「生詰純米酒(発泡性) おしゅん」。
2009年 08月 13日 (木) 23:09 | 編集
今日は仕事休みで、昼から神保町の古本屋をぶらぶら巡ってみたり。

ニコにあげた「精一杯の微笑み」で、ありがたいコトになにやらリクエストのコメが付いてしまったりしたので、じゃあ何か…と言うことで幸宏さんの昔の楽譜とか探しに行ったんだけれど…。


でも何も見つからなかったよ…orz
すみません耳コピ出来ないダメうp主で。


で、なぜか代わりに幸宏さんの昔の写真集みたいのをゲット。83年のコンサートの時のみたい。やっぱ幸宏さんカッコいいんだよなぁ…はぁ、大好き。


あと、外出したついでに、今月のまんがタイムきららをようやく購入。今月は何やら「けいおん!」のアンソロジー本がオマケで付いてましたよ。いろんな作家さんの、いろんな絵でいろんな「けいおん!」が読めると言うなかなか面白い試みで。

で、「けいおん!」本編は夏フェスに行ったと言うお話。僕自身がつい先週に行ったところだからなんだかすごくリアルタイム感満載で。

ってもまあ、別にマニアックな音楽ネタが飛び出すワケじゃあなしに、唯ちゃんはどっかのバンドのベースの人の髪型が気になって仕方が無いだとか、相変わらずのゆるゆるまったりな感じで、ああいつもの「けいおん!」だなぁ、と。


しかし「まんがタイムきらら」、半ば「けいおん!」目当てで先月・今月と買ってみたんだけれど…あの、普通に楽しんで読んじゃってますけど僕。いや、結構面白い漫画が多いんですが。

つか、萌え四コマ舐めてたわ…。ヘタに凝ったストーリー性の高い漫画よりもむしろ楽しめるよ。ホラ、あれだよ。一見単純そうに見えるものほど実は奥深いってヤツ。音楽だってリズムだけのミニマルテクノとか、単純な様でいて凄いディープだったりするからねぇ。それと一緒。

とりあえず、単行本買ってもイイかなぁ…なんて思い始めてるマンガも2つ程あったりしちゃったりw


まあ、そんな休日でしたけど、夜はやっぱり酒。それも久々…本当に久々?に日本酒であります。ってもまあ、実家帰った時とか日本酒飲んだりはしてるんだけどね。でも一人で飲んでこのブログに書くのは久々だわ。


「生詰純米酒(発泡性) おしゅん」

sake20090813_01

sake20090813_02

山形県は亀の井酒造のお酒。



これね、近所の酒屋で買って来たんだけれど、前々から凄く気になってはいたんだよねぇ。日本酒なのに発泡性のお酒。まあ、それ自体は別に構わないよ? 最近はスパークリングな日本酒も増えてきてるからねぇ。



でも…この「おしゅん」。瓶見れば分かると思うけど…。





赤いんですけど。





日本酒って基本的には無色透明で、ただ熟成を経たお酒だったり、かなり濃い口のものだったりするとうっすら黄みを帯びてたりすることもあるんだけれど、でもこれはそういうレベルじゃない。完全に赤色です。赤ワインみたいw
カベルネに比べりゃ色薄いけど、でもピノノワールなんかよりは濃い色してるよねむしろ。


日本酒飲む時って、いっつも器をどうしようか迷うワケで、まあ普通ならこのテの日本酒ならば爽やかなガラスの酒器か、あるいはいっそシャンパングラスでもいいかな、て思うんだけれど、でもなぜか選んでしまったのはコレ。

sake20090813_00

スパークリングにはもっとも合わなそうな会津塗の杯をチョイスしてしまったw
だって使いたかったんだもん。


杯に注いでみるとね、発泡性と言うだけあってしっかりきちんと泡が浮いてます。香りはそんなに強くは無いんだけれど、ほのか~に甘い香りが漂う感じ。

口に含んでみるとね…ああ、爽やかですコレ!!


なんだろう。あまり強いボディ感とかコクなんかは無くって、味も酸味とかはほとんど感じなくって、ほんのり甘くって。和三盆糖みたいな上品な甘みって言うかね。

味わいそのものが淡く消え入りそうな、そんな繊細でか細い雰囲気。だけど、飲み干すと鼻の奥からちょっと他に例えようの無い独特の香りがふわっと抜けて行く感じがあって…。

これ、原料に黒紫米を使っているらしいんだけれど(独特の赤い色はその為)、この香りはその黒紫米由来のものなのかな?


で、炭酸。そうそう炭酸がね、しっかり効いてるの!! 口に含んだ瞬間、淡い甘さと共にシュワーって弾けて広がっていって…。味わい自体がほのかなことに加えて、この炭酸が効いているから、それが爽やかな清涼感を与えているんだよね。

普通の日本酒とは全然違う雰囲気で…ホントなんだろう、これは。ワインに対するシャンパン、みたいなね。お米で造られたシャンパンって感じ。


でもね。思いっきりキンキンに冷やして(それこそ冷凍庫で凍る寸前位まで)飲むと、この季節には凄く合うんじゃないかなって思います。夏の暑気払いにもってこいな飲み物。





…ただ、度数が16度と結構高いです!!w



爽やかで飲みやすくって、だからスルスルって入ってっちゃうんだけどね。でもその勢いに任せて飲んじゃうとかなりキケンな飲み物だったりもしますw
と言うかもうかなり酔いが回ってキケンです僕www


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...