「なでしこドレミソラ」2巻。
2017年 03月 15日 (水) 09:30 | 編集
では、11日に発売されたKRコミックスの中から、みやびあきの先生「なでしこドレミソラ」2巻の感想記事、行ってみましょうか。

きららフォワードで連載中のこの作品、単行本1巻が発売されたのが昨年10月。それからたった半年でもう単行本2巻が発売…普段、大判KRコミックスの方の1年に約1巻の刊行ペースに慣れちゃってるので、なんだかとても早い様に感じてしまいますねw


20170311nadesora01s


さて、この2巻の表紙は竹海陽夜ちゃん。1巻は三味線を持った主人公の音古間美弥ちゃんが表紙を飾っていましたけど、この2巻は尺八を持った陽夜ちゃんが表紙に描かれています。

この作品の主要人物は4人いるので、そうなるとこの先のコミックスでも1人ずつ担当楽器と一緒に描かれる形となるのでしょうか。


裏表紙はこちら。

20170311nadesora02s

こちらにはデフォルメされた2人の少女。兎川香乃ちゃんと鶴見恵真ちゃん。この2巻からは彼女たち2人も美弥ちゃん達と一緒に和楽器同好会の活動をしていくこととなります。


さて、この「なでしこドレミソラ」。1巻では陽夜ちゃんに出会ったことがキッカケとなって美弥ちゃんが和楽器の世界へ足を踏み入れていく様子が描かれていました。

従って話としては当然、美弥×陽夜の話が多かったのですが、この2巻の前半は香乃×恵真の話が中心となっていますね。

元々、箏をずっとやっていた香乃ちゃんなんだけれどあることが原因で人前で演奏することが出来なくなっていて、だけど美弥ちゃんの演奏を聴いたことがキッカケで再び…と言うのが1巻のラストの話でした。

そんな香乃ちゃんが、幼馴染みの恵真ちゃんも同好会に誘って…と言うところからこの2巻は始まります。


この恵真ちゃんが、かなり良いキャラクターしていますね。

一言で言えば分かりやすいツンデレ。基本、美弥ちゃんや陽夜ちゃんには表向きかなりツンツンとしています。が、その一方でかなりの世話焼きさん。

楽譜の読めない陽夜ちゃんにたくさん本を貸し出したり、初心者の美弥ちゃんには分かりやすく練習のコツをノートにまとめたり…と、なんだかんだで放っておけない様子。

そして、香乃ちゃんに対してはもうデレデレ…と言うか、あの…ぶっちゃけレズこじらせてますよねこの子?

香乃ちゃんに対する大好きっぷりがもう、幼馴染みとか友人とかそういうレベルじゃないです。

なにしろ恵真ちゃん、色々な楽器の素養があるのだけれどそれらも全て香乃ちゃんの為。香乃ちゃんがどんな曲を選んでも一緒に演奏出来る様にありとあらゆる楽器の勉強をしたと言ってますからちょっと尋常じゃない。

とにかく全てにおいて香乃ちゃん優先。美弥ちゃん達へのツンデレなセリフの中にもそれが出ていますね。何においてもまず「全て香乃の為だから」が口癖の様に出てくるのが恵真ちゃん。

それは香乃×恵真の2人で箏を演奏している時の音にも現れています。

陽夜ちゃん曰く、恵真ちゃんの音は「土」。つまり、香乃ちゃんの音と言う綺麗な花を咲かせるべく自らは土に徹して演奏していると言うことなんですよね。香乃ちゃんの音が大好きだから、自分はその引き立て役に徹していれば良い、と言うことなんです。


だけど香乃ちゃんはそれじゃ嫌だった。彼女としては、恵真ちゃんにも自分らしい音で演奏して欲しいと、そう思っていたんですよね。そこから語られる、2人の出会いのキッカケ。

この2人の話がすごく良いんですよね。人見知りの香乃ちゃんに、恵真ちゃんに話しかける勇気を与えていたのは他でもない恵真ちゃん自身だったと言う。彼女たち2人の出会いは、二段構えと言うちょっと捻った形になっています。

そして「みんなのバンドがいい」と話す香乃ちゃん。まだまだ人見知りだけれど、でも皆と一緒に活動していくことで段々と変わっていくことが出来そうです。


この2巻、前半は香乃×恵真の話が中心でしたけど、後半は皆での合宿回。きららで部活モノと言えば合宿は定番ですけど、早速ぶち込んできたかと言う感じです。

きららの合宿話らしく、練習シーンもあればそれだけじゃなく皆で一緒に遊んだりお風呂入ったり…と言うシーンもありますが、個人的にここで凄いなと感心したのが、美弥ちゃんの目元の描き方。

