「まんがタイムきららキャラット'18年2月号」感想。
2018年 01月 13日 (土) 20:48 | 編集
では、かなり遅くなってしまいましたが…先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょう。


kirara_carat201802s


・表紙
今月の表紙は「ブレンド・S」。新年らしい晴れ着姿の三人娘と言うのが良いですね。まあ、娘の中に一人男の娘が混ざっていますが…w

しかしなぜこの3人のチョイスにしたのでしょうね。メインヒロインの苺香ちゃんは当然としても、残りは順当に行けば夏帆ちゃん&麻冬さんとなりそうなのに、なぜあえての美雨さん&ひでりきゅんにしたのか。

まあ、その捻りがいかにもこの作品らしいと言えばそうかもですが。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ブレンド・S
麻冬さん友人のピンチヒッターさんが登場しましたが、一見非常にまともそうな人だったのですが…なるほど、そういう意味で面倒な人でしたか。

ど真面目で冗談通じない上に思い込み激しいタイプはおとなしくしてれば良いですが一旦暴走するととんでもないことになりそうですね。まあでもスティーレには今までいなかったタイプなのでますます賑やかになって良いのかもしれません(?)


・NEW GAME!
珍しく青葉ちゃんが風邪で会社を欠勤…な話。しかし欠勤の連絡を電話じゃなくメール(LINE?)でサクッと済ませてしまうのってどうなんだろうなぁ…と思ってしまった僕の頭が古いのか、今はもうこういう時代なのか…。

ところでネット上だと青葉ちゃん達の会社がブラックだと散々ネタにされることがありますけど、こうして風邪できちんと休ませてもらえてる辺り全然ブラックじゃないなぁと思いますよ?


・Aチャンネル
ユタカのドレス姿が非常に可愛らしかったですね。普段あんな感じな彼女でもやっぱり根は美少女なんですよね。


・mono
ミラクからの移籍作品、今月より連載スタートですね。ところで作者のあfろ先生ってこれでミラク・マギカ・フォワード・キャラットと4誌に連載経験があることになるわけで、何気にミラク出身作家さんの中でも一番多作な方なのでは…?

今回掲載ページ数は6ページとミラクベースではなくかなり少なめ。まあでもフォワードの「ゆるキャン△」があるしこれは仕方ないでしょう。特にこれからは「ゆるキャン△」アニメスタートでそちらの方で色々忙しくなっていくことでしょうし。


・すわっぷ⇔すわっぷ
夏子ちゃんがクラスメートのあやめちゃんにキスについてのうんぬんを聞かれる話。なんですが…ふと思ったのですがもしやこの世界も桜Trick的な感じで女の子と女の子が付き合うのが当たり前な世界だったりするのでしょうか?

だってあやめちゃんは完全に夏子ちゃんが春子ちゃんと付き合っているものだと思っているわけですし、そもそも夏子ちゃんに質問した理由が「ウチの付き合ってる人、一之瀬さんに少し似てるから」って…もう完全に相手は女の子ってことですよね?

それにしても今回、ちょっと新鮮な回でしたね。あやめちゃんとのやり取りもあって夏子ちゃんは春子ちゃんとのキスの感触を改めて確認しようなんて思ったりもしたんですが、それってつまりいつもの「入れ替わりの為」のキスとは違うキスってことで…。

入れ替わり目的なのではなく、あくまで「キスそのもの」が目的なキスをする夏子×春子がとても新鮮で初々しい回でした。

この作品って毎回毎回キスしまくってる割には(ガチな秋冬を除けば)そんなに百合度は高くないと言うのが個人的な感想でしたけど、今回は完全に全編に渡って百合百合しいムードが漂っていましたね。

キスの為のキス、それをしたことで2人の関係がこれからどう変わっていくのかにも注目したいですね。

…と言いつつ次回からは何事もなかった様に、普通に入れ替わりの為のキスをしている気がしますがw


・はるみねーしょん
はるみ姉妹のユニット名が「ホソノハウス」だったのに爆笑しましたwwこれ、大沖先生絶対に狙ってやってるでしょ。しかも分かる人にしか分からない完全にニッチ過ぎるネタだ。


・アニマエール!
ショルダーストラドル(肩車)をやろうとなった際に上のポジションがこはね、それを支える役が宇希…となった時の宇希ちゃんの反応がもう予想通り過ぎて爆笑でしたwこの子、普段はしっかりしているのにホントこはねちゃん絡みになると駄目な子になると言うか面倒なレズ化すると言うか…。

まあでも、何はともあれ新しいスタンツも成功したみたいですし、ひとまずめでたしと言ったところではないでしょうか。演技をしている時の、71ページの大コマでの皆の笑顔が印象的でした。

ところでこの作品、今月に単行本2巻発売とのことで勿論それも凄く楽しみなんですが、なんと次号のキャラットでは表紙&巻頭カラーだとか!! アニメ「ブレンド・S」内のKRコミックスCMでも取り上げられていたのでプッシュされているのは分かってましたがまさかここまでとは…。

好きな作品なのでとてもとても嬉しいです。次号のキャラットが待ち遠しい(気が早い)


・おちこぼれフルーツタルト
いやホント色々とどこへ向かうのだろうこの漫画…とりあえず最初のページのはゆ&へものムチムチぶり(と言うレベルじゃない)とか、これもう絶対アイドルモノにあってはいけない姿ですよね。とりあえずCGでセクシーになったけど何の根本的解決にもなってないしw

そしてアイドル側が駄目ならプロデューサー側も色々と駄目過ぎる。リリさんところへヒモに転がり込んだホホさんがダメダメなのは言うまでもないけれど、リリさんなんでそれを嬉しそうに受け止めてるんですか…そしてぬあるあの姉妹、人ん家でSMプレイとかやめろ!!

