「まんがタイムきららミラク'17年1月号」感想。
2016年 11月 24日 (木) 21:58 | 編集
では、16日発売のきららミラク感想行ってみましょうか。

それにしても'17年の1月号…もう、17年の号なんですね。こういうのを見るとああ、年末だなぁ…と言う実感がひしひし湧いてきますw


kirara_miracle201701s


・表紙
表紙は「うらら迷路帖」。いよいよアニメ放映もあと少しと言うところまで迫ってまいりました。当面はこの作品を表紙で推していく形となるのでしょう。

それにしても今回の表紙、メインキャラ5人が全員集合と言うのが華やかで良いですね。作品タイトルの題字もカラフルポップで良い感じ。マツコさんはちょっと怖いですが…ww


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・うらら迷路帖アニメ情報
とうとうキービジュアルが公開されましたね。キャラクターデザインは割と頑張っている気がします。でも…なんか違うんだよなぁ。なんとも言えない違和感みたいなのを覚えます。

多分、背景絵だとか含めて全体的に色が明る過ぎるんでしょうね。はりかも先生のカラー絵って、ポップな色使いな様でいてもなんとも言えない独特の黒さと言うか毒っぽさみたいのがあるじゃないですか。それが感じられないんですよね。

まあ、アニメは止め絵じゃなくて動いてナンボなので実際に動きが出るとまた違って見えるのかもしれませんが。


・うらら迷路帖
小梅ちゃんってこのメンバーの中でもっとも明るいと言うか軽いと言うか何も考えてないおバカさんな印象ありましたけど、実は内面がかなり重い…と言うのが分かる話でした。いや、重いって言うかヤンデレっぽいですよねw

桜Trickの春香ちゃんみたく「明るいヤンデレ」と言って良いタイプなのかもしれません。


・桜Trick
コトネ&しずくの2人の関係に暗い影を落としていた張本人・森島空の謎が全て明らかになった回でした。

なるほど…森島さんが好きだった人はコトネちゃんのお姉さん・鳴子さんだったんですね。確かにこれならば、以前森島さんが言っていた「自分が好きだった相手には婚約者がいた」と言うくだりも説明が付きます。

それにしてもこの展開…正直ビックリです。ウチのブログにコメントくださった方でこの展開を見事に予想的中させていた方がいらっしゃいますが、僕は全くもって予想出来ませんでした。うーん鳴子さんかぁ…盲点でした。

しかしこれ、どう考えても元凶は全てコトネパパにありますよね。彼が勝手に森島さんのことを男だと思いこんで疑いもしないままに強引にコトネちゃんとの婚約を決めてしまったのが全ての発端。

そのせいでコトネちゃんもしずくちゃんも、そして森島さんもずっと傷付いて苦しんできたのですから、これは正直切腹モノかと。

いや実際、全てコトネパパの勝手な思い込みと暴走によることなので、この先コトネちゃんがしずくちゃんと駆け落ちしようが何しようがもうきっと何も文句言えないんじゃないんですかね。なんかなし崩し的にオッケーにされそうw

あとは森島さん自身にも何かしらの救いがあって欲しいとは思いますね。彼女も言わば被害者なわけですし…鳴子さんへの想いが叶うことはもうきっと無いだろうけど、それでも何かしらの救いがあって欲しいです。

それにしても今回は森島さんの暗い心の内側の独白と言う非常に重い回だったので、その中にあってフルーツパーティだなんだと呑気に言ってる美月&理奈の2人がとても癒やしに感じられました。

そして最後、向き合うコトネちゃんと森島さん…次回でいよいよ2人の間に決着が付くのでしょうか。

また、この場に春香&優と美月&理奈も揃ったと言うことで、美月さんの春香ちゃんへの想いにも決着を付けさせるのかもしれません。そして美月さんと理奈ちゃんの関係も更に一歩前進させる…のかも?


