久々にスペインのヴェルデホなんぞを。
2017年 07月 17日 (月) 21:57 | 編集
では、昨夜飲んだワインの感想日記を。昨夜は久々にスペインの白を開けました。


「FRANCK MASSARD HERBIS VERDEJO 2015」
(フランク・マサール・エルビス・ヴェルデホ)

WINE_20170716_01s

WINE_20170716_02s

地元のショッピングセンターに入っているKALDIで買ったもの。値段は1382円。ラベルにある通り使用品種はヴェルデホですが、ネットで調べたところ他にビウラなんかもブレンドされているっぽい?

何にせよスペインワインは久々。ヴェルデホと言う品種は本当に久々です。


さてまずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。グラスに注ぐと色は綺麗なゴールド。結構黄色みの強い色合いで、そこにほんのりグリーンがかっています。テリのある色合いで、蛍光灯の元でキラキラと輝いて見えます。

香りは穏やか…と思いきや、グラスの中で馴染ませてやるとむわっとフルーツの香りが立ちあがってきます。柑橘系、パイナップルなど様々な果実香が感じられますが、どちらかと言うと黄色い果物の香りが強い印象ですね。


口に含んでみると…味わいしっかり。ジューシィなフルーツ感が実にすごい。それもパイナップルのニュアンスが非常に強いです。飲んだ瞬間「あ、凄ぇパイナップルだこのワイン!!」と思わず叫んでしまった程w

酸は穏やかで優しく、甘みをしっかり感じる程に果実味豊かでとても飲みやすいです。ヴェルデホのワインって以前飲んだ時にはもっとこう、酸の強いイメージがあったけど…このワインは全然そんなこと無いですね。

ボディは軽めで、夏向きな爽やかなワインと言った印象。しかし、軽くて爽やかなんだけど決して薄っぺらではなく、味わいしっかりなところが実に良いです。

飲み進めるとパイナップルの他に、グレープフルーツのほろ苦さやピーチの香りなんかも顔を出してきますね。うん、含み香にかなりしっかりと桃のニュアンスが出てきます。


さて、昨夜の夕食はパエリアだったので、それもあってスペインの白をチョイスしてみたのですが…うん、言うまでも無くバッチリw

ガーリック風味の海鮮やライスとこのワイン、とてもよく合います。まあそりゃ、同じスペイン生まれの者同士、合わないワケがありませんよね。

何にせよ久々のヴェルデホ、とても美味しい白ワインでした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...