「BOLLINI CHARDONNAY TRENTINO 2007」。
2009年 07月 24日 (金) 23:56 | 編集
今日は朝から会議でダル~い一日でした。…なんて、まっとうなサラリーマンはそんなコト言っちゃあイケマセンな。
まあ俺っちはまっとうじゃないサラリーマンだから言ってもイイのだ。

でも会議で朝早くした分、早上がりで夕方には仕事終わって帰れたので結果的にはかえって嬉しいと言うかなんと言うか。


早く帰ってこれて自由時間がたくさん出来たので、その時間は音楽の打ち込みなんぞに当ててみたり。高橋幸宏さんの昔の某曲をウチのミクちゃんに歌わせようかと思ってアレコレやってまして、一応オケもボーカルもほぼ出来上がったので合わせてみたんだけど…。

うーん、どうもしっくり来ねぇ→ミクちゃんの調教やり直し→調教やり過ぎでかえって声がおかしくなるwでもうワケが分からなくなってきたり。

あと、ふと思ったんだけれど幸宏さんの曲やるにはミクちゃんのアニメ声よりもルカさんのあのちょっと気だるい(笑)声の方が合ってるのかもしれませんなぁ。ミクちゃんの声はどうしても高音にキンキンしたピークがあってそれが曲に合わないと言うか…。
まあ単に僕の腕が未熟なだけなんですがorz


まあ、それはさておき。今日の夜もワインであります。なにしろ今日は早上がりだった上に明日は午後からの出勤なんで、もう気分は半分休みと言うかw

仕事帰りに新宿の伊勢丹で買ってきたイタリアの白。

「BOLLINI CHARDONNAY TRENTINO 2007」

WINE_20090724_02

WINE_20090724_01

最近ちょっとイタリアワインにハマりつつあるので、なので今日はイタリアのシャルドネでも飲んでみたいなぁ…と、そう思って選んできた一本。値段はギリギリ2000円以内くらい。


黄色いラベルがいかにも陽気なイタリアンと言うか地中海と言うかね。…って、僕、イタリアなんて行ったことないんで勝手なイメージだけで言ってますがねw


グラスに注いでみると、色はそんなに濃くない感じ。黄金色と言うよりはむしろ小麦色と言う位の雰囲気かな。

香りは、注いですぐだと柑橘系のアロマ中心で、「あ…こりゃちょっと酸っぱいかも?」と思ってしまう位に尖った酸のある匂い。でも、グラスに入れてしばらく経つと、今度はほんのり樽っぽい感じと蜂蜜なんかとが混ざって、そこにパイナップルなんかのトロピカルなフルーツも感じる、奥行きのある、なんともイイ香りがしてきます。

さあ…味はどっちなのかな…。後者の香りから連想される味わいならイイけど、前者の香りの方の味だと正直、僕苦手だなぁ…ドキドキ。


口に含んでみると…あ、後者に近いかな。

なんだろう、樽とか蜂蜜はほとんど感じないんだけれど、パイナップルと、あとは蜜のたっぷり入ったリンゴを味わいとして感じます。

で、そのすぐ後でキリッとした酸味があって、うん…この酸はやっぱり前者の香りのものだなぁ。結構キツめの、しっかりとした酸なんだけれど、でも口に含んだ瞬間には酸よりもフルーツっぽい味の方が勝つ感じで、だから相対的にはさほど強い酸には感じないと言うか。


全体としては爽やかスッキリ系の、夏向きのシャルドネって雰囲気ですな。酸度が高くてキレがあると言う点ではシャブリに近いのかもしれないけれど、でもシャブリほど奥深みは無くって、その分逆に親しみやすさと素直な果実感があると言う感じ、なのかな。


まあ僕はどうしてもシャルドネって言うと、バニラやカラメルなんかの樽香の効いた、ボディ感のあるものを連想してしまう…と言うか、そっち系の方が好きなんだけれどwでも何と言うか、シャルドネって面白い品種だよなぁ。

世界中あちこちで造られていて、それ故にその土地の気候風土や造り手の個性によって、全然違うワインに化けてしまうと言うか。


勿論、他の品種のワインだって1本1本に違う個性があるし、例えばソーヴィニヨンブランなんかで言えば樽を効かせたボルドーのものと、新大陸のいかにもグレープフルーツ!!な味わいのもととを較べたらまるで別モノ、ではあるんだけれど。

でもシャルドネ程に千差万別なワインって、やっぱり他には無いなぁと、そう思うのですよ。味わいや香りもさることながら、値段にしたって千差万別で…でも、必ずしも高いシャルドネが美味い、では無いところがまた難しくもあり、面白くもあったりするのですなぁ。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...