・しましまライオン
いおんちゃんがまこちゃんに歌をレクチャーするシーン(64ページ3コマ目)、このまま百合キスの流れに出来そうなのに口パク教えて終わりと言うのがいかにも残念女王様って感じですねw


・広がる地図とホウキ星
前回の話で学園にたどり着いて、そして今回の話は下宿探し…これから新しいことが始まっていく、そんな物語のスタートを感じさせてとてもワクワクしますね。

今回はリンの下宿先が見つかった話でしたけど、その裏でまたゼルダも自分の下宿先を探していたことでしょう。彼女らの学園生活がどうなっていくのか楽しみです。


・ななつ神オンリー!
今月から連載昇格ですね。この作品って一見神様を「ただ可愛らしく萌えキャラ化してみた」様に見えて、実は何気に細かいところがしっかりと作ってありますよね。今月の話で言えば猩々のくだりとか…何気に神様うんちくモノとして読める作品じゃないかと言う気がします。

ミラクのこの手のちょっと変わったネタを扱った作品って、実はそのネタをきっちりと昇華して設定に練り込んである、凝った作品が多いのが良いですね。


・お姉ちゃん計画
なんだ…なんだよこの作品…。

桜Trickしてやがる!!(混乱)

先月の「吸血」と言うのも割と衝撃的なネタではありましたけど、それを軽々と越えて来ましたね…血液じゃなくっても体液ならばなんでもある程度の効果はある、だからキス…ってことか。

ならばむしろ貝合せ百合えっちしちゃうのが一番効果的なんじゃないでしょうかね。お互いの体液をねっとりしっかり交換出来るわけですから(?)

…と書いた後で気が付きましたけど先月も同じこと言ってますね僕。


・本日のオーダーは?
連続掲載2話目。食物科と言うまた今までにあまり無い題材を舞台にした作品ですけど、包丁の飾り切りとか結構しっかりと専門的なネタを入れてくるところが好感持てます。新キャラの子も可愛いですし賑やかで楽しい雰囲気になりそうなので期待大。


・お願い!ロイヤルニート
「家庭的アポカリプス」で爆笑を押さえられませんでしたww響きが良すぎるw

しかし「アポカリプス」って本来は「黙示」と言う意味みたいですね。そう考えると何が何やら…もっともそこから転じて「終末論」とかそういう意味でも使われるらしいので、そう考えると一応意味の辻褄は合ってる…のか?


・音無さんは破壊神!
悪神様を倒すために神と音無さんとが協力して…とかそんな熱い展開になるのかと思ったら、神が力を与えて音無さん自身が神になってしまうとか、かなり予想の斜め上の展開が来たなぁと言う感じがします。

しかしこれ、悪神を倒したは良いけど音無さんは元に戻れるんでしょうか…次号が最終回と言うことですけど、どうなるのかが気になります。このまま音無さんが神になって、もうすーちゃん達との日常は二度と…とかそんな寂しいラストにはなって欲しくないですね。(多分大丈夫だと思いますが)

あと、悪神が巨大化する度に服に書かれた文字が「巨悪」「極悪」「超悪」と進化しているのが芸が細かくて良いと思いますw


・カラフル・マキアート!
なぜカラーじゃないんだあああ!!(血涙)

今回の話がカラー回じゃなかったのが僕は本当に悔しい。だって…だってせっかくの水着回なんですよ!! ただでさえカラフルな5人組がカラー原稿映えするこの作品、その水着回だったら是非ともカラーで見てみたいって思うのが人情ってもんじゃないですかぁ!!(涙)

まあ、カラーじゃなかったのは本当に残念だけれど、でも良い水着回でした。とりあえずこの5人、先輩2人組と後輩3人組の間にものすごい壁(物理)があるのがよく分かりましたね。ええ、絶対に超えられない壁が…。

千波センパイが大きいのは予想付いてましたけど、理子センパイもかなり大きかったんですね…逆に後輩3人は皆ぺったんだろうなぁと言うのは最初っから分かってましたけどw

しかしひたすらおバカなノリ(注:褒めてます)のこの作品なんだけど、でも今回の話何気に結構良い話なんですよね。理子センパイと、そして花乃香ちゃんの誕生日を祝うと言う話。

実はお金持ちお嬢様な花乃香ちゃんにとってはこんな誕生日初めてで、すごく凄く嬉しかったんでしょうね…こっちまでもらい泣きしそうでした。


今月は以上で。

ミラクも今、作品入れ替わりの時期にちょうど差し掛かっているのかなと言う感じがしますけど、新しく始まった作品達もどれも面白くて期待が持てます。

ゲスト作品の中にも気になってる作品がいくつかあるので、その中から更に連載に昇格する作品があるといいなぁ…なんて思いますね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...