コンビニくじで当たったチリの赤。
2017年 10月 25日 (水) 22:06 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記を。

この日記では久々の赤ワインです。と言ってもまあ、赤ワイン自体は普段からよく飲んでるんですけどね…むしろ仕事休みじゃない日、帰宅してから飲むお酒はまず缶ビール、それからコノスルのカベルネ辺りをハーフボトルでとかそんな感じが多いですし。


「PUDU CABERNET SAUVIGNON&SHIRAZ」
(プードゥ・カベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズ)

WINE_20171022_01s

WINE_20171022_02s

チリのワインですね。名前の「プードゥ」とはチリに生息する世界で最も小さな鹿なんだとか。品種はカベルネとシラーズとなっていますが、割合はカベルネ51%にシラーズ49%なんだそう。

さてこのワインなんですが、自分で買ったものではありません。先日ローソンで買い物した時にスピードくじを引いたのですが、なんとそのくじで当たったもの。

ああいうくじで当たるアルコールってせいぜい缶ビールとかチューハイ位だろうと思っていたので、まさかワインのフルボトルが当たるとは思わずに本当にビックリ。

まあくじの景品にある位のワインなので多分相当に安いワインでしょうけど、それでもせっかく当たった以上は楽しませてもらおうと思いますよw


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。栓を抜いてグラスに注ぐと色は深みのあるルージュ。底が見える位の透明感はあるけれど、かなりしっかりと色づいていて、黒っぽい色合いに見えます。

香りは、結構フルーティで甘やかな雰囲気。カシスやベリーなどの黒い果実の香りがふわっと漂ってきます。

飲んでみると…あら、意外にもとても飲みやすいです。勿論、深みがあるとか奥行きがあるとかそういうタイプのワインじゃないけれど、フルーティで素直な果実味が活き活きとしていて好感が持てます。

飲みくち甘やかで、タンニンの渋みもあるのだけど突出して渋みを感じるとかではなく、果実感の中に上手に溶け込んでいてするするっと入ってくる感じ。

くじで当たる位の安ワインだからもっとエグみがあって飲みにくいかと思っていたので、あまりのフルーティな飲みやすさにちょっと拍子抜けしちゃったのが本当のところだったりしますw


このワインはカベルネとシラーズとの混合ですが、正直赤ワインについてはまだまだ経験不足なのでどの辺りがカベルネっぽくてどの辺りがシラーズの個性が出てるのかよく分からないのですが…でも含み香も良いしボディ感もきちんとありますし、なによりフルーティで飲みやすい。

これがくじで当たったのは、まあ結構な儲けものだったなぁと思います。こういうスピードくじの景品ならば大歓迎ですねw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...