國盛のにごり酒。
2017年 11月 28日 (火) 22:22 | 編集
では、先週末に飲んだお酒の感想でも。少し前に半田・中埜酒造さんのお酒を酒日記で書きましたが、その時に母がもう一本、普通の日本酒ではなくにごり酒を買ってきていたのでそれを開けてみました。


「國盛 にごり酒」

sake20171126_01s

sake20171126_02s

こちらのお酒、いわゆる普通酒扱いな為か先日に開けた2本とは異なり使用米の種類とか精米歩合などは特に記載されていないですね。アルコール度数は14度。


さて、酒器に注いでみるとにごり酒なので当然色は真っ白。その白く濁った液体を見ると、中に米の粒子が浮いているのが分かりますね。しかし液性はそんなのドロっとしている感じでも無さそうです。

香りはごく薄め。酸のある香りがわずかに感じられますが、盃に注いだ時点ではほとんど何も香らないと言っても良いくらい。


飲んでみると…思った以上にサラリとした口当たり。わずかに米の粒感を舌の上に感じはするものの、液体自体はドロリとした感じではなくさらっ、スルッと喉に入っていく感じ。

にごり酒と言うとこう、どろっとしてもったりとした重たいものも多いですが、このお酒は全くそんな感じではありません。

味わい自体は普通の日本酒にある辛さと言ったものがほとんど感じられず、甘やかでとても飲みやすいです。ほんのりわずかに、乳酸系飲料みたいな風味を感じますね。

にごり酒と言うとその白く濁った色だとか「にごり」と言う言葉のイメージからクセの強い、飲みにくいお酒と思われている感もありますが、少なくともこのお酒に関しては全くそんなことは無い感じ。

さらりとした舌触りなのでにごり酒が苦手な人もとっつきやすそうですし、味わいも甘やかなのでむしろ普通の日本酒が苦手な人にも受け入れられるかもしれませんね。

また、いわゆる普通酒なんだけれど、アルコール臭さだとか日本酒臭さだとか、そんなものも全く皆無。とにかく飲みやすいです。


個人的にはもっともったりと重いにごり酒が好きだったりもしますが、これもこれでなかなかに良い感じ。いやはや…中埜酒造さんの日本酒、どれも美味しかったです。地元の酒造会社ですし、ここのお酒はもっと色々と試してみても良さそうですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...