「艦これ」×「三越」コラボのボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー。
2016年 12月 15日 (木) 20:15 | 編集
少し前に何を思ったか、艦これが大手老舗デパートの三越とコラボを始めたんですよね。ゲーム中でもイタリア重巡のポーラちゃんが限定グラフィックで三越の紙袋を持っているので目にされた方も多いと思います。

で、そのコラボで色々な商品を取り扱っていたのですが、その中にあったのがワイン。

ちょうど時期的にボージョレ・ヌーヴォーの出る時期だと言うことで艦これコラボのボージョレ・ヌーヴォーなんてシロモノを販売してやがりました。三越さんがご乱心なされた。


まあ、正直言うと僕はボージョレ・ヌーヴォーなんてものはお祭り騒ぎなだけであんなもの別に飲む必要なんて無い…と言うスタンスだったのですが、でも結局買ってしまったよ!!

だってねぇ…提督やっててワイン好きとしてはこれはもう、買ってレビューしないわけにはいかないんじゃないかって思ったんだもの。むしろ僕が買ってレビューせずに誰がするんだ!!(何


で、そんな艦これコラボのボージョレ・ヌーヴォーがこちら。

kankorewine01s

立派な箱に入っています。この箱がなかなかに凝ってて洒落ています。


箱の真ん中付近にしっかりと艦これのロゴ。

kankorewine02s

「Fleet Girls colleciton KanColle」とあります。


その下には2人の艦娘のシルエットがゴールドで描かれています。

kankorewine03s

右側はもうお分かりですね? ワイン好きの艦娘と言えばこの子をおいて右に出るものはいない…と言うイタリア重巡のポーラちゃん。彼女は16春イベからの子ですが、実装して瞬く間にそのインパクトある酒飲みキャラで大人気になってしまいましたねww

いや実際、彼女ほど強烈な艦娘もなかなかいないと思う…。

左側がこないだの、16秋イベで実装されたコマンダン・テストさん。

ところでこの艦これコラボのワインって、実は秋イベが始まる前に入手された方々もいらっしゃるんですよね。なんでも秋のピアノリサイタルに行った方々に配られたとか…。

で、驚きなのがその時にこのパッケージに描かれたコマちゃんのシルエットを見て、それだけで秋イベの新規艦娘にコマンダン・テストが来ると予想された方がいらっしゃると言うことなんですよね。

なんでも艤装で分かったらしいのですが、もうここまで来るとミリオタとかマニアとかそういう域じゃない気がします。凄過ぎw


このパッケージ、正面だけじゃなくって横にも2人のシルエットが。

kankorewine04s

kankorewine05s

きちんとポーラちゃん、コマちゃんのシルエットが描かれていて、なかなかにファン心をくすぐる造りとなっていますね。これはこの箱はちょっと捨てられないよ…w


あと、コマちゃんのシールがおまけで付いてきていました。

kankorewine06s

ただこのシールが、箱の内側とかに入ってれば良かったんだけど外包のダンボールの更に外側にビニール袋に入って付いてたんですよね。なおかつそのビニールの上にのし紙がくっついてて上から見えない状態。

なので、まさかそんなところにシールあるなんて思わないから普通にのし紙にカッター当てて、少しシールにも切れ線が入ってしまいましたよ…(涙)

これ、他にもこういう人いるんじゃないかなぁ。なかには気づかずにのし紙ごとくしゃくしゃにしちゃったとか、そういう人も多分いるんじゃないかと。

この辺りはもし、次回にもこういうコラボやるんなら梱包方法について一度考慮いただきたいところだと思いますね。


さて、前置きがすっごい長くなりましたが…ワイン本体を取り出します。

kankorewine07s

kankorewine08s

「JOSEPH MEUNIER BEAUJOLAIS VILLAGES NOUVEAU 2016」
(ジョゼフ・ムニエ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ)


このボージョレなんですが単なるボージョレ・ヌーヴォーじゃなくって、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーとあります。ヴィラージュは直訳すれば「村」。

つまり、ボージョレ地区の中でも特に良いブドウを産出できる特定の村で造られたボージョレ・ヌーヴォーだと、簡単に言えばまあそんなことみたいですね。

要するに、普通のボージョレ・ヌーヴォーよりも高級で良いヤツってことですw


さあ、それでは抜栓と行きましょうか。

栓はきちんと本物のコルク栓を使用していますね。抜いた栓を嗅いでみるとプラム系の香りがあります。ただ、甘い感じはあまりなくって、割と酸味のある、若い雰囲気の香り。

グラスに注ぐと色がすごく鮮やか。普通の赤ワインと全然違う色合いなんですね。

なんだろう、普通の赤ワインって赤茶色を帯びた深みのある色合いをしていたりするのに対してこちらはやや透明感のある色合いで、結構ピンクっぽい色なんですよね。ピンクを帯びた紫色とでも言えば良いのでしょうか。

香りは割と甘い感じがしますね。赤い果実の香りなんだけれど、でも凝縮されたジャムとかそういう感じじゃあなくって、もっと若々しい香り。摘んだばかりのベリー系果実と言った感じですね。


さて、飲んでみます…うん、やっぱりなんと言うか、味が非常に若いですね。若いと言うか、あまりこなれていないと言うか…。

酸味とかタンニンの渋みと言ったものは割としっかりしてるんだけど、凝縮感とかボディ、もっと言えば甘やかさが無くって結果ちょっと痩せた感じの印象を受けてしまいますね。

まあでもきっと、これがボージョレ・ヌーヴォーの個性、なんだろうなぁ。


軽くて飲みやすくはあるんだけどコクが無いんですよね。だからどうしても渋みとか酸味が余計に強く感じられてしまうと言いますか…w

まあ、ボージョレ・ヌーヴォーはあくまでお祭り、縁起物ってことですしね。まあ何はともあれ、普段ならまず買って飲むことはないボージョレ・ヌーヴォーを味わうことが出来たと言う意味で今回の艦これコラボワイン、自分的にはなかなか面白い経験でしたw


しかしこのワインとのコラボって今後もまたやったりするんでしょうか。その時はぜひ、ボージョレ・ヌーヴォー以外のワインでもやってもらいたいですね。例えば一般的に知名度がそこそこありそうなシャブリとか…。

いやいっそのこと、シャンパーニュとコラボして一本一万円くらいで売ってくれても良いかもしれません。多分僕は買いますよw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...