お風呂シーンやそれ以降の皆で寝る時のシーンは、普段と目元の処理が変えてあるんですよね。これってつまり、普段はきちんとギャルメイクしているってことなんです。こういう描き方のコダワリはホント凄いなぁ…と。

こういうところに気がついて細かく描かれているのはやっぱり女性作家さんならでは、なのかもしれませんね。

目元の処理、と言う意味では逆に恵真ちゃんはお風呂シーンとか見ても普段と変わらずに目元パッチリなので、この子はお化粧とか付けまつ毛とかじゃなく素でお目々ぱっちりさんなのでしょう。多分彼女が一番美人さんなのでしょうね。


あとはこの合宿回、大きなところでは陽夜ちゃんが自らの音に向きあうと言うのがあります。合宿の場に居合わせた、あこがれの和楽器奏者「あわゆきさん」。

彼女に言われるんです、「尺八は孤独だね」と。あわゆきさんは見抜いていたんですよね、陽夜ちゃんは技術は凄いけど、本当の意味で皆と合わせる合奏をしていなかったことを。陽夜ちゃんは皆の音ではなく、自分の憧れの音を頭の中で聴きながら吹いていたことを。

これはきっと、陽夜ちゃんが美弥ちゃん達に出会うまでずっと、一人で尺八を吹き続けてきたから、と言うのもあるのでしょう。一緒に和楽器の楽しみを分かち合える相手もいなくて、ずっと独りで吹いていたから…だから…。

でもこの合宿で、もう一人じゃない、もう寂しくないって気付くんですよね。

この辺りの描写も、いちいち思い悩んだりするのではなく、合宿で皆でパーッと遊んでしまうことで打ち解けて自然に気付くという流れなのが良いです。

音楽モノや部活モノで、ましてや自らに向き合うなんてテーマが出てくると暗くなったりしがちなものですが、決してそうならずにあくまで明るく爽やかに描かれているのがいいですよね。

「自らの音」をきちんと見つけて合奏で出すことの出来た、ラストページの陽夜ちゃんの笑顔がとても印象的でした。


さて、「なでしこドレミソラ」2巻ですが、特典をあちこち回って集めてきましたので以下に。


まず、WonderGOOのポストカード。

20170311nadesora03s

陽夜ちゃん1人のカット。単行本2巻の最初のページに載っているものと同じ絵柄ですね。そう言えば1巻の時もワングーの特典は単行本の最初のページの絵柄のポストカードでした。

1巻の美弥ちゃんと同じく、和装に楽器を持って…と言う構図ですが、色使いが対照的。美弥ちゃんの時は背景をダークなブルー調でまとめていましたが、こちらはかなりポップなトーンに仕上がっています。

でも、ポップなんだけれどきっちり和柄でまとめているのが作品世界にマッチしていて良いですね。ホント美しい。


次に、アニメイトのブロマイド。

20170311nadesora04s

こちらも絵柄は陽夜ちゃん1人。ワングー特典と同じ様に和装で尺八を手にして…なのだけれど随分と雰囲気が違います。色使いやポージングで印象は全然変わってきますよね。

どちらにせよ、元気一杯なポーズがいかにも陽夜ちゃんらしくて可愛いです。


アニメイトは、同時に1巻あるいはきららフォワードを購入することで、小冊子も特典として付いてきました。

20170311nadesora05s

美弥&陽夜の2人が表紙に描かれた小冊子。おそろいの衣装がとってもキュート!!

中身の方は4コマ漫画が描かれているのですが、美弥ちゃんがああもういかにも美弥ちゃんって感じで…ああっもう!!

美弥ちゃんって見た目は完全に今風のギャルなんだけれど、根が本当に真面目でいい子なんですよね。その良い子っぷりがたっぷりとにじみ出ている4コマで、もう読んでてずっと顔が緩みっぱなしでした…美弥ちゃん可愛すぎる…。


今度はゲーマーズのブロマイド。

20170311nadesora06s

こちらは絵柄は恵真ちゃん1人。赤い和装がとても良く似合っていて可愛らしいです。背景の和柄も良い雰囲気出していますよね。

それにしても恵真ちゃん…何がとは言いませんがでかい…。

(作中の合宿回でもそんなネタがありましたがw)


続いてCOMIC ZINのイラストカード。

20170311nadesora14s

こちらはモノクロとなっています。中心に描かれているのは陽夜ちゃんなんだけど、周りにデフォルメされた他の子たちが描かれているのが楽しげな雰囲気で良いですよね。


それからとらのあなの小冊子。

20170311nadesora07s

絵柄は香乃&恵真。なんかこう、百合百合な雰囲気…お互いに手と手を恋人つなぎにしちゃって…ああっ、ああっもう!!

まあでもこの2人はガチですからね…恵真ちゃんが香乃ちゃんのこと大好き過ぎるのはもう明らかですが、香乃ちゃんも同じくらいに恵真ちゃん大好きなハズ。いっそもうこの2人は2人だけの別世界へ行ってしまっても良いと思うんだ…。

ちなみにこちらの小冊子も中身は4コマ。香乃ちゃん(と恵真ちゃん)のおかしい人っぷりがよく分かる4コマとなっていますw


最後に、メロンブックスの架け替えカバー。

20170311nadesora08s

1巻の時はまさかの和紙で出来た架け替えカバーと言うとんでもないものを出してきて驚愕させられたメロンブックス特典ですが、2巻でもやはり、和紙のカバーが来ました!!

絵柄は陽夜ちゃん。こうして見ると今回の2巻の特典はどこのお店も陽夜ちゃん中心って感じが多いみたいですね。

さて、このカバー。実際にセットしてみるとこんな感じ。

20170311nadesora09s

20170311nadesora10s

かわいいです…すごくかわいい!!

それに背景とか裏表紙の感じとか、すごく「和」のテイストが溢れてて良いですよね。この作品、作中の描写から特典に至るまであらゆるところに和を感じさせてくれるのが、作品のテーマとも合っていてすごく良いと思います。

あと、陽夜ちゃんの衣装。これは1巻のメロン特典で美弥ちゃんが着ていたのとお揃いな感じの衣装ですね。大正モダンなメイドさん(?)て感じの衣装。

と言うことは…この先の3巻、4巻では香乃ちゃん恵真ちゃんの和装メイドな姿が拝めちゃったりするのでしょうか(気が早い)


特典は以上で…と言いたいところなのですが、今回の「なでしこドレミソラ」2巻の発売に合わせてなんと、1巻でも新たな特典が付いていた店舗が幾つか合ったんですよね。それも集めてきましたので以下に。

まず、ゲーマーズ特典のブロマイド。

20170311nadesora11s

絵柄は香乃ちゃん。そう言えばゲーマーズの2巻特典が恵真ちゃんだったので、ちょうど両方で対を成していると言うかワンセットみたいな感じですね。

衣装も恵真ちゃんの赤に対して香乃ちゃんは青系と好対照。二枚並べると良い感じになりそうです。

と言うか香乃ちゃん、メガネのフレームや瞳の色もブルーなので、青がテーマのキャラなのかもしれません。そういう意味では恵真ちゃんは瞳が赤なのでやはり赤がテーマなのでしょうか。


次に、とらのあな特典のイラストカード。

20170311nadesora12s

絵柄は恵真ちゃん。ゲーマーズ2巻特典と同様に赤い衣装ですが、こちらは本当にしっとりとした着物と言った感じ。何にせよ、彼女は赤系の衣装がよく似合いますね。

それにしても、彼女のこういう穏やかな笑顔の表情って何気に結構貴重な気がします。なにぶんそのツンデレなキャラと役回りのせいで、作中ではもっとツンツンしてる表情ばかりな様な…w

あと、こうして見ると上の香乃ちゃんのブロマイド、ゲーマーズの恵真ちゃんよりもこちらの恵真ちゃんと対になっているかもしれませんね。絵的には。


最後に、メロンブックス特典の大判イラストカード。

20170311nadesora13s

絵柄は美弥ちゃん。牡丹の花柄の着物姿がとてもよく似合ってます。かわいい!!

ピンクの浴衣が金髪によく映えます。そこにブルー系の帯と言う組み合わせもステキ。こうして見ると、なでしこドレミソラの特典ってどれも非常に色彩感覚が素晴らしいですよね。

それにしても金髪ギャル×和楽器×和装…この組み合わせを考えだしたみやびあきの先生は偉大過ぎると言わざるを得ないっ…!!


特典は以上で。

この作品はもう好き過ぎるので、2巻だけじゃなくって1巻で新たに付いた特典まで集めずにはいられなかったよ…w


そんな「なでしこドレミソラ」2巻、香乃ちゃん恵真ちゃんが加わって合宿やってみたりと和楽器同好会が本格的に活動を始めたのは勿論、陽夜ちゃんが自分の音を見つけたりと彼女たちの音楽が一歩ずつ前へと進んでいるのを感じますね。

この2巻の最終話(フォワード最新話)のラストから察するに、次は美弥ちゃんに何やら試練(?)が訪れそうな予感ですが…その辺りも含め、今後の展開がますます楽しみな作品です。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...