高尾山飲んだくれ旅。
2017年 07月 26日 (水) 09:29 | 編集
先週末のことですが、東京在住の友人たちからの誘いで、高尾山まで行ってきました。

高尾山は東京住んでた時に一度は行ってみよう…と思いつつ、結局行かず終いになっていたんですよね。なので初・高尾山、ちょっと楽しみだったりします。


名古屋からはまず新幹線で新横浜へ。そこから横浜線で八王子へと出て、中央線に乗り換え。高尾まで行ってそこから京王線で高尾山口…と言うルートで向かいます。

途中、横浜線が架線故障でダイヤが乱れ、町田駅で足止めを食らったりしながらも、なんとか予定より40分ほど遅れで高尾山口に到着。

20170721takao01s

20170721takao02s

高尾山口までやって来たのも当然、初めてなのであります。


友人たちと合流し、まずは麓で蕎麦を。

20170721takao03s

20170721takao04s

高橋家さんと言う、いかにも趣のある老舗と言った風情のお蕎麦屋さんで頂くざるそば。蕎麦は細めなんだけれどシャッキリとしたコシがあって香りもよく、とても美味しかった。

つゆで食べるのも勿論良いのですが、ほんの少し塩をふってわさびを添えて食べてみると、蕎麦の味がよく分かってこれまた良い感じです。


さて、蕎麦を食べて腹ごしらえした後はいざ、高尾山へ登山…とは行きません。ええ、この暑い中わざわざ歩いて登る気にはなりません。サクッとリフトで登っちゃいますよ…w

20170721takao05s

しかしこのリフトが結構長いんですよね。乗車時間にして10分以上はあります。大体、こういうリフトなんてほんの3分~5分程度で終わるものが多いと思うのですが、ここのリフトは実に乗り応えがありますねw


さあ、高尾山の山頂へとやって参りました。

20170721takao06s

いや、正確にはここは全然、山頂なんかじゃないんですけどね。高尾山の標高が599メートル、リフトの着く場所が462メートルで山頂までは歩いて1時間くらいかかるみたいです。

まあでも、ともかくこれで高尾山を登ったと言うことにしておきますw

眼下には東京の街の風景。山の上から新宿のビル群らしきものが遠くに見えたりするのは、なんとも言えないちょっと不思議な感覚でもあります。


さて、僕らが高尾山までやって来た、本当のお目当てはこちら。

20170721takao07s

ケーブルカーの駅すぐ間近にそびえ立つビアガーデン・ビアマウント!!

山の上にビアガーデンがあるなんて非常に珍しいですよね。

この高尾山ビアマウント、中へ入ると1Fの室内席と2Fのスラブ席とがあるみたいで、僕らはスラブの方へ直行。どうやらそちらの方から席が埋まっていくらしいです。

屋根こそあるものの横は開けっ放しになっているスラブ席は開放感抜群。そして展望が最高!!

20170721takao08s

20170721takao09s

なるほど…この眺めならば確かに、この席から埋まっていくと言うのも納得です。それに日が暮れた後は夜景がすごく綺麗に望めそうですね。

さあ、あとはもうひたすら飲むだけ。暑いのもあってビールガンガンに飲みまくりましたね…w


そして高尾山を下山してからも友人宅の近所で何軒かはしごして、更に翌日も友人たちと昼間っから酒…と、なんかもう高尾山行ったと言うよりはひたすらに東京で飲み歩いていた、そんな二日間となりましたw

普段、旅は一人旅で列車を楽しんで…と言うのが主流の僕ですが、たまには気の合う友人たちとのこんな旅も良いものですね。

ただ、高尾山は機会があればもう一度、今度はきちんと山頂まで行ってみたいなと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...