「まんがタイムきららキャラット'17年8月号」感想。
2017年 07月 05日 (水) 08:07 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょう。


kirara_carat201708s


・表紙
今月の表紙は「NEW GAME!」。いよいよアニメ2期の放映も今月から始まりますし、また当分はこの作品が表紙を飾ることになるのでしょうか。でも「ブレンド・S」のアニメも控えてるしなぁ…。

それはそうと今月の表紙、いかにも夏らしく水着ですね。それは良い…それは良いのだけど、ひふみちゃんのおっぱいが明らかに盛られている気がするんですが…?

いや確かに元々大きかったとは思うけど、ここまでじゃなかった気が…個人的には大きなおっぱいも勿論好きですけど、でもあまり盛ってしまうのはいかがなものかと思います。はい。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・NEW GAME!
表紙に引き続いての巻頭カラー。いやまさかしかし、コウさんのフランス編と言うのにビックリです。てっきり、八神コウのいなくなったイーグルジャンプ、そこで成長する青葉ちゃんと言うのが新章のテーマになるんだと思いこんでたので…。

果たして次号以降もずっとフランス編が続くのでしょうか? それとも日本の話と交互に? なんとも予測がつきません…。


・Aチャンネル
ヒラちゃん本当にフリーダムだなこの子…彼女が出てきた回は、作中にある種の異次元が広がっている様に感じられますw


・おちこぼれフルーツタルト
今度ははゆちゃんのお母さん登場…つーかこの人も大概酷いな!! 娘が可愛いのは分かるけど、可愛がり方のベクトルがおかしいっつーか、娘のぱんつ見てどうするんだよww

この作品、ホント出て来る人がことごとくアレ過ぎる…あまりにも登場人物全員キャラが濃いから、だから読んでるともうお腹いっぱい!!てなっちゃうんだけど、でもこういう作品も一つくらいはあってもいいんじゃないかなと思います。まあ、そんな作品ばかりが誌面を占めてしまったら大変だけど…w


・正義ノ花道
「ぱわーおぶすまいる。」のウロ先生の新作連載。なんかもう第一話からかなり色々と吹っ飛んでいます。変身デバイスの造りとかパワーとか一体どうなってるんだって感じですけど、でも多分この漫画、ツッコんだら負けな気がする…こういうノリと勢いで突っ走るの、嫌いじゃないぜ!!


・まちカドまぞく
シャミ子の悪夢の中で出会えた桜さん、しかしそのコアはかつて弱かったシャミ子の命を支える為に彼女の中に入っているとかまた色々と重要な情報が出てきました。

そして、桜さんはひとまず姿を消してしまうのだけど…今度はシャミ子を悪夢から助ける為に、なんと桃ちゃんが闇落ちしてやって来たとかまさかの展開。

息もつかせぬ怒涛の展開を次々にぶっ込んできてこの漫画凄いなぁとか思っていたら、最後の闇落ち桃のネーミングに爆笑。ダークネスピーチは卑怯過ぎるでしょww


・ひだまりスケッチ
71ページのアール・ヌーヴォガラス工芸品云々のくだり、コマ内の手書き文字見るよりも真っ先にエミール・ガレとかルネ・ラリックが頭に浮かんだので、自分はまだまだ美術館好きクラスタとしても行けるんだなと思いました(?)

でもガレとかラリックとかのガラス美術、良いですよね…。


・はやしたてまつり♪
きららに温泉回、お風呂回と言うのは付き物ですが、しかしドラム缶風呂ってあまり無い気が…個性的と言えば個性的で良いのかもしれませんww

それにしても巌ちゃんはホント恥ずかしがり屋さんで可愛いですね。そんな彼女を悪気無く(と言うかむしろ善意から)余計に恥ずかしがらせてしまっているさなみちゃん…2人は良いカップルコンビだと思います。


・ネコじまにゃんだフル
今回、先生にデレて懐いてくれたクロがもう可愛くて可愛くて…読んでて悶えまくっておりました。

正直この作品、これまであまり気に留めてもいなかったのですが今回のクロの可愛さはやばかったです。完全に撃沈させられました…。さほど好きでもなかった作品が気になる作品へと一気に変わる瞬間、それをハッキリと体感した様な気がします。


・花降り宿のやどかり乙女
ここに来てタイトルにちなんだエピソード来ましたね。修行先の宿で成長していく仲居さんの姿をそのまま、自らの成長に合わせて宿(貝殻)を借りるやどかりの姿に重ねたってことですね。