…全く、誰一人としてまともな登場人物がいやしない(今更)


・精霊さまの難儀な日常
ライバルキャラの水の精霊(高飛車ツンデレ系ヘタレとか分かりやすいw)も出てきて面白くなってきたところで3回連続ゲストの最終回。うーん、この作品どう考えても連載化を視野に描かれている様に思えるんですけどね…違うのかなぁ…。


・まちカドまぞく
楽しみにしていたシャミ子とのデート(?)があまり上手く行かなかったから闇落ちしちゃったとか、桃ちゃんちょっと色々な意味でちょろくなり過ぎてやいませんかね…?

どうも最近、シャミ子が少しずつ成長しているのと反比例で桃ちゃんがどんどん駄目な子化している様な気がw


・恋する小惑星
合宿2日目、夜のバーベキューでも天体観察したり、しかもその際に満月に関してクレーターの凹凸についてだとか月の成分についての説明が入る辺り、本当に天文・地質薀蓄漫画としてきちんとしているなぁと、もはや感嘆すら抱くレベルになってきました。

そして合宿最終日、イノちゃんの希望で訪れたのが国土地理院。皆の「夢に対して遠慮しない」姿勢を見て感化されたイノちゃんが行きたいと言い出したんですよね。

地学部と一口に言ってもその中で天文・地質とグループが分かれていて、更に個人個人も皆夢はバラバラ。だけど本当にやりたいことに向かって皆が進んでいく、その姿は見ていて爽やかな青春の一コマを感じさせてとても良いです。


・ネコじまにゃんだフル
なるほどこの島にも健康診断があるんですね。いや、ネコみたいな彼女達なら普通の人間よりもむしろより一層、きちんとした健康診断とか必要なのかもしれませんね。

それにしても注射を打たれる時のクロちゃん、これまでになくすんなりと注射が出来たと言うのはひとえに、寧々子さんに懐いているからなんですよね。ホント最初の頃からは想像も付かない位にすっかりデレデレに懐きましたねこの子…。


・トモダチヅクリ
派手さはないけれどじんわり染みる、良い最終回だったと思います。ある意味この作品らしい最終回でした。

マノ&シズが本当の意味での友達なのは当然として(まあ友達以上にも見えますがw)、彼女らの本当の「トモダチヅクリ」はこれからと言ったところかもしれません。でも学園祭で皆の誤解も解けたことだし、多分その道程はそんなに難しいものではないのでしょう。

GAGAGA先生、連載お疲れ様でした。今月末発売の単行本も楽しみにしています。


・正義ノ花道
轟隊長が欄外の人物紹介で「はっきり言ってやばい人その①」と書かれていたのに爆笑。確かに色々な意味でやばいですねこの人。

しかしこれでますます、ヒーローvs生徒会と言う構図がハッキリしてきましたね。あと、轟隊長の言う天賦と言うのがいわゆる能力的なものなのか、それとも他の何かなのかが気になるところです。


・異なる次元の管理人さん
最後、フェイエルさんの指紋認証(?)で端末室のセキュリティが解除されたのは単なる偶然なのか何なのか…どうも何か、裏事情がある気がしますね。彼女はこの作品のキャラの中では割と重たいものを背負っているキャラでもありますし。


・はやしたてまつり♪
SNSでやばい相手に絡まれた…と思ったら、普通に入会したいだけの良い人でしたね。でも今回はたまたま良い人だから良かったけど、さなみちゃんみたいな返しは完全にアウトですね…どう考えても彼女、SNSに向いてないですw

それはそうと、なかなかに賑やかな子が入ってくれてますます面白いことになりそうですね。お囃子の音の幅が広がりそうなのも良いです。


・NEW GAME!(二本目)
はじめちゃんが皆を巻き込んで企画にあれこれ奮闘して…な話と思わせておいて、実は遠山さんの方が真の主役だったりする話ですね。

皆が自分のやりたいこと、夢を見つけてそれに向かって進んでいく中で一人考える遠山さん。果たして彼女がやりたいこと、やるべきことは何なのか…主要人物皆がそれぞれのやりたいことを探してそれに向かって進んでいく、それが今後のテーマなのかもしれませんね。


相変わらずのNEW GAME!二本立ては正直どうなんだろうなぁ…と言う気がしますが、それ以外は今のキャラットは誌面のレベルが総じて高くて安心して読めるのが良いですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...