2017年6月・静岡ぶらり旅(5)
2017年 07月 18日 (火) 06:33 | 編集
- 二日目(後編)・静岡県内のローカル私鉄乗り比べ -

岳南江尾でのゆったりした時間を過ごし、吉原方面へ戻ることにします。

201706sizuoka74s

それにしても岳南電車の車両、なんだかとても可愛らしいなぁ…と、つくづくそう思います。いわゆる湘南型スタイルの全面二枚窓って、なんだか懐かしさを感じる面立ちで良いですよね。


戻りの列車では吉原までは行かず、まず吉原本町の駅で降りることにします。

201706sizuoka75s

せっかく岳南電車に乗ったのですから、どこか一つくらいは途中駅でも下車してみませんとね。

この吉原本町の駅、構内にちょっとした資料館みたいのがあって、岳南電車の写真などが展示されていました。それにしても駅も小さい。走る電車も単行の小さな電車ならば駅も小さくて、そんなところもいかにもローカル私鉄と言った様相。


この吉原本町、駅を降りてちょっと歩くと商店街があります。

201706sizuoka76s

結構大きな商店街…なのですが、歩いてみるとシャッターが降りている店が多いですね。まあ、地方の商店街はどこもそうだから仕方ありませんね…。

ちなみにこの吉原の商店街に来たのには理由があって、この町の名物グルメであるつけナポリタンをお昼ごはんに食べようと思っていたのですが…あいにくお目当てのお店が休みだったのでただ商店街を歩いただけで終わってしまいましたw


再び岳南電車に乗って…吉原の駅へと戻ってきました。

201706sizuoka77s

せっかくなので駅の外へ出てみるとこんな感じ。これが吉原駅の岳南電車側の入り口です。

ちなみに岳南電車からJRへ乗り継ぐ際は岳南電車の改札で精算してもらうのですが、なんと僕の買ったフリーきっぷだと精算が出来ないらしく、JRの駅で降りる際に精算してくれと言われました…w


JRの普通列車に乗って移動。そして清水の駅へとやって来ました。

201706sizuoka78s

清水駅、初めて降りたのですがかなり大きな駅でビックリしました。あと、観光スポットが結構たくさんあるみたいですね。ただ、今回は観光はスルー。そのままバスに乗ります。

JRの清水駅からバスに乗ってほんの数分。

201706sizuoka79s

静岡鉄道の新清水駅へとやって来ました。今回の旅行、せっかくなら帰りがてら静岡県内のローカル私鉄に乗ろうと言うことで、岳南電車の次に選んだのがこの静岡鉄道です。


切符を買って駅へと入ります。するともう列車が停まっていました。

201706sizuoka80s

静岡鉄道の主力車両、1000形。ただ、静岡鉄道では新車の導入を進めていて、2024年までにこの車両は引退する予定らしいですね。

地方私鉄が他社から譲り受けたとかではなく、オリジナルで保有している車両としてはこういうオールステンレスの車両ってかなり珍しい気がしますね。また、正面が非貫通1枚窓のスタイルと言うのもちょっと独特。


車内へと入ってみます。

201706sizuoka81s

三扉オールロングシートの車内は飾り気がなく、実質本意と言った雰囲気。また、昭和48年から生まれた車両ということもあってそこかしこに年季を感じさせます。

201706sizuoka82s

無塗装ステンレスむき出しの扉。実に飾り気のかけらもありません。

201706sizuoka83s

個人的に一番時代を感じるのが天井周りの、特にラインデリアなどの空調周り。ごっついラインデリアがむき出しになっているとか、実にこの車両が造られた時代らしいなぁと思います。


さて、列車はゆっくりと新清水の駅を出発。列車はずっと街の中を走っていきます。この静岡鉄道、沿線はずっと街中ですしかなりの高頻度運転を行っていますし、更には全線が複線。実態はローカル私鉄と言うよりも都市近郊輸送と言った感じですね。

先程乗ってきた岳南電車とは全く異なるタイプの鉄道です。


全線複線で高頻度運転を行っているだけあって、途中何度も対向列車とすれ違います。

201706sizuoka84s

201706sizuoka85s

新型車両のA3000形ともすれ違いました(上の赤い車両)。


電車は街の中をひた走り、新清水からほんの20分ほどで終点の新静岡に到着しました。駅の数もそれなりに多く、JRとの乗り換え駅などもちらほらあって…その辺りもやはり、都市近郊輸送と言った印象を受けました。

201706sizuoka86s

201706sizuoka87s

1000形車両、横から見てみると東急の一昔前の電車とそっくりですね。前面のマスクは全く似ていないけどサイドビューは東急の車両とうり二つです。

静岡鉄道に乗ったのも初めてなので当然、新静岡駅で降りたのも初めてだったのですが…非常に都会だなぁと言う印象を受けました。もしかするとJRの静岡駅よりも、静岡鉄道の新静岡駅のある辺りが街の中心なのかもしれませんね。


*********************************************************************


新静岡駅から歩いて数分で静岡駅へ移動し、そして新幹線に乗って三河安城へ…こうして、今回の静岡小旅行は終了しました。

元々は沼津の深海水族館目当てでしたけど、他にも色々見て美味しいものも食べて、そして静岡県内のローカル私鉄乗り比べなんかもやったりと、なかなかに密度の濃い旅になったと思います。

ともあれ気がつけばこれで、静岡県内の私鉄で乗ったことがないのは大井川鉄道だけとなりました。鉄道旅が趣味なのによりによって有名な大井川だけ残ってしまったのは自分でも意外ですが…せっかくなのでなるべく近いうちに大井川鉄道も乗りに行きたいなと、そう思います。


(終わり)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...