねw

kani20160831_01s

kani20160831_02s

食べ方はもちろん蒸しで。活きてる時はダークグリーンみたいな色合いのツガニですが、熱を加えると真っ赤になります。

ツガニの食べ方は色々あるかと思いますが、ウチは買い始めて以来ずっと蒸しで食べてますね。これが多分きっと、一番純粋にカニ本来の味わいを味わえるんじゃないかな…と。


さて、せっかくツガニを取り寄せたのですからお酒の方もしっかり用意しませんと…と言うことで昨夜は地元・愛知県の日本酒でちょっと良さ気なのを開けてみました。

sake20160831_01s

sake20160831_02s

半田市・中埜酒造株式会社さんの「黒松國盛 大吟醸 生原酒」

地元のショッピングセンターで中瓶で1500円くらいでした。ウチで最近いつも買っている日本酒は中瓶で800円前後のものが多いので、そう考えるとかなり良さ気なお酒と言うことになりますw

水色の瓶が涼しげで、また薄紙に包まれているのがちょっと良いお酒感を演出。


さて、酒器に注いでみると色はほんのわずかに黄みがかってる感じ。と言っても基本的にほぼ無色透明に近い位の色合いですね。

香りが結構、かなりハッキリとしています。しっかりとした吟醸香。吟醸酒って言いながらも実際には盃に注いだ時点ではそこまで香りがしないお酒も多いものですが、このお酒はかなり香りが自己主張してきます。リンゴやメロンを思わせる果実の良い香り。

口に含むと味わい実に芳醇。飲み口は最初は甘さがしっかり感じられるのだけれど、その後にくっきりとした辛味を舌に感じます。このお酒、生原酒だけあって度数が17度と若干高めなので、もしかするとこの辛味はその度数に由来するのかもしれません。

舌触りはわずかにトロリと、少しだけ粘度が高い様に感じます。サラリとした感じではありません。

芳醇で香り高いお酒ではあるのだけれど、非常に飲みごたえがあって骨太な感じがあります。この骨格の強さ、ボディ感もアルコールの高さによるものでしょうか。

上品な吟醸香を漂わせながらも生原酒らしい力強い味わいの、とても美味しいお酒でした。


さて…言うまでもないことですがツガニとの相性もバッチリ。このツガニと言うのは身も甘くて美味しいのだけれどミソが本当に美味しいんですよね。濃厚で旨味たっぷりで甘くって…。

例えばワタリガニなんかのミソと比べると苦味が薄く、逆に甘みと旨味が非常に濃い様な気がします。決して大きなカニじゃないのにこの密度の濃い味わい…ホント凄いカニだよ…。

そんなツガニの野趣溢るる味わいと、この「黒松國盛」の上品な吟醸香、そして力強いボディ感とがまさにベストマッチ。カニの濃厚な美味さにしっかりと釣り合う、そしてより一層カニの美味しさを引き立てる、そんな日本酒だと思います。

また、原酒で度数高いのもあってか、カニのミソの詰まった甲羅に酒を注ぐいわゆる甲羅酒を飲るのも非常に良い塩梅でした。ミソと酒とが混ざり合ってこれがまたなんとも言えない、格別の味わいとなります…。


遠い四万十の美味・ツガニと地元愛知の美酒と。実に良い取り合わせを楽しんだ夜でした。


Comment
この記事へのコメント
今年も…
堪能しましたかモクズガニ高知名ツガニ。

茹でると、旨みが水の中に逃げてしまうので、蒸すのが正解でしょうね。上海蟹も蒸篭で蒸したのが出てきますし。

名古屋に『上海湯包小館』という店があるんですが、こちらでは一年中上海蟹の小籠包があって、剥く手間もなく、上海蟹の旨みが味わえます…いや季節中に上海蟹食べようとは思っていますが(^_^;)
2016/ 10/ 31 (月) 21: 38: 19 | URL | &oh # dlg/xXMc[ 編集 ]
>&ohさん
ええ、今年も堪能しました…もう毎年秋の恒例みたくなってきてます…w

世間ではカニを茹でるのも多いですけど、実際は蒸した方がベターですよね。仰る通り、茹でると旨味が湯に出てしまう気がします。

「上海湯包小館」と言う店は知らなかったです。上海蟹の小籠包…美味しそうです…!!
2016/ 11/ 02 (水) 11: 16: 20 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
愛知県はモクズガニを食べない
モクズガニって、県によって食べたり食べなかったりするそうですが、愛知県は食べない県だそうです。でもだからって、愛知の地酒とモクズガニが合わないという事はないですよね(そりゃそうだ)。隣の静岡・岐阜・三重は食べるのに一体何故…?

今日、ホームブログの方で付き合いのある人のブログ記事に『長珍酒造』なる酒蔵の酒が紹介されていました。清酒だけど、かなり強めらしいです。津島辺りにある酒蔵だそうですが。

ツガニで有名な料亭で『飴源』という店があるんですが、佐賀県なんですが、県外からもお客が来る程の名店らしいです。そして佐賀は、九州では珍しく焼酎より日本酒の生産量の方が多いそうです。
2016/ 11/ 02 (水) 21: 43: 31 | URL | &oh # dlg/xXMc[ 編集 ]
>&ohさん
なるほど…愛知県はモクズガニ食べない県だったのですね。確かに愛知は三河湾のワタリガニとかありますしね…。
岐阜県は海より山の県なのでモクズ食べるのはなんとなく分かる気がします。

「飴源」さん、昔読んだ本で僕も名前は知っています。一度はそういう名店でモクズガニ食べてみたいですね…w
2016/ 11/ 06 (日) 13: 12: 34 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...