それにしても今回、お座敷デビューした六花ちゃんがお客さんにご飯を提供するシーンとか、旅好きで旅館とかにもよく泊まる僕にとってはそういう旅の一コマを思い起こさせる感じで、またふらっと旅に出かけたくなるような、そんな気持ちにさせられました。

まあ、六花ちゃんみたいな初々しい仲居さんに出会ったことなんて一度も無いんですけどねww


・すわっぷ⇔すわっぷ
学園祭の出し物で「白雪姫」の劇を…と言う話でした。そう言えば昔、「桜Trick」でも白雪姫の朗読劇をやった話がありましたし、文化祭で白雪姫をやると言うのは百合キス物の定番なのでしょうか? まあ、劇中にキスシーンあるので色々と題材にしやすいのでしょう。

しかし春子ちゃんは意外にも度胸があると言うか肝が座っていると言うか…劇中でセリフを忘れた夏子ちゃんを助ける為にキスでとっさに入れ替わるとか、しかもセリフ飛ぶ度に繰り返すとか、なんかもう色々と凄い。

いや実際、とっさにそういう行動に移ることが出来ると言うのは、判断力と行動力とがずば抜けて高くないと無理だと思うんですよね。春子ちゃん、おとなしそうな顔して実は本当に凄い人かもしれん…。

まあでも結果として今回、かつて無い程にちゅっちゅしまくってた回になっていた様な…いやもうこれ周りにも絶対バレてるでしょ? そうでなくてもそもそも夏子&春子は2人でセットみたいに周りから思われてたみたいですし…。

入れ替わりを知らない人たちからも2人セットに思われてると言うのは、それだけ仲が良さそうに見えていると言うことで。元々は入れ替わりから始まった2人の関係だけど、今となってはもうすっかり、本当に大の仲良しってことなんですよね。


・恋する小惑星
温泉回と言うかお風呂回。112ページの部長さんのくだり読んでて思いましたけど、おっぱい大きい子って打たせ湯とかやると本当にこんな風にばるるるr…てなったりするんですかね? すっごく気になるのでご存知の方教えて下さい。

しかし温泉と言うテーマであっても「化石海水」と言う言葉を出してきたりと、きちんと地学的な要素を結びつけてくる辺りは作品のテーマが一貫していてとても好感が持てますね。


・はるみねーしょん
118ページの、はるみのカレー当番表に吹き出しました。いや「ホソノハウス」って…!!w

しかしこれに反応した人ってキャラット読者の中で一体どれくらいいるんでしょうか。まあそもそも、作中の3人の名前の由来すら知らずに読んでる人も結構いそうだしね…。


・異なる次元の管理人さん
この作品ってスズキ君のハーレム物(でもスズキ君が好男子なので嫌な印象ゼロ)と言うイメージだったのですが、今月の話読んでたら「あれ? ノノ×パルム行けるんじゃね…?」と。よくよく考えてみれば女の子だらけの世界なので百合が成立しないわけがないんですよ!!(力説)


・アニマエール!
今回の話は前半はチアショップ、そして後半は有馬さんの悩みに関する話でした。しかしチアショップなんてあるんですね…初めて知りました。とりあえずチア衣装試着した時のこはね&宇希のカットが大変に可愛らしくて良かったです。

そして後半の有馬さんの悩み。まあ、有馬さんが皆から避けられていると言うのはどう考えても単に話しかけにくい(でも憧れで遠巻きに見てる)だけじゃないと思ったらやっぱりそうだったと言う話。しかし、有馬さんファンの皆さんから共通の敵認識されてしまったこはねちゃんは可哀想ですね…w

それにしても有馬さんの不器用っぷりがなんとも可愛い。笑顔で愛想よくすれば皆話しかけてくれるかもと言う発想自体は合ってるのに、なぜ校内でわざわざチア衣装まで着込んでしまうのか…これじゃ逆に皆引いちゃって当たり前というものですw


・リトル・リトル・アリス
ロリコンさんは浄化されて綺麗になってもやっぱり気持ち悪いですw


・トモダチヅクリ
スイカ割りにエコーロケーションとか芽衣先輩ちょっと本気出しすぎです。と言うか人間ワザじゃないよそれもう…。

しかし最後のページの静&麻乃を思うアカリ&巴の気持ちはとても優しくて、読んでて暖かい読後感を得ることが出来ました。なんだかんだで静&麻乃、その本当の姿が皆にも伝わって、もっとたくさん友達出来るんじゃないかな…と、そう思います。


今月は以上で。

今月は全体的に非常に安定して面白かったなぁと言う印象があります。ただ、また来月はキャラット恒例の(?)二本立て掲載とかあるみたいなのでうーん…と言う感じですが。果たしてこの辺りどうなりますやら。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...