山口県の獺祭飲み比べ。
2018年 01月 23日 (火) 08:51 | 編集
さて、二日間続けての日本酒日記です。昨夜は先日の旅行で買ってきたお土産日本酒の残り、獺祭の方を開けました。

獺祭と言えば岩国市・旭酒造さんのお酒ですが、今や山口県を代表する日本酒と言っても良い位に有名なお酒ですよね。この獺祭ですが、色々な種類があります。


今回買ってきたのは…まず、食前酒代わりにちょっと変わり種のこちら。

「獺祭 磨き三割九分 スパークリング」

sake_20180122_02s

sake_20180122_01s

獺祭は獺祭でも、スパークリング日本酒と言うちょっと変わった獺祭です。磨き三割九分、つまり精米歩合39%と言うことなので、かなり磨きをかけたお酒と言うことですね。

原料は米、米こうじ共に国産、アルコール度数は14度。ちなみにお値段の方は、300ミリの小瓶サイズで1550円とかなり良いお値段します…w

さて、まずは抜栓ですが、普通の日本酒と違ってポンッと小気味良い音がして抜けるのがいかにもスパークリングって感じです。

これをせっかくなので盃じゃなく、シャンパンフルートに注いでみます。色はちょっと白く濁っていますね。そして泡立ち豊か。勿論、スパークリングワインの様な泡立ちではないのですが、炭酸分がしっかりと含まれているのが分かります。

香りは日本酒の吟醸香っぽい香りに、それにほんのりヨーグルト系の香りがあります。

飲んでみると…うん、しっかりと日本酒なんですよね。勿論、炭酸分のしゅわーっとした感じがきちんとあるんだけれど、でも味わいはしっかりと日本酒。

スパークリング日本酒って今流行りなのか、結構色々な種類が出ていますけど、でも大抵のものが甘口に造られているんですよね。あまり日本酒に馴染みのない層を意識しているのか、フルーティで甘くて日本酒っぽくない味のものが多い。

だけどこの獺祭のスパークリングは違うんです。しっかりと辛口に造られた、本物の日本酒のスパークリング。こういうスパークリング日本酒を飲みたかったんですよね…!!

含み香も良く、とても美味しいです。これは食前酒にピッタリの一本ですね。


続いて「獺祭 純米大吟醸50」

sake_20180122_03s

sake_20180122_04s

数ある獺祭の中でも、もっともプレーン、基本の一本と言ったところでしょうか。

50とある通り、精米歩合は50%。原材料は米、米こうじ共に国産、アルコール度数は16度。

ちなみにお値段の方は一升瓶で2850円でした。


酒器に注いでみると、色はほぼ無色透明。ごくわずかに黄みがかっている感じでしょうか。

香りはほんのりと吟醸香。口に含むと、ふわっと華やかな香りと味わいが広がります。パイナップル系の果実の香りが感じられますね。

ボディはしっかりとしているんだけれど、飲み口はサラリとして飲みやすいです。

味わい的には、やや辛みが強めでしょうか。昨日の残りの「日下無双」があったので飲み比べてみたところ、確かに獺祭の方が辛く感じられました。

でも、辛口ですっきりしているのだけれど含み香が甘やかで華やかなんですよね。そのバランス感が非常に良いです。なるほど…獺祭は確かに人気が出るのも納得だなぁ、と、そう思わされるお酒ですね。


あとはもう1本、変わり種で獺祭の焼酎なんてものがあったのでこちらも買ってみました。

「獺祭 焼酎」

syochu20180122_01s

syochu20180122_02s

これ、獺祭の酒粕から造られた焼酎なんですよね。なので米焼酎と言うよりは酒粕焼酎と言うべきなんでしょうか…?

アルコール度数は39度と高め。お値段の方ですが、720ミリ瓶で3000円と結構良い値段です。実は今回買ったお酒の中で一番高かったりします…w


さて、これをせっかくなので盃に注いでそのまま、ストレートで一口飲んでみました。

まず、盃に注いだ時点で香りがすごい。吟醸香と言うか、米焼酎の有名な鳥飼みたいな、あんな感じの良い香りがふわっと漂ってきます。

飲んでみると…ああ、なんと言うか非常に贅沢な味の焼酎です。

度数は39度と確かに高いんだけど、でも味はすっきりとしているのでするっと飲めてしまう感じ。そして本当に含み香が良い。メロンやパイナップルなど、様々な果実の香りが漂います。

酒粕で造られた焼酎なんて言うと、まるでお酒を作ったあとの残り滓で造られた、要するに不用品から出来たものみたいなイメージがありますが、とんでもない!!

これは非常に上等、上質な焼酎だと思います。ガバガバと飲んでしまうのではなく、ちびりちびりと一口ずつ味わって飲みたい、そんな焼酎ですね。


今回買った獺祭ですが、3本共本当に美味しかったです。昨日の日記にあげたお酒も含めて、山口県のお酒はホント美味しいものが多くて良いですね。

あと、ちなみに今回お酒を買ったのは徳山駅の近くにある「やまだや」さんと言う酒屋さんだったのですが、日本酒の種類が本当に豊富で良い酒屋でした。今回は買いませんでしたが、ワインもたくさんありました…(目移りしそうでしたw)

徳山でお酒を買うのなら、是非オススメしたい酒屋さんですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...