2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(6)
2017年 11月 01日 (水) 19:55 | 編集
- 二日目(後編)・長野の夜ワインはワインとピザで -

さあやって来ました長野駅。

201709shinsyu108s


もうすっかり暗くなってしまいましたし、まずはホテルへと向かいましょう。今宵の宿はコンフォートホテル長野。駅から大通りに沿って歩いて3分ほどのところにあります。

201709shinsyu105s

201709shinsyu106s

簡素なビジネスホテルと言った感じですが清潔で一泊の宿としては必要充分な造り。そう言えばここのホテルの系列の宿、前に山口で泊まったことがあります。

そしてその時の宿も今回の宿もそうですが、ベッドの枕元付近にコンセントがあるのが非常に便利でポイント高いですね。スマホを枕元で充電しつつ眺められると言うのは現代人にとってはもはや必須事項、なのかもしれません。


さて、それでは飲みにと繰り出します。まずは駅の方へぶらりと出かけてみます。せっかく長野まで来たので長野らしいものを…そう思い、蕎麦を食べつつ飲ませてくれる様な店へと行ってみるつもりでした。

実際、そういった感じの店を二軒ほど候補にピックアップしていたのですが、うち一軒は本日はお休み。そしてもう一軒の方へと向かってみると…なんとそちらもこの日は19時で営業終了とのこと。


うーん、困りました…どうしましょうか。今回の旅、本当にトラブルというか、予定通りにいかないことの連続で困りますw

と、この時にふと、泊まったホテルのすぐ横になにやら小洒落たイタリアンバルっぽい店があったのを思い出し、そちらへ行ってみることにします。最初は蕎麦と日本酒のつもりだったのですが、もうこうなったら徹底的な路線変更でワインとイタリアンにしちゃいましょう。


向かったのはこちら。

201709shinsyu107s

LOGICさんと言うお店。ピザの大会で優勝うんぬんと書かれた看板が立っていて、どうやらピザに力を入れているお店っぽいですね。


座席へと案内されて、まずはワインを注文。

201709shinsyu109s

ワインはボトルで頼んでも良かったのですが、見るとイタリアワインを何種類かグラスワインで置いてあったので、そちらを色々と楽しんでみることにします。

まずはピノ・グリージョとシャルドネのブレンド。青リンゴ系統のすっきりと爽やかな果実感があって、いかにもイタリアの白らしい雰囲気。喉がすっと潤されます。


食べ物の方はお通しのブレッド、そしてチーズ盛り合わせを。

201709shinsyu110s

ニンニク風味のブレッドがワインによく合いますね。そしてチーズとワインの相性は言わずもがな。なかでもゴルゴンゾーラのしょっぱさはワインの果実感をぐっと甘く引き出す感じで良いですよね。

あとチーズなんですが、左上の得体の知れないスイスチーズ(名前聞いたのですが忘れました)が非常にクセの強い味わいでちょっとびっくり。これだけクセの強いチーズは久々…。

ただ、これを添えられた蜂蜜に付けて食べるとなかなかに悪くありません。チーズ、それもちょっと塩気が強かったりクセが強かったりするものは蜂蜜とかドライフルーツとか、そんな甘味との相性が良いんですよね。


ワインをシチリアのシャルドネにチェンジ。

201709shinsyu109s

先程のワインと比べて随分と大きめのグラスで出てきました。なるほど…それだけあって確かにしっかりずっしりと、フルボディな質感の白です。トロピカルな果実味と、それに樽っぽさも感じますね。これは非常に好み!!

飲み進めるとより一層、樽のロースト感がくっきりと浮き出てくる感じですね。それにしても旅先でこうして、一人見知らぬ店でワインを傾ける時間と言うのも良いものです…。


さて、このお店はピザが有名とのことなので…せっかくなのでピザを頼んでみましょう。

201709shinsyu112s

ピザも随分と色々な種類のものがありましたが、その中からあえてシンプルな感じのをチョイス。フレッシュルーコラとモッツァレラのみと言うこの超が付くほどのシンプルっぷり!!

しかし、シンプルな故に素材本来の味が引き立つと言いますか…もちもちとした生地が実に食感が良くて美味しい!! 生のルーコラの鮮烈な風味も良いですね。

また、このピザ、どこか燻したような風味がすると思ったら…どうやらチーズに単なるモッツァレラではなく燻製モッツァレラを使っているみたいです。なるほど、シンプルな様でいてとても凝っている。

メニューを見た時には勿論、海鮮などの乗ったピザにも引かれるものはありましたが、でも最終的にこのチョイスにして正解でしたね。こういうシンプルなのが最終的には一番美味いんだよなぁ。


ワインをスーリアビアンコに。これもまたイタリアらしい白でピザにはよく合います。

そして今度は赤ワイン。

201709shinsyu113s

先程飲んだシチリアのシャルドネ、それと同じメーカのカベルネ。物凄く凝縮感のあるカベルネで、干し葡萄の香りむんむん、タンニンもしっかりでボディもどっしり。だけどクセはなく飲みやすいですね。

そして勿論、ピザにもチーズにもとてもよく合います。


最後に、もう一度シチリアのシャルドネを頼んでデザート代わりに…こうしてワインを飲んでいると先程からワインなどサーブして下さってたお店の方がやって来て名刺を頂いてしまいました。

どうやらこちらのお店、チェーンみたいな感じであちこちに展開されているみたいですね。しかしどのみち愛知県には無さそうなので名刺頂いても多分行けないと思うのですが…w

まあでもしかし、わざわざ名刺下さったのは一人でだらだらワインなんぞ飲んでいたから、なのでしょうか。まあそういう飲み方する人間は間違いなくワイン好きだと分かるでしょうし。


こうして一人でワインとイタリアンで…長野の夜は更けていくのであります。

2017年9月・レストラン列車乗り比べの旅(7)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...