「まんがタイムきららキャラット'17年7月号」。
2017年 06月 04日 (日) 10:07 | 編集
では、先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201707s


・表紙
今月の表紙も「ブレンド・S」。TVアニメの放送時期も10月と決まったみたいですし、今後ますます表紙を飾る機会が増えていくのでしょう。

それにしても今月の表紙、傘を持った美少女二人と言うのななんとも、今からの時期に合っている雰囲気で良いですね。とりわけ、女の子のチョイスが美雨さんと言うのが名前的にも雨の季節っぽくてグッド。

背景の紫陽花とかもいい味出していますね。こういう季節感のある表紙大好きです。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・「ブレンド・S」TVアニメ情報
表紙めくったところにさらっと、アニメについての大事な情報とか載ってますね。まずはなんと言ってもキービジュアル公開。見た感じなかなか良いと思います。

ただ、キャラデザが「ごちうさ」アニメの人と言うのがちょっと心配なところ…個人的にはごちうさアニメのキャラデザあまり好きくないので、果たしてどうなるかなぁ…と言う不安はありますw

あと、制作がA-1 Picturesなんですね。何気にここがきらら系作品手がけるのって初なのではないでしょうか。まあ、アルドノア・ゼロがあると言えばそうですが…何にせよ、割と作画綺麗に丁寧に作ってくれる印象はありますのでその意味では期待出来そうですね。


・ブレンド・S
冒頭の小ネタ、他はまだしも店長×秋月クンのだけは絶対許されちゃあかんやつでしょこれは…店長だって仮にもオタクなんだから、不注意とは言え他人の漫画汚したりしたらどうなるか分かるでしょうに…w

あと、美雨さんの怒るポイントがいちいちオタク女子と言うか腐女子っぽくて良いなぁと。この作品ってこういうちょっとしたネタにオタクっぽさがかなり溢れかえってますよね。


・まちカドまぞく
夢の中のうんぬん、読んでてきっと僕の夢の中はドロドロで動きにくいんだろうなぁとか思いました。「いやな記憶を何度も心の中で反芻しちゃう」とか、これあるある…リリスさんみたいに「負けた記憶を即座に埋める」様になりたいですねw

そしてシャミ子の夢の中で桜さん登場。まあ、今回の話後半の、シャミ子が夢の中でピンチな辺りから出てきそうな感じはしてましたけど、しかし本当にあっさり出てきたなぁ、と。とりあえず第一印象として、黒髪少女だったのが意外です。

(まあカラー原稿じゃないから、黒ベタ塗でも別に黒髪じゃないかもしれませんが)


・なまりこ
初登場ゲスト作品。津軽弁のなまりを気にしている女の子の話でしたけど、そのなまり具合とか気にしている様子とかがとても可愛らしくて良かったです。自動改札だとか列車の本数だとかの田舎あるあるネタも良い感じで微笑ましくもクスリと笑わせて頂きました。

しかし列車の本数ネタ、これ都会から出たことない人には分からないだろうけど、田舎の方へ行くとかなり深刻ですからね…一時間に一本あればマシな方で、酷いところだと一日に数本とか、そんなのザラだから…。


・NEW GAME!
今月の話、アニメ2期の最終話にこれ持ってくるんじゃないかなぁ…と、そんな風に感じられる話でしたね。八神さんの旅立ちで、色々な意味で綺麗にまとまるしこれからの変わっていく未来も感じられるだろう、と言う感じで。

八神さんへお別れを言いに行く時の青葉×紅葉の関係性も良かったですね。半ば無理やりに空港まで引っ張って行こうとする紅葉ちゃんとか、逆に空港着いてからは遠慮がちな紅葉ちゃんを連れていく青葉ちゃんとか。2人の性格と、それぞれの八神さんへの想いがよく出ていたと思います。

あとは個人的には、うみこさんを引っ張るねねっち&なるっちのコンビがとても好き。この2人本当に打ち解けて仲良くなったんだぁなと言う感じがして、見ててほっこりします。


・Aチャンネル
1ページ目がもう、いかにもユー子ちゃんらしいなぁと言う感じでした。お迎えに来てもらってる皆を見て羨ましがるんじゃなくて、逆に誰かをお迎えして喜ばれたいと言う辺りがホント彼女らしいです。ユー子ちゃんってとことん尽くすタイプですよね、きっと。

それにしてもユー子×ケイ子姉妹のこの仲の良さ。お互いがお互いのことすごく大好きでお互いに自慢に思っている、そんな姉妹なんですよね。似た者同士、とも言えますね。


・はるみねーしょん
まさか「動画投稿者」とかそういうネタが出てくるとは思わなかった…しかしこの元ネタ、最初にネットで見た時は目を疑いましたけどね。いやそもそも動画投稿者って夢とか職業とかそういうものなの…って言う。

時代が変わったと言うかなんというのか…おじさんもうついて行けそうにありませんw


・花降り宿のやどかり乙女
68ページに描かれた鳥が妙にリアルだと思いました。閑古鳥のコマのカッコウもそうですし、その次のコマのオオハシやらミミズクやら妙に特徴よく捉えて描いてあるなぁ、と。

いつぞやの神戸電鉄っぽい電車の絵と言い、今月の話で柚ちゃんの持っているカメラと言い、作者さんはディテールにこだわるタイプの方なのかもしれませんね。


・おちこぼれフルーツタルト
飛び級小学生…かと思いきや19歳にしてランドセルコスプレの痛い社長代理とかほんとまたどうにもアレな新キャラが登場したなぁ…と。更にオチでスク水ランドセルはゆちゃんとか、アレな上にアレな感じを積み重ねてくるこの強引さ、嫌いじゃないぜw


・アニマエール!
今回の話、何気にこはねちゃんの高所恐怖症の理由が明かされたりとか、結構重要な回だった気がするんだけど虎徹ちゃんの豚発言のインパクトの方が強すぎて頭に残らなかった件w

それにしても今回の話、改めて読み直すと宇希ちゃんが毎ページごとにツッコミ入れてて大変そう。このメンバーだと彼女しかツッコミ役いないからキツイよね…ww


・すわっぷ⇔すわっぷ
今回は、春子ちゃんが発売したてのゲームを寝る間も惜しんでやりたいから、だからキスで入れ替わろうと言う話でした。(眠くなったら入れ替わって夏子ちゃんに寝てもらう)

ってホントこの子ら、よくもまあ色々と思いつくもんだと感心するやら呆れるやら…w

それにしても今回の入れ替わりって春子ちゃんにとってはお得だけれど夏子ちゃんにはあまり利点ないですよね…本人も言ってるますけど、ただ眠る為だけに入れ替わっている様なものなので…。

まあでも、入れ替わるのが目的とは言え、夏子ちゃんがこれだけ頻繁に春子ちゃんの家に遊びに行ったりしているのは、ホント仲良くて見ててほっこりします。春子ちゃんのお母さんの気持ちもすごく分かります…特に春子ちゃんはこれまで友達らしい友達もいなかっだろうしなぁ。

あと、最後のオチはなんだか色々と誤解を招きそうだと思いました。いやだってお泊りした後で二人ともぐったりげっそりして…春子ちゃんのセリフ「入れ替わりでやっても」がもう「入れ替わりで百合えっちしても」とかそういう風にしか思えなかったぜ!!(百合脳)


・はやしたてまつり
131ページの虫がやたらリアルwwwカマドウマやめろwww


・異なる次元の管理人さん
以前に話に出ていたポラリスの外壁へ…と言う話。しかし、飛ぶ竜の背中に乗って世界の外へ向かうとか、外壁の前の障壁には何か謎があるはずとか、完全にRPGの世界となってきましたね。

昔ファンタジーもののRPGを夢中でやってた時のドキドキ感、そんなものを味わえて読んでて実に楽しいです。

そして最後に出てきた謎の人たちと思わせぶりなラスト。次元転移装置…それって、スズキ君がいつかやがて発明する、と言うことなのでしょうか…?


・黒髪巫女とマリアウィッチ
儀子→頼子に嫉妬するマリアとか、マリア×儀子に嫉妬するクロエとか、女の子同士の可愛らしいジェラシーが色々見られたので非常に眼福でした。しかしどんな状況でもブレない頼子さん…「全部まとめて愛する道を選ぶ」とかホントさすがだわこの人…w


今月は以上で。

一時期のゲスト乱発&二本立て頼みと言う状況からは脱して雑誌として非常に安定してきたなぁと言う印象がありますね。そして来月には「ぱわーおぶすまいる。」のウロ先生が新連載で登場とのことでこれも楽しみです。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...