「まんがタイムきらら'18年3月号」感想。
2018年 02月 21日 (水) 05:55 | 編集
では、ちょっと遅くなりましたが9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201803s


・表紙
今月も表紙はスロウスタート。そして今回は花名&たまの2人、つまり魔法少女ユニット「はなれたまえ」の2人ってことですね(?)

2人お揃いの制服姿ですが、上に羽織ったのがカーディガンとニットでそれぞれ色も違うというところに2人の個性とか趣味とか表れている様に思います。こういう、服装での細かい差異って良いですよね。

あと何気に2人が恋人握りで手をつないでるのがポイント。いつの間に2人はそういう関係になったんだ…まったくもってけしからん(嬉)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・スロウスタート
新キャラの兆野綴さん、意外と面倒な人かもしれませんね。花名ちゃんに頼られたと勘違いして休み時間ごとに会いにやってくるとか、それもう一歩間違えればストーカーとかそういうアレですよ全くもうw

あと、会長の溝端さんのイケメン女子っぷりと、彼女と綴さんとの仲も要注目と言う感じがします。最後のオチのコマとか、これどう見てもデキてますよね…栄衣子ちゃん以外でモテ女子っぽい子が出てきたのは初めてなので色々な意味で注目です。

それと綴さんの登場で花名ちゃんが自身の内面、悩みに再び向き合う様になって、この作品の本来の主題らしい話に戻ってきたのが良いですね。しかし果たして花名ちゃんが皆に秘密を打ち明けられる日は来るのでしょうか…。


・うらら迷路帖
まさかなつみやの最初のお客が佐久隊長部下のあの2人になるとはね…アニメではやたらと、うざいまでに存在感のあったこの2人ですが、原作でメインっぽい話は初なのでは?

それにしても今回の話読んでて思ったんですが、彼女ら2人は単に佐久隊長の熱烈なファンだとばかり思ってましたけど、それ以前に2人でデキちゃってるんじゃないですかね? とか思っちゃう僕は単に百合脳なんですかね?

いやでも駆け落ち家出同然に2人一緒に故郷を飛び出てはるばる迷路町までやってくるとか、その勇気や熱意が凄いのは勿論だけれど2人の親密度が高くなければなかなかに出来ないことでしょう。

と言うわけでこれからは彼女ら2人を今までとはちょっと違った視点で見て楽しめそうですw


・こはる日和。
幼馴染みだからどうこうとか言ってますけど結局これ、本当に好きな子には素直にチョコ渡せないと言うみさきちゃんのフクザツな乙女心ってやつですね。

でも最後はなんだかんだでお互いにチョコ渡せてるし、もうとっとと2人付き合ってしまえばいいと思いました。


・みゃーこせんせぇ
HPが1ですぐに死んじゃう生徒とか、これまた濃ゆい新キャラが出てきたな…しかし真野さん、今回はみゃーこせんせぇがいたから蘇生しても何とも思わないですが、これまでの人生では死ぬ度にどうしてたんですかね?

それともこの世界のお医者さんは皆、みゃーこせんせぇ的に蘇生術的なものを使えちゃったりとかするんですかねw

しかしみゃーこせんせぇの言う「HPが1だったら2に上げられないか」は確かに普通の人が聞いたら何を言ってるんだコイツってなりますけど、ある意味すごく理にかなってますよね。真野さんの場合、そうしてあげるのが一番現状打破には良さそうです。


・がんくつ荘の不夜城さん
ジェーニャちゃん登場で不夜城さん・白仙ちゃん・ジェーニャちゃんの三角関係ドロドロ勃発なるかと思いましたけど、結局ジェーニャちゃんは不夜城さんの寝顔だけ見て帰っちゃうしそうはならなかったですね。

もっとも、白仙ちゃんの方は一瞬の遭遇とは言え彼女がジェーニャちゃんであることに気付いたっぽいですし、なにやら一方的にジェラシー抱きそうな雰囲気ではありますが。

あとジェーニャ×めざめと言う、意外なカップリングの可能性を提供してきたところも見逃せないところ。作者の鴻巣先生は前作から言っても間違いなく百合大好きなお方ですし、これは何がどう転ぶかもう分かりませんね(ワクワク)


・三者三葉
まさかの刑部さん&関口さんが登場で葉子様とプチ迷迭香同窓会(?)と言う話なんですが、こういうのをやれちゃうのっていわゆるスターシステム採用の荒井先生作品ならではだなぁ、と感じます。

しかし思えば、刑部さんも関口さんも登場している作品自体はもう終わってしまったんですよね…まさか自身が出ている作品が終わってから、こうして荒井先生の中でも最も長期連載のこの作品に登場してくるとは…なんとも不思議な感じがしますね。

あと今回の話、他の荒井先生作品を知らない人とか歴の浅いきらら読者だと多分何が何やらサッパリなのでは、と言う気も…w


・グラスのマーメイド
先月の話を読んだ時は正直これはちょっと駄目かもと思ったのですが、今回はかなり持ち直した様に思います。ワインの勉強会で赤ワインのボディについてのネタ。定番と言えば定番ですが、ワインを扱う以上外せないネタだと思います。

とりわけ今回、フルボディの説明にブルゴーニュのピノ・ノワール持ち出した辺りは良かったと思います。ボルドーのカベルネみたく本当に重たいフルボディもあるけれど、でもブルゴーニュのピノみたいに重たさと言うよりは奥行き、複雑味のあるフルボディもあるんですよね。

この作品には今回みたいな感じで、分かりやすくワインの薀蓄をどんどん出していってもらいたいなぁと思います。

別にマニアックなネタじゃなくっていい。ワイン好きな人なら誰でも知っているネタでいいんだけど、それを更に噛み砕いてワインに興味のない読者にも楽しく読める、そんな作品にしてくれることを期待しています。


・甘えたい日はそばにいて
あずきちゃんは楓くんに、ひなげしさんのいなくなったことの真実を告げるのかと思いきや…結局自身の気持ちを自分勝手な告白的にぶちまけてしまったと言う…。

うーん、まあ確かに彼女の性格を考えればこういう結果になるのは当然だったと言う気もしますが、しかし今の楓くんにとってそんなこと言われても困惑するだけですし、事態は何も進歩してないんですよね。

なんかこの作品、話が進むごとに事態が混迷していくばかりで、幸せな解決策が何も見つからない様な気がしてなりません。一体どうなるのか…。


・ぽんこつヒーローアイリーン
実は杏奈ちゃんってフル☆ルズ好きの間では凄い人だったんですね。そしてマリーヌといつの間にやら仲良くなってしまっているのが本当に草w

更に言うとマリーヌがラブリーメロン(緑川さん)を本物のラブリーメロンと思い込んでしまった辺りでもう爆笑が止まりません。

そしてそんな中、一人ディープな百合妄想に浸るツーシャが…ww最初はアイリーンとマリーヌの同僚のちょっと気の弱い子位な感じだったのに、いつの間にやら変人揃いのこの作品の中でもトップクラスにアレな人になっておる…。

しかしツーシャさん、自身をあくまで百合トライアングルの中には置かず、自身はあくまでも傍観者の姿勢を貫き通すその姿は百合好きとしてはとても立派だと思います。百合に混ざりたいとか抜かす、世間の軟弱ななんちゃって百合男子共に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいもんです。


・きらきら☆スタディー
受験シーズンが近づいてきたから一樹センパイがナーバスになってきたのかと思えば、受験が終わったら皆と離れ離れになってしまう…それが不安で怖くて沈んでたんですね。

最初はお化け騒動とか色々あった彼女ですけど今となってはもうすっかり絶対ごうかくラブの一員なんだなぁ…と。しみじみそう思いました。浪人で皆よりも年齢が上な彼女だけれど、でもそんなの関係なくって本当にすっかり、皆の仲間、友達になってたんだなぁ…と。

しかしこの作品、最近のこの掲載位置がとても気になります。このままだと真零ちゃん達の受験まで行かずに、一樹センパイの受験&合格を見送った位で話が終わってしまいそうな気がしてちょっと怖いんですよね。


今月は以上で。

うーん…最近の無印きらら、全体を通して読むと別に満足度低いわけではないのだけど、でもやっぱりどうしてもどこか薄味と言うか物足りなく感じてしまうんですよね。まあ、キャラットが充実し過ぎているからその反動と言うかつい比べてしまって…と言う部分もあるとは思いますが。


Comment
この記事へのコメント
甘そば:この作品はどこに向かっているのでしょう。誰も悪くないのに、全てが悪い方向に向かっている。誰も泣かないエンディングを望みたいのですが。

ぽこリーン:アイカツ?が元ネタとしか思えないゲームで、今回はマリーヌに共感できました。ツーシャは百合厨としては申し分ないのですが、せっかくマリーヌが友達と言ってくれてるんだからそこはもっと仲良くしてあげてもいいと思いますw
2018/ 02/ 21 (水) 06: 29: 21 | URL | みなみ # ii5X1wCA[ 編集 ]
>みなみさん
ホント甘そばは一体どこへ向かってるのでしょうね…川井先生のことだから安易なバッドエンディングにはしないだろう、と思ってはいるのですが…。

ぽこリーン、確かにおっしゃる通りツーシャさんはマリーヌさんともっと仲良くしても良い気はしますね。百合厨であるあまりに遠慮が過ぎる気もしますw
2018/ 02/ 21 (水) 21: 52: 15 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...