2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(8)
2017年 02月 25日 (土) 06:10 | 編集
- 三日目(中編)・のとじま水族館に遊ぶ -

観光列車「のと里山里海号」での旅を終えて和倉温泉までやって来ました。まだお昼過ぎと時間も早く、このまま温泉へ行っても仕方ないのでまず、のとじま水族館へ遊びに行ってみることにします。

駅で50分ほど待った後、バスがやって来たので乗車。

201701noto114s

そしてやって来ました能登島。のとじま水族館は和倉温泉周辺の観光地としては有名なのですが、和倉温泉のすぐ近くにあるのではなく、能登島と言う島にあります。のとじま水族館までは和倉温泉駅からバスで30分ほど。

それにしても、和倉温泉に着いた時は天気は晴れだったのに、バスに乗っていたら能登島に入った辺りから雪がひっきりなしに振り始めて…。


これがのとじま水族館。

201701noto115s

地方の水族館にしては敷地も広く、幾つかの建物に分かれて展示がなされている様です。


さて、まずは見学の前に腹ごしらえ。敷地内の一角に寂れた食堂街があるのでそちらへ行ってみたのですが、ラーメンを頼んだところ予想外にハイクオリティなのが出てきてビックリ。

201701noto116s

具材たっぷりで大きなエビまで乗ってます。スープもあっさり出汁でじんわり美味しい。寂れた雰囲気の場所だからと侮ってはいけませんね…ごちそうさまでした。


さて、館内へと入るとまずは大きな水槽があって、ジンベイザメやマンタなどの大型の魚達が気持ちよさそうに泳いでいます。

201701noto117s

201701noto118s

一番入り口でお出迎えしてくれる水槽ではあるのですが、この水族館のメイン水槽的な位置付けなのでしょうね。大きな魚がゆったり泳いでいる姿はなんとも良いものです。癒やされます…。


ところでこの展示室、水槽の周りをぐるっと一周して眺めながら道が坂になってどんどん地下の方へ降りていく構造になっているのですが、一番下の方へ降りていくとなぜかそこにはコタツが!!

201701noto119s

大水槽の前にコタツと言うあまりにもシュール過ぎる光景。一体これは…一体これは何なのか。何を目指しているんだこの水族館は…?


更に次の展示室へと進みます。と、そこには…。

201701noto120s

なぜか合格祈願の鳥居…もう完全にわけが分かりませんww

まあ、これにもきちんと展示の理由があるんですけどね。ここにはコバンザメとゼブラウツボと言う二種類の魚が展示されていて、共に「どんな場所でも滑らない」「食らいついたら離さない」と、受験生にとって縁起の良い魚を展示していると言うわけです。

時期もちょうど受験シーズンだったこともあり、のとじま水族館からの、受験生たちへのささやかな応援歌と言ったところでしょうか。


さて、なんだかここまでの展示だけ見るとイロモノ水族館っぽく思えてしまいますが(汗)、決してそんなことはありません。色々と真面目な取り組みも行われている、なかなかに凄い水族館だったりもします。

201701noto121s

壁に飾られたこちら。「繁殖賞」と言って、日本の水族館で初めて繁殖・一定期間の飼育に成功した生物について与えられる賞なんだそうです。こちらの水族館ではこれだけの繁殖賞を過去に受賞されているみたいですね。


さあ、先へと進みます。

201701noto122s

201701noto123s

201701noto124s

201701noto125s

日本海の冬の味覚ブリ、メバルにカサゴ、サメの仲間…色々な魚が展示されています。能登近辺で獲れる魚を中心に、他にも南方系の魚などもあれこれ展示して…と言うスタイルの様ですね。


さて、こちらの水族館なんですがただ水槽展示があるだけじゃあありません。水族館と言えばイルカやアシカのショーを売りにしているところも多いですが、こちらの水族館でもしっかりとショーを見せてくれます。

201701noto126s

201701noto127s

201701noto128s

ユーモラスなアシカのショー、ダイナミックなイルカショー、どちらも見応え満点でした。特にイルカショーの方は5匹ものイルカがプール狭しと猛スピードで泳ぎ回ってジャンプしまくる姿が本当に圧巻で凄かった…。


ショー形式で見せてくれるのも、アシカやイルカだけではありません。

201701noto130s

こちらは「イワシのビッグウェーブ」。

水槽内にいる約一万匹ものイワシが群れをなして泳ぐ様をじっくりと観察出来ます。水槽内の一定方向からイワシの餌を注入することでイワシの泳ぐ方向をコントロールして、ビッグウェーブが出来る様にしているみたいですね。


こちらは「マダイの音と光のファンタジア」。

201701noto131s

201701noto132s

水槽内に泳ぐ数千匹のマダイの子供たち。その水槽内の左右のスピーカーから音を出すことで彼らの動く方向をコントロールし、光と合わせて幻想的な光景を作り出しています。

ピアノの名曲「渚のアデリーヌ」とのマッチも見事なもので、とても美しいショーでした。


幻想的と言えばショーじゃないけれどこちらも。

201701noto129s

クラゲ水槽が七色の光をまとって展示されていて本当に綺麗でした…。


とにかくこの、のとじま水族館。地方の水族館だしそんなにたいしたことないだろうと、実際に訪れるまではタカをくくっていたのですが…とんでもない!!

規模もかなり大きいですし、特定の時間になるとあちこちで何かしらのショーが開催されていたりするので、それらをじっくりと観て回ると2,3時間なんてあっと言う間です。

のとじま水族館、和倉温泉方面の観光には是非ともオススメしたいスポットですね。


さあ、それではいよいよ…温泉へと向かいます!!

2017年1月・能登半島「観光列車と美食」の旅(9)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...