「うぃずりず」。
2009年 08月 17日 (月) 16:24 | 編集
「まんがタイムきらら」で読んで、コレ結構面白いかも?と思ってAMAZONでコミックス注文してた「うぃずりず」。



withliz



昨日届いて、ずっと読んでいるんだけれど、やべぇ…凄く面白いんですけどコレw


なんか、「萌え四コマ」とかじゃなくって、フツーにギャグとして面白いよ。一巻あたりはまだそこまで爆発的に笑えるネタって少なかったんだけれど、今、二巻を途中まで読んでて、この辺りになると数ページに一回位、ブーッと吹き出してしまってる自分がいるんだが。


主人公のリズちゃんのキャラが立ってて、金髪碧眼のどっからどう見ても外人のおにゃのこなのに日本語ペラペラ、おまけに演歌が好きだったり納豆平気だったりと、あるイミ日本人よりも日本人らしいと言う不思議なコ。

あと、凄く純真でイイ子なんだよねこのコ。鯉のぼりに感情移入し過ぎて泣いちゃったりとか。



で、ギャグの方はと言うと…何気にネタがコアで古い!!(注:ほめ言葉)

「東洋の魔女」とか「ジュリアナ」とか、一体どんな層を対象にしてるんだよ!!w 

て言うか作者さんお幾つですか?

俺みたいなおっさんが読んで「懐かしい」て思っちゃうネタだからなぁ。「きらら」の主要読者層には理解できないよ?



それとね…さりげなくかなり黒い!!w

ところどころにダークなギャグが散りばめてあって、絵が可愛いから気にせずに笑えてしまうんだけれど、でも冷静に考えてみるとかなり酷いコトを言ってたりとか。

とりあえず担任の先生がかなり可哀そうな人だと言うのは分かった!!ww


作者さんのHP観に行ってみたら、昔描いたもののお蔵入りになっちゃったと言う漫画が置いてあったんだけれど、それ読んでみたらもの凄ぇ黒くて軽く引いた…。その「黒い」部分がこの「うぃずりず」にも少ーし出ているのかな、と。



でもこの漫画の一番のツボは「おじいちゃん」かな。

おじいちゃんとリズの仲良し具合が凄くいい雰囲気なんだよね。なんつーか、孫萌えと言うかむしろ孫大好きなおじいちゃんに萌えると言うか。

僕が「きらら」でたまたま読んだ話が、リズがおじいちゃんの誕生日を祝うって言う、泣ける系の結構イイ話で、だからまったりとか萌えとかよりはむしろ、感動系四コマなのかなって思って単行本買ってみたんだけれど、そしたら意外にもマニアックなネタや黒いギャグが多くてビックリwと言うオチだったワケなんだけれど。


でも、単純に「ゆるゆる」とか「萌え」とかじゃない、きちんと「面白い」四コマ漫画として読めると思いますよ?

まあ…表紙だけ見ちゃうと…ホラ、あれだ。「萌え」って言うかむしろ「ロリ」とかそっち系の作品ぽく見えなくもないワケなんですが…w
ブルマはいけないよ…ブルマは。まー僕は好きですけどね。



ま、今日のお休みはちょっとワケあって安静に過ごして無いといけなさそうなんで、午後からもずっと「うぃずりず」片手にベッドでごろごろ過ごすとしますかな